ビデオとして Power Map ツアーをエクスポートする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Power Map ツアーを共有するために、これをビデオ ファイル (*.mp4) として保存できます。 こうすれば、Power Map をサポートしている Excel バージョンを持っていない人とツアーを共有したり、メディア プレーヤーを使って Web で表示したり、Excel を使わずに大きなモニターでビデオ ファイルとして実行したりすることができます。

ビデオに音楽やナレーションを付けたい場合は、サウンドトラック (音声ファイル) を追加して、ツアーをビデオ ファイルとして保存できます。 Power Map には選べる音声ファイルは含まれていないので、自分で作成や検索を行う必要があります。

  1. Power Map で、[ホーム]、[ビデオの作成] の順にクリックします。

ビデオの作成

  1. 対象ユーザーが使用する予定のデバイスに最適なビデオ品質設定を選びます。 利用できる 3 つの設定それぞれに応じた個々のビデオを作成できます。

    • 高解像度ビデオ ディスプレイでは 1080p

    • デスクトップ、ノートブック、タブレットでは 720p

    • モバイル デバイスや小さいタブレットでは 360p

  2. サウンドトラック (音声ファイル) をビデオに付けるには、次の操作を行います。

    1. [サウンドトラック オプション] をクリックします。

      [ビデオの作成] ダイアログ ボックス

    2. [参照] をクリックして音声ファイルを見つけ、[開く] をクリックします。

      [サウンドトラック オプション] ダイアログ ボックス

    3. [ビデオの長さ] と [サウンドトラックの長さ] の横の値を確認し、その長さとビデオの長さを比べてサウンドトラックに合う値を決定します。

    4. オプションで、サウンドトラックのオプション (ループ (再生)、フェード インまたはフェード アウト) を選びます。

    5. [適用] をクリックして、サウンドトラックの設定を保存します。

  3. [作成] をクリックして、ビデオを作成します。

  4. [ムービーの保存] ボックスで、ビデオを保存するフォルダーを参照します。

ツアーの長さによっては、ビデオの保存に数分かかる場合があります。

ビデオが保存されたら、ビデオを開き、.mp4 ファイルをサポートするプレーヤーでツアーを表示できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×