ビデオの色を変更する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

PowerPointでは、セピアトーンやグレースケールなどの組み込みの定型カラー効果を適用して、スライド上のビデオの色を変更することができます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
  1. スライドで、色を変更するビデオを選択します。

  2. [書式] タブの [調整] グループで、[] をクリックして、[配色の変更] のオプションを表示します。

    ヒント: [書式] タブが表示されない場合は、[ビデオ] がオンになっていることを確認します。

  3. 次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    • 組み込みの色変更効果のいずれかを選択します。

    • テーマの色、標準の色、またはユーザー設定の色のバリエーションを含む、その他の色を表示するには、[その他の色] をクリックします。色のバリエーションを使用して色変更効果が適用されます。

      ヒント: 色の変更効果の上にマウスポインターを移動すると、その色変更効果を適用した場合のビデオのプレビューが表示されます。

      ビデオの色を変更する
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×