ビジネス データ カタログ機能の概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

組織の人員は Microsoft Office SharePoint Server 2007 のビジネス データ カタログ (BDC) 機能を使用して、基幹業務アプリケーションと呼ばれることもある専門的なビジネス プログラムに格納されたデータを検索、表示、および分析できます。

ここでは、BDC と連携する SharePoint サイトの機能の概要について説明します。BDC の詳細については、[参照] セクションのリンク先を参照してください。

この記事の内容

ビジネス データ カタログ機能を操作するための前提条件

ビジネス データ カタログ機能を使用してサイトにビジネス データを表示するには

ビジネス データを検索します。

ビジネス データ カタログ機能を使用するための必要条件

Office SharePoint Server 2007 のビジネス データを操作する前に、組織内のビジネス アナリスト、管理者、または開発者は次のタスクを実行する必要があります。

  1. ビジネス アナリストは、新しい BDC ソリューションの要件を定義します。これにより、 Office SharePoint Server 2007サイトおよびユーザー設定のアプリケーションから、ユーザーがアクセスする必要がありますエンティティを識別することがあります。

  2. メタデータ作成者は BDC メタデータ モデルを使用することで、XML 内で必要なメタデータを定義およびテストします。

  3. 管理者は BDC にアプリケーション定義を追加することで、XML にメタデータを展開します。通常、管理者は、アクセス許可、監査、および認証の設定も指定します。

注: 組織の規模と構造に応じて、これらのタスクを実行するユーザー ロールは、ここで説明したユーザー ロールとは異なる場合があります。

次の図は、組織が Office SharePoint Server 2007 内のビジネス データの処理に必要なタスクを実行するワークフローの例を示しています。

ビジネス データを操作するために必要となるタスク

ページの先頭へ

ビジネス データ カタログ機能を使用してサイトにビジネス データを表示する

ビジネス データ カタログ機能を操作するための前提条件で説明するタスクが完了したら、組織内のユーザーは、 Office SharePoint Server 2007サイト上のデータの分析を表示および BDC 機能を使用できます。次の表は、各 BDC 機能の一覧し、その使用方法について説明します。

ビジネス データ カタログ機能

説明

ビジネス データ Web パーツ

Office SharePoint Server 2007 には、BDC からエンティティを表示できる複数のビジネス データ Web パーツが含まれています。ビジネス データ Web パーツを使用すると、SharePoint サイトにビジネス データを表示する方法をカスタマイズできます。ある Web パーツで処理を実行したときに、別の Web パーツのコンテンツが変更されるように、Web パーツを接続することもできます。

リスト内のビジネス データ

ビジネス データ列を追加することで、既存の SharePoint リストまたはドキュメント ライブラリにビジネス データを組み込むことができます。ビジネス データ列は、BDC で定義されているエンティティを SharePoint リストまたはライブラリに追加できるフィールドの種類です。

ビジネス データ アクション

SAP、Siebel などのビジネス アプリケーションでプロファイル情報を直接更新できるように、ビジネス アプリケーション アクションをリストまたはライブラリに組み込むことができます。アクションはリンクとして実装されるため、アクションを使用して、電子メール メッセージを送信したり、Web サイトを開くなどの単純なアクションを実行したりできます。

ユーザー プロファイル内のビジネス データ

アプリケーションが BDC に登録されると、既定でビジネス データ プロファイルが作成されます。ビジネス データ プロファイルは、共有サービス管理者が表示するように選択したビジネス アプリケーションのビジネス データの種類ごとに作成されます。ビジネス データ プロファイルを使用すると、BDC に登録されている外部データ ソースからビジネス データを組み込むことで、Office SharePoint Server 2007 内のユーザー情報を拡張できます。

ページの先頭へ

ビジネス データを検索する

Office SharePoint Server 2007 のエンタープライズ検索の一部として、SharePoint サイトから直接、外部ビジネス アプリケーションに格納されたデータを検索できます。Office SharePoint Server 2007 でビジネス データ検索機能を有効にすると、BDC に登録されている特定のデータ エンティティに基づいて、新しい検索結果の種類を作成できます。たとえば、BDC に AdventureWorks SQL Server 2000 サンプル データベースを登録すると、エンタープライズ検索は検索結果内の顧客データを収集して返すことができます。

エンタープライズ検索と AdventureWorks SQL Server 2000 サンプルの詳細については、[参照] セクションのリンク先を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×