グラフ

グラフを作成する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

演習

グラフでは、対象ユーザーに最も大きな効果がある方法でデータを可視化できます。グラフを作成し、近似曲線を追加する方法について説明します。

グラフを作成する

  1. グラフのデータを選択します。

  2. [挿入]、[おすすめグラフ] の順に選択します。

  3. [おすすめグラフ] タブでグラフを選択し、グラフをプレビューで表示します。

    注: グラフに表示するデータを選択し、Alt キーを押しながら F1 キーを押すと、グラフをすぐに作成できますが、データに最適なグラフにならない場合があります。希望のグラフが表示されない場合は、[すべてのグラフ] タブを選択してすべてのグラフの種類を表示します。

  4. グラフを選択します。

  5. [OK] を選択します。

近似曲線を追加する

  1. グラフを選択します。

  2. [デザイン]、[グラフ要素を追加] の順に選択します。

  3. [近似曲線​​] を選択し、[線形​​]、[指数]、[線形予測]、[移動平均] など、目的の近似曲線の種類を選択します。

さらに詳しく

Excel 2016 for Windows でグラフを作成する

Windows 版 Office 2016 で利用可能なグラフの種類

グラフに近似曲線や移動平均線を追加する

LinkedIn ラーニングでその他の Excel のトレーニングを見つける

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×