文章を入力して編集する

スペル、文法、明瞭度を確認する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ヒント: ビデオがお使いの言語ではない場合は、[クローズド キャプション [クローズド キャプション] ボタン ] を選択してみてください。

演習

文書で作業を行っている場合、Word ではスペル、文法、明瞭度がチェックされます。

Word は、多くの間違いを自動的に修正し、自動的に修正しない場合は、スペル ミスの単語の下に波線、文法の間違いの下に二重下線、不明瞭な表現の下に点線が表示されます。

注: この機能は、Office 365 サブスクライバーのみが利用できます。

作業中にスペルと文法の間違いを修正する

  1. 波線または二重下線が付いたテキストを右クリックします。

  2. 修正候補の一覧から、正しいスペルを選択します。

文書全体を確認する

  1. [校閲]、[文書のチェック] の順に選択します。

  2. [エディター] ウィンドウには、カテゴリ別に分かれたタスクで文章を向上させることができる [修正] および [絞り込み] が表示されます。

  3. カテゴリを選択して確認すると、Word で見つかった各問題に対する提案が示されます。

    ドロップダウン矢印を選択すると、Word がそのようなアドバイスをした理由が表示されます。

  4. そのままにしたい場合は変更を選択すると、Word は次の問題に移動します。

  5. 文書の問題を処理する他のオプションもあります。

    • 無視:Word は文書でその項目を 1 回スキップします。

    • この問題を確認しない:Word は文書内でその問題のすべてのインスタンスをスキップします。

さらに詳しく

ビデオ: スペルチェックと文章校正を行う

Office でスペル チェックと文章校正を行う

LinkedIn Learning のその他の Word のトレーニングを探す

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×