ファイルをデザインする

オブジェクトを配置する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ヒント: ビデオがお使いの言語ではない場合、[クローズド キャプション] [クローズド キャプション] ボタン を選択してみてください。

複数のオブジェクトを操作する場合は、対象のオブジェクトを配置してファイルをプロフェッショナルな外観にします。

オブジェクトを選択し移動する場合には、オブジェクトが等間隔に配置されていることを容易に確認できるようにガイドが表示されます。また、[配置] オプション、[ガイド]、および [目盛線] を使用して、オブジェクトを配置することもできます。

オブジェクトを配置する

  1. 配置するオブジェクトを選択します。

    Shift キーを押して複数のオブジェクトを選択します。

  2. [形式]、[配置] の順に選択し、配置の方法を選びます。

    • [左揃え]、[中央揃え]、または [右揃え]

    • [上揃え]、[上下中央揃え]、または [下揃え]

    • [左右に整列​] または [上下に整列]

ガイドと目盛線​​を使用する

  1. [表示]、[ガイド] の順に選択して、水平および垂直方向の中心線を表示します。

  2. [表示]、[目盛線] の順に選択して、その他の枠線を表示します。

  3. これらの線を使用して、オブジェクトを配置します。

  4. 完了したら、[目盛線​​] と [ガイド] をクリアして非表示にします。

さらに詳しく

Word、PowerPoint、または Excel で枠線を表示または非表示にする

PowerPoint トレーニング

Word のトレーニング

Excel のトレーニング

Outlook のトレーニング

複数のオブジェクトを操作する場合は、それらを配置することでファイルをプロフェッショナルな外観にすることができます。

オブジェクトを選択して移動する場合には、オブジェクトが等間隔に整列されていることを容易に確認できるようにガイドが表示されます。

また、[配置] オプションして、目的に応じた方法でオブジェクトを配置することもできます。

まず、配置するオブジェクトを選択します。

Shift キーを押して複数のオブジェクトを選択します。

次に、[形式]、[配置] の順に選択し、配置の方法を選びます。

上揃え、上下中央揃え、または下揃えで整列できます。

左揃え、中央揃え、または右揃えで整列することもできます。

3 つ以上のオブジェクトがある場合に、それらを均等に配置するには、まず、対象のオブジェクトを選択し、次に [配置]、[左右に整列] の順に選択します。

また、[ガイド] と [目盛線​​] を使用して、オブジェクトを配置することもできます。

[表示]、[ガイド] の順に選択して、中心線のみを表示します。

その他の線も表示する場合は、[表示]、[目盛線] を選択します。

これらの線を使用してオブジェクトを配置します。

完了したら、[目盛線​​] と [ガイド] をクリアして非表示にします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×