画像、クリップ アート、テキスト、その他のオブジェクトにアニメーション効果を適用する

ユーザー設定のアニメーションを作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

冒険型の場合は、アニメーションを作成できます華やかなプレゼンテーションのさまざまなアニメーション パス。理解することになるは難しくありません。

アニメーションの軌跡効果をカスタマイズする

多くのアニメーションの軌跡効果を使って華やかなプレゼンテーションを作成することもできます。

[アニメーション] タブで、[詳細アニメーション ギャラリーで、[アニメーションの軌跡] で] を次のいずれかの操作します。

  • 直線円弧なり図形またはループ] をクリックします。選択したオブジェクトまたはテキストを点線として選択パスが表示されます。緑色の矢印はパスの先頭を示し、赤の下向き矢印が最後を示します。適切な場所に端点を配置するいずれかの端をドラッグします。

  • [ユーザー設定パス] をクリックします。アニメーションの軌跡を開始する場所をクリックすると、ポインターが十字形として表示されます。

直線の軌跡を描画するには    、アニメーションの軌跡の開始位置をクリックします。ポインターを移動してクリックすると、クリックした 2 つの位置の間に直線が作成されます。さらにポインターを移動してクリックすると、別の直線が描画されます。直線の描画を終了する場合はダブルクリックします。

フリーハンドの軌跡を描くに   アニメーションを開始する位置をクリックします。マウスの左ボタン キーを押しながら、オブジェクトをパス上にポインターを移動します。アニメーションの最後の端点をダブルクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×