グラフを追加して書式を設定する

スパークラインを追加する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

演習

スパークラインは、1 つのセルに配置されるミニ グラフで、データの傾向を視覚的に示します。ワークシートでスパークライン グラフをすばやく追加して書式設定できます。

スパークラインを追加する

  1. データ行の最後にある空白のセルを選択します。

  2. [挿入] を選択し、[] または [] のようなスパークラインの種類を選択します。

  3. 行内のセルを選択し、メニューの [OK] を選択します。

  4. 追加のデータ行がある場合ハンドルをドラッグして行ごとにスパークラインを追加します。

スパークライン グラフの書式を設定する

  1. スパークライン グラフを選択します。

  2. [デザイン] を選択し、オプションを選択します:
    スパークライン ツール

    • グラフの種類を変更するには、[]、[]、または [勝敗] を選択します。

    • スパークライン グラフで個々の値を強調表示するには、[マーカー] をオンにします。

    • スパークラインの [スタイル] を選択します。

    • [スパークラインの色] を選択し、色を選択します。

    • [スパークラインの色]、[太さ] の順に選択し、スパークラインの太さを選択します。

    • マーカーの色を変更するには、[マーカーの色] を選択します。

    • データに正と負の値がある場合は、[] を選択して軸を表示します。

さらに詳しく

LinkedIn Learning で類似するその他のコースについて確認する

スパークラインを使ってデータの傾向を分析する

スパークラインを使用して、データの傾向を表示する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×