スタイルを使用してテキストを書式設定する

スタイルを作成・変更する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Word のトレーニングを探す

Word にはさまざまなスタイルがあり、外観に一貫性のある文書を作成できます。新しいスタイルを作成したり、既存のスタイルを変更したりすることもできます。

スタイルの作成または変更

  1. 必要に応じてテキストを書式設定し、選択します。

  2. [ホーム] タブで [スタイル] グループを展開する矢印を選択し、[スタイル] ウィンドウを開きます。

    • 新しいスタイルを作成するには、[スタイル] ウィンドウの下にある [新しいスタイル] ボタンを選択します。

    • 既存のスタイルを変更するには、変更するスタイルの右にあるドロップボタン矢印を選択し、[選択箇所と一致するように <スタイル> を更新する] を選択します。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

Word でスタイルをカスタマイズする

スタイルを登録する操作から 見ていきましょう。

スタイルを登録するには まず、文書内に書式を設定します。

文書内の任意の文字をドラッグで選択し 文字書式を設定しましょう。

フォント」グループのフォントの 下向き三角をクリックして 「MS ゴシック」をクリックします。

太字ボタンをクリックして、太字にします。

さらに、下線の下向き三角をクリックし 二重下線をクリックして、下線を引きます。

フォントの色ボタンの 下向き三角をクリックして カラーパレットの中から 赤色をクリックしましょう。

今、選択したところには 複数の文字書式が設定されています。

この文字書式の組み合わせを スタイルとして登録していきましょう。

スタイル」ギャラリーを見ると 今のところ、スタイルは「標準」です。

特にスタイルは設定されていません。

では、登録操作を見ていきましょう。

スタイルとして登録したい書式が 設定されているところが 選択されていることを確認し 「スタイル」ギャラリーの 下向き三角をクリックします。

スタイルの作成」をクリックします。

書式から新しいスタイルを作成」の ダイアログボックスが表示されました。

スタイル名は任意の名前を 付けることができます。

今回は「スタイル1」のままでいきましょう。

下にあります「変更」ボタンをクリックして 書式をしっかりと確認していきます。

注目するのは「種類」です。

今回は、一文字ごとに設定できる 文字スタイルとしますので 下向き三角をクリックし、 「文字」をクリックします。

書式」は、先ほど設定した MS ゴシック、太字 フォントの色が 赤であることが確認できます。

また、下にあります「この文書のみ」の オプションが選択されている場合 登録するスタイルは、この文書でのみ 使用することができます。

では、右下にあります OK ボタンをクリックしましょう。

これでスタイルの登録は完了です。

スタイル」ギャラリーに 「スタイル1」が表示されました。

今行ったように、スタイルを登録するには まず、文書内の任意の文字列に書式を設定し その書式を設定したところを選択し 「スタイル」ギャラリーを使って 登録していくと良いでしょう。

また、文書内に書式を設定していない場合には 「スタイル」ギャラリーの 下向き三角をクリックして 「スタイルの作成」をクリックしたら 「変更」ボタンをクリックして 表示されるダイアログボックスの 「書式」グループの 各ボタンを使って書式設定をし スタイルを登録していくことも可能です。

では、続いて、文書内の他の文字列に 今、作成した「スタイル1」を 適用する操作を見ていきましょう。

文書内の任意の文字列を選択します。

ここに「スタイル1」を適用してみます。

スタイル」ギャラリーの 「スタイル1」をクリックします。

これで、複数の文字書式を組み合わせた 「スタイル1」を素早く適用することができました。

文書内であれば、違うページでも 適用することができます。

2ページ目の任意の文字列を選択し 「スタイル1」をクリックします。

このように、素早く書式を 設定することができます。

また、設定したスタイルを解除したい場合には 解除したい範囲をドラッグで選択し 「スタイル」ギャラリーから 「標準」をクリックすれば これで解除することができます。

では、続いて、スタイルに登録されている 書式を変更する操作を見ていきましょう。

現在「スタイル1」は、文字の色は赤色です。

では「スタイル1」の文字の色を 緑に変えてみます。

スタイルを更新する際には そのスタイルが設定されている いずれかの文字列をドラッグで選択し まずは、この選択範囲のみ 文字の色を変更します。

では、フォントの色を緑に変えてみます。

すると、選択した文字だけが 緑色に変わりました。

まだスタイルの更新には至っていません。

その証拠に、「スタイル」ギャラリーの 表示は赤色のままです。

もちろん、文書内の他の個所も 文字の色はまだ赤色です。

では、更新操作を見ていきましょう。

変更したい書式が設定されている所が 選択されていることを確認し 「スタイル」ギャラリーの 「スタイル1」を右クリックします。

一番上の「選択個所と一致するように スタイル1を更新する」をクリックします。

これでスタイルが更新されました。

このように、スタイルに登録されている 書式を変更する場合には まず、文書内のそのスタイルが 設定されている所に書式を設定する、 そして、今行ったように 変更したい書式が設定されている所を選択し スタイル名を右クリックして 更新することができます。

では、文書内の、その他の スタイル1が設定されているところも 緑色に変わっていることを 確認していきましょう。

では、最後に、スタイルを削除する 操作を見ていきましょう。

スタイルが不要になった、あるいは 間違えて作ってしまったという場合は 削除が可能です。

スタイルを削除するには 「スタイル」グループの ダイアログ起動ツールをクリックして スタイルのウィンドウを表示します。

削除したいスタイルにマウスポインタを ポイントし、下向き三角をクリックすると スタイルを削除するための 項目が表示されます。

では、スタイル1を削除しますので 「スタイル1の削除」をクリックします。

すると「スタイル1を文書から削除しますか?」 というメッセージが表示されます。

はい」をクリックすると、 これでスタイルは削除されました。

先ほどまで表示されていた 「スタイル1」という表示は 「スタイル」ギャラリーからなくなります。

ちなみに、このスタイルウィンドウでは スタイルの削除の他に 選択個所と一致するように スタイルを更新したり 「変更」をクリックして スタイルを変更するためのダイアログ ボックスを表示することなども可能です。

ここで学習は終わりません。 LinkedIn ラーニングで 専門家によるチュートリアルを もっと見てみましょう。 linkedin.com/learning で 今すぐ無料トライアルを始めましょう。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×