メールと予定表の管理

高度なファイル添付

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

OneDrive for Business と新しい添付ファイルと共に Outlook on the Web を使用して、すばやくドキュメントを共有する方法について説明します。

次の手順では、Outlook on the Web を使用して、このタスクを実行する方法について説明します。

新しい添付ファイルを送信するには
  1. Outlook on the Web で、新しいメールを開きます。

  2. ツールバーで添付ファイルのアイコンを選択します。クリップのようなアイコンです。

  3. 添付するファイルに移動して選択し、[Open] を選択します。

  4. [Attach as a OneDrive file] を選択します。

  5. [Send] を選択します。

このプレゼンテーションをチームに送信するため、メールに添付します。

Outlook on the web の受信トレイで、[新規] を選択します。

メール ウィンドウで、送信先を選択して簡単な説明を入力し、[添付] を選択してファイルを含めます。

最新のファイル添付機能を使うと、クラウドにある 1 つのコピーへのリンクを送信してメールの受信者と共有できます。

これで、変更を加えると他のユーザーに変更が表示されるようになります。

また、他のユーザーのコメントを表示、編集できます。

Office 365 で、Outlook を離れる必要はありません。

[添付] を選択し、ファイルに移動します。ファイルを選択して [開く] を選び、[アップロード] を選択して、OneDrive ファイルとして添付します。

ファイル名がメッセージの上部に表示されます。

必要に応じて、添付ファイルのアクセス許可を変更できます。そのためには、ファイル名の横にある [その他のオプション] メニューを選択し、[アクセス許可の変更] を選びます。

[送信] を選択すると、ファイルがクラウドに保存され、すべての受信者がファイルを共有できます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×