スキップしてメイン コンテンツへ
オートフィルとフラッシュ フィルを使用する

オートフィル

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ワークシートにデータを手動で入力する代わりに、オートフィル機能を使用して、パターンの後に続くデータや、他のセルのデータに基づいてセルを塗りつぶすことができます。

オートフィルを使う

場合によっては、日付などの Excel で多くの反復的な情報を入力する必要があり、本当に面倒になることがあります。ただし、オートフィルを使うことができます。

  1. 連続する日付の最初の日付を入力します。

  2. マウス ポインターをセルの右下隅に合わせて黒のプラス記号にします。

  3. マウスの左ボタンをクリックしたまま、入力するセルの上にプラス記号をドラッグします。オートフィル機能を使用すると、自動的に連続データが入力されます。

さらに詳しく

ワークシートのセルに自動的にデータを入力する

入力した内容に基づいてデータの列を分割する

文字列の大文字、小文字の変換を行う

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×