テキストを追加して書式を設定する

ハイパーリンクを追加する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の PowerPoint のトレーニングを探す

Web 上の関連情報を示すリンク、簡単に別のスライドに移動できるリンク、メール メッセージを開始するリンクを、プレゼンテーションに追加します。

Web サイトにリンクする

  1. ハイパーリンクとして使うテキスト、図、または画像を選びます。

  2. [挿入] の [ハイパーリンク] を選びます。

  3. [ファイル、Web ページ] を選び、以下を追加します。

    • [表示するテキスト] - ハイパーリンクに表示するテキストを入力します。

    • [ヒント] - ユーザーがハイパーリンクをポイントしたときに表示するテキストを入力します (省略可能)。

    • [現在のフォルダー]、[ブラウズしたページ]、[最近使ったファイル] - リンク先を選びます。

    • [アドレス] - 上で場所をまだ選んでいない場合は、リンク先の Web サイトの URL を切り取って貼り付けるか、入力します。

      注: 自分のコンピューター上のファイルにリンクしている場合、PowerPoint プレゼンテーションを別のコンピューターに移動するときは、リンクされたファイルも移動する必要があります。

  4. [OK] を選択します。

ドキュメント内の場所、新しいドキュメント、またはメール アドレスにリンクする

  1. ハイパーリンクとして使うテキスト、図、または画像を選びます。

  2. [挿入] の [ハイパーリンク] を選び、次のオプションを選びます。

    • [このドキュメント内] - プレゼンテーション内の特定のスライドにリンクします。

    • [新しいドキュメントの作成] - プレゼンテーションから別のプレゼンテーションにリンクします。

    • [電子メール アドレス] - 表示されているメール アドレスをリンクし、ユーザーのメール プログラムを開きます。

  3. [表示するテキスト]、[ヒント]、リンク先の場所を入力します。

  4. [OK] を選択します。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

スライドにハイパーリンクを追加する

PowerPoint はスライド上に 外部サイトをリンクすることができます。

では、実際にハイパーリンクを 設定していきたいと思います。

まず、「挿入」のタブから 「テキストボックス」を挿入します。

ここにテキストを打ち込むのですが、 ここに打ち込んだテキストに ハイパーリンクがリンクされます。

では、Microsoft と打ち込みます。

このテキストを全部選択して、 また「挿入」のタブの、 今度はこの「ハイパーリンク」という アイコンをクリックします。

そうすると、このように 「ハイパーリンクの挿入」というブラウザが カムアップしました。

表示文字列」、これがこの ハイパーリンクがリンクされるテキスト、 文字列になります。

横に「ヒント設定」というのがありますが これは何かというと、 ここをクリックするとこのように、 「ヒントのテキスト」というのが 入力できるようになっています。

これはハイパーリンクのテキストに カーソルをもっていったときに 表示されるテキストになります。

ここで例えば「Office」と打ち込んで、 OK そうすると、このリンクを クリックしようとしたときに 今のヒント設定に打ち込んだ文字が 表示されます。

次に、リンクはファイルやウェブページ、 もしくはドキュメント内のスライド、 そして新規のドキュメント、 後、電子メールアドレスを リンクさせることができます。

まず「ファイル、Web ページ」を 見ていきたいと思います。

この「現在のフォルダー」や「ブラウズしたページ」、 「最近使ったファイル」などから 直接リンク先を設定することもできますし、 もしくは外部のウェブサイトを リンクさせたい場合は ウェブサイトのアドレスをコピーします。

そして、このアドレスの所にペーストします。

これで OK を押すと、 この Microsoft という所が 今ハイパーリンクになりました。

ハイパーリンクを作動させるためには スライドショーにします。

では、スライドショーの画面に 切り替えたいと思います。

今ここにハイパーリンクが 表示されています。

このテキストにカーソルを近づけると、 このように先程ヒント設定で打ち込んだ テキストが表示されます。

では、クリックしてみます。

そうすると、このようにリンクが 立ち上がりました。

では、ハイパーリンクの設定に 戻りたいと思います。

また、ハイパーリンクを設定されている テキストを選択して 「挿入」から「ハイパーリンク」のアイコンを クリックします。

このドキュメント内」でも リンクを設定することができます。

このドキュメント内」をクリックすると、 このように、スライド番号と スライドのタイトルが表示されています。

ここでリンクさせたいスライド番号を 選択します。

では、この5枚目のスライドを リンク設定したいと思います。

これで OK をクリックします。

そうすると、 またスライドショーに切り替えて、 このハイパーリンクをクリックすると、 このように例の 5枚目のスライドにリンクされます。

では次に、新しいドキュメントを リンクしたいと思います。

また、リンクを張るテキストを全部選択して 「ハイパーリンク」をクリックします。

新規作成」、これをクリックして もしリンクするドキュメントに 名前を付けるのであれば ここにそのドキュメントの名前を入力します。

編集するタイミング、 リンクするドキュメントをすぐに作りたい時は ここにチェックを付けてください。

後で作成したいときは この「後で新しドキュメントを編集する」に チェックを付けてください。

これで OK をすると、 このように新しいドキュメントが 立ち上がります。

これでリンクさせたいスライドを 作成していってください。

では、最後に このテキストに電子メールを リンクさせたいと思います。

また、「挿入」のタブから 「ハイパーリンク」をクリックして 「電子メールアドレス」、 ここを選択してください。

そうすると、このような表示になるので リンクさせたい電子メールアドレスを ここに入力します。

後、件名をここにあらかじめ 入力しておくことができます。

スライド上にアドレス一覧などを作るときに、 この電子メールアドレスをリンクさせておくと 非常に便利です。

また、このリンクを設定するこのテキストは この「表示文字列」で 編集することができます。

このように、 PowerPoint と打ちかえると、 OK をクリックします。

そうすると、このリンクを張ったテキストが 変更されました。

ハイパーリンクはテキストだけではなくて、 画像や図形などに設定することもできます。

では、画像にハイパーリンクを 設定してみたいと思います。

画像を挿入しました。

この画像にハイパーリンクを付けたいときは 画像を選択して、 同じように「挿入」のタブから 「ハイパーリンク」をクリックします。

ここでリンクさせたい、例えば外部サイト。

この画像をクリックすると 外部のサイトに リンクさせるという設定にしたい場合は このアドレスにリンクさせたい 外部サイトを入力します。

そして Ok

この状態でスライドショーに切り替えます。

そして今ハイパーリンクを設定したこの画像を クリックすると、 クリックします。

このように、 リンク先の外部サイトが立ち上がりました。

ハイパーリンクを上手に使えば、 プレゼンテーション中に 外部サイトにリンクしたいとか 他のページに飛びたいという時に わざわざプレゼンテーションを中断しなくても スムーズにリンク先に飛ぶことができます。

ここで学習は終わりません。 LinkedIn ラーニングで 専門家によるチュートリアルを もっと見てみましょう。 linkedin.com/learning で 今すぐ無料トライアルを始めましょう。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×