ビデオ:スパークライン - データの傾向を示す小さなグラフを使う

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Excel のトレーニングを見つける

データに多数の行が含まれていると、データの意味をすぐに把握するのが難しい場合があります。スパークラインと呼ばれる小さなグラフをデータの横に追加すると、データの全体像が示されるため、データのパターンや傾向を見つけやすくなります。

目標

このコースを完了すると、次のことができるようになります。

  • ワークシートのセルにスパークラインを追加します。

  • 使用するスパークラインの種類を決定します。

  • スパークラインのスタイルを変更します。

  • スプレッドシートのセルからスパークラインをクリアします。

このコースのダウンロード

オフライン版 (19.6 MB)

演習

申し訳ございません。演習セッションは利用できません。

クイック リファレンス カード

このコースの重要なポイントについて、印刷可能なクイック リファレンス カードを参照してください。

その他のコースについては、「Microsoft Office トレーニング」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×