Distribute and protect

Inspect files for accessibility issues

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ヒント: ビデオがお使いの言語ではない場合、[クローズド キャプション] [クローズド キャプション] ボタン を選択してみてください。

アクセシビリティ チェック ツールを使用して、Office ドキュメントのアクセシビリティに関する問題を探します。

  1. [ファイル]、[情報] の順に選択します。

  2. [問題のチェック]、[アクセシビリティ チェック] の順に選びます。

  3. [検査結果] で、問題を選びます。

  4. [追加情報] で、[問題の修正方法] を確認し、ドキュメントに必要な変更を加えます。

さらに詳しく

Windows デスクトップ上でアクセシビリティ チェックを使用して、アクセシビリティの問題を見つける

Word のトレーニング

PowerPoint トレーニング

Excel のトレーニング

Outlook のトレーニング

多くのファイルには、視覚障碍または読書障碍のあるユーザーを妨げる隠れた問題が含まれています。

Office アプリには、これらの問題を検出して修正するのに役立つ [アクセシビリティ チェック] が組み込まれています。

ファイルを開いて、[ファイル]、[情報] の順に選びます。

[問題のチェック]、[アクセシビリティ チェック] の順に選びます。

[アクセシビリティ チェック] が開き、検査結果が項目別に表示されます。

パネルから項目を選択すると、Office アプリのファイル内のその項目が選択されます。

[追加情報] セクションでは、選択した項目の問題の理由と修正方法が説明されます。

アクセシビリティの問題は、3 つのカテゴリに分類されます。

最も重大な問題は、[エラー] として表示されます。これは、特定の障碍を持つユーザー、特に画面読み上げプログラムを利用しているユーザーには、読み取ることができないコンテンツです。

次は、[警告] です。重大ではありませんが、それでも障碍を持つユーザーにとっては読みづらいファイルになります。

最後に、[ヒント] は、問題を引き起こす可能性のある問題を検出します。これらを修正すると、ファイルが最適化され、誰にでも読みやすいファイルになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×