ビジネス データを SharePoint サイトに表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

追加し、Microsoft SQL Server、SAP、Siebel などの外部のデータベースからビジネス データを表示するMicrosoft Office SharePoint Server 2007サイト上の Web パーツのビジネス データに接続できます。この記事の手順を参照してください特定のデータ 2 つの AdventureWorks からMicrosoft ダウンロード センターから提供されるサンプル データベース。

注: ビジネス データ Web パーツを使用して SharePoint サイトでビジネス アプリケーション データを表示するには、事前に管理者が外部ビジネス アプリケーションを Office SharePoint Server 2007 に登録する必要があります。

この記事の内容

概要

ビジネス データの概要をリストとして表示する

ビジネス データの 1 つのアイテムに関する詳細を表示する

Web パーツを接続して、ビジネス アプリケーションのアクションを構成する

Web パーツを接続して、関連するビジネス アイテムを表示する

概要

Microsoft Office SharePoint Server 2007 には、既定で 4 つのビジネス データ Web パーツが用意されています。これらの Web パーツは、ビジネス データ カタログ (BDC) に基づいて、Microsoft SQL Server 2005、Siebel、SAP など、Office SharePoint Server 2007 の外部のデータベースに存在するビジネス データを Web ベースのビューとして表示します。

ビジネス データ Web パーツを接続すると、ビジネス アプリケーションに関連するアクションを構成したり実行したりできます。ビジネス データ アクション Web パーツは、Web ページを開く、ビジネス アプリケーションのユーザー インターフェイスを表示する、Microsoft Office InfoPath 2007 フォームを開く、その他のよく使用するタスクを実行するといったアクションを自動化または作成するために使用します。

重要: SharePoint サイトでビジネス アプリケーション データを表示するには、事前に管理者が外部ビジネス アプリケーションを Office SharePoint Server 2007 に登録する必要があります。SharePoint サイトで表示できるビジネス アプリケーション情報の種類は、管理者が Office SharePoint Server 2007 に登録するデータ フィールドによって異なります。

この記事の手順では、 Microsoft ダウンロード センターから任意の角度に使用できる次の 2 つの必要なデータベースから特定のデータを参照します。ビジネス データ Web パーツの操作方法を学習するために使用される 2 つのサンプル データベースは次のとおりです。

  • AdventureWorksDW SQL Server 2005 サンプル

  • AdventureWorks SQL Server 2000 サンプル

必要に応じて管理者に連絡して、これらのデータベースが Office SharePoint Server 2007 システムにインストールされ、登録されていることを確認してください。

ページの先頭へ

ビジネス データの概要をリストとして表示する

ビジネス データ リスト Web パーツを使用すると、外部データベースのビジネス データを単純なリストとして表示できます。たとえば、製品と価格のリストを表示できます。

ビジネス データ リストの Web パーツにビジネス データを表示する

データが表示された後で、ビジネス データ リスト Web パーツの表示プロパティを編集できます。この手順は、SharePoint リストのビューを編集する場合と同じです。また、Web パーツに表示するアイテムをプロパティで絞り込んだり、表示するアイテムの数を制限したりすることもできます。

  1. SharePoint サイトで、ビジネス データのリストを表示するページに移動します。

  2. ボタンの画像 ([サイトの操作] メニュー) で、[ページの編集] をクリックします。

  3. Web パーツを追加する Web パーツの領域で、[Web パーツの追加] をクリックします。

  4. [Web パーツの追加] ダイアログ ボックスで、[ビジネス データ リスト] チェック ボックスをオンにし、[追加] をクリックします。

  5. 作成されたビジネス データ Web パーツから、 [Web パーツ] メニュー (Web パーツ メニュー) をクリックし、[共有 Web パーツの変更] をクリックしてツール ウィンドウを開きます。

  6. ツール ウィンドウで、[種類] ボックスの横の ボタンの画像 (参照) をクリックします。

  7. [ビジネス データの種類] ダイアログ ボックスで、操作するビジネス アプリケーションのビジネス データの種類を選択し、[OK] をクリックします。

    たとえば、[Product] を選択します。この例では、[アプリケーション] は [AdventureWorksDWInstance] です。

  8. ツール ウィンドウで、[外観] セクションを展開します。

  9. [タイトル] ボックスで、Web パーツのタイトルを "ビジネス データ リスト" から任意のタイトルに変更し、[OK] をクリックします。

    たとえば、[タイトル] ボックスに「Product リスト」と入力します。

  10. 追加した Web パーツで、[ビューの編集] をクリックし、次の操作を行います。

    • [取得するアイテム] セクションで、[すべてのアイテムを取得する] をクリックします。

    • [] セクションで、Web パーツに表示する列の名前をクリックします。

  11. [OK] をクリックします。

新しいビジネス データ リスト Web パーツに、ビジネス アプリケーション データベースから製品のリストが表示されます。

ページの先頭へ

ビジネス データの 1 つのアイテムに関する詳細を表示する

ビジネス データ アイテム Web パーツを使用すると、外部データベース内の 1 つのビジネス アイテムに関する詳細を表示できます。たとえば、ビジネス アプリケーション データベースから特定の製品に関する詳細を表示できます。

ビジネス データ アイテム リストの Web パーツにデータを表示する

  1. SharePoint サイトで、特定のビジネス アイテムに関する詳細を表示するページに移動します。

  2. ボタンの画像 ([サイトの操作] メニュー) で、[ページの編集] をクリックします。

  3. Web パーツを追加する Web パーツの領域で、[Web パーツの追加] をクリックします。

  4. [Web パーツの追加] ダイアログ ボックスで、[ビジネス データ アイテム] チェック ボックスをオンにし、[追加] をクリックします。

  5. 作成されたビジネス データ Web パーツから、 [Web パーツ] メニュー (Web パーツ メニュー) をクリックし、[共有 Web パーツの変更] をクリックしてツール ウィンドウを開きます。

  6. ツール ウィンドウで、[種類] ボックスの横の ボタンの画像 (参照) をクリックします。

  7. [ビジネス データの種類] ダイアログ ボックスで、操作するビジネス アプリケーションのビジネス データの種類を選択し、[OK] をクリックします。

    たとえば、[ビジネス データの種類] で [Product] を選択します。この例では、[アプリケーション] は [AdventureWorksDWInstance] です。

  8. [アイテム] ボックスの横にある ボタンの画像 (参照) をクリックして、表示する製品を選択します。

  9. 表示されるダイアログ ボックスの最初のドロップダウン リストに、BDC でこのエンティティに対して定義されているフィルターが表示されます。[名前] フィルターをクリックします。このフィルターの横のフィールドに、「Bike」など、検索する製品の分類を入力します。 ボタンの画像 (検索) をクリックして、入力した分類に該当する製品名を検索します。

  10. 表示される製品のリストから 1 つのアイテムを選択し、[OK] をクリックします。選択したアイテムの ID が、ツール ウィンドウの [アイテム] ボックスに表示されます。

  11. [フィールド] で、[選択] をクリックします。

  12. [フィールドの選択] ダイアログ ボックスで、表示するアイテム情報を選択し、[OK] をクリックします。

  13. ツール ウィンドウで、[外観] セクションを展開します。

  14. [タイトル] ボックスで、Web パーツのタイトルを "ビジネス データ アイテム" から任意のタイトルに変更し、[OK] をクリックします。

    たとえば、[タイトル] ボックスに「Featured Product」と入力します。

新しいビジネス データ アイテム Web パーツに、ビジネス アプリケーション データベースから製品の詳細が表示されます。

ページの先頭へ

Web パーツを接続して、ビジネス アプリケーションのアクションを構成する

SharePoint サイトでビジネス データ アクション Web パーツを使用すると、製品のプロファイルにアクションを追加して、Office SharePoint Server 2007 の使用中にそのアイテムを MSN で検索することができます。ビジネス データ アクション Web パーツでは、アクションの一覧がリンクまたはツールバーとして表示され、BDC 内のビジネス アイテムに関連付けられます。

ビジネス データ アクション Web パーツ

手順 1:ビジネス データ アクション Web パーツを追加して接続する

この手順では、ビジネス データ アクション Web パーツにアクションを追加し、Web パーツをリスト内のビジネス データの要約を表示それ以前のバージョンで作成した製品のリスト Web パーツに接続します。

重要: 作業を開始する前に、管理者が AdventureWorksDW SQL Server 2005 サンプル データベースをダウンロードし、BDC に登録する必要があります。また、管理者は "Search on MSN" ビジネス データ アクションを定義し、Office SharePoint Server 2007 に追加する必要があります。AdventureWorksDW SQL Server 2005 サンプル データベースの詳細については、[参照] セクションのリンク先を参照してください。

注: SharePoint サイトで Web パーツを変更するには、フル コントロールまたはデザインの権限レベルが必要です。権限レベルと権限の詳細については、[参照] セクションのリンク先を参照してください。

  1. SharePoint サイトで、"Product リスト" Web パーツを作成したページに移動します。

  2. ボタンの画像 ([サイトの操作] メニュー) で、[ページの編集] をクリックします。

  3. Web パーツを追加する Web パーツの領域で、[Web パーツの追加] をクリックします。

  4. [Web パーツの追加] ダイアログ ボックスで、[ビジネス データ アクション] チェック ボックスをオンにし、[追加] をクリックします。

  5. 作成されたビジネス データ Web パーツから、 [Web パーツ] メニュー (Web パーツ メニュー) をクリックし、[共有 Web パーツの変更] をクリックしてツール ウィンドウを開きます。

  6. ツール ウィンドウで、[種類] ボックスの横の ボタンの画像 (参照) をクリックします。

  7. [ビジネス データの種類] ダイアログ ボックスで、操作するビジネス アプリケーションのビジネス データの種類を選択し、[OK] をクリックします。

    たとえば、[ビジネス データの種類] で [Product] を選択します。この例では、[アプリケーション] は [AdventureWorksDWInstance] です。

  8. [アクション] で、[選択] をクリックします。

  9. [アクションの選択] ダイアログ ボックスで、"Search on MSN" アクションの [表示] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

    注: 既定では、[プロファイルの表示] チェック ボックスがオンになります。BDC で定義されている各エンティティ (ビジネス アイテム) に対して、自動的に "プロファイルの表示" アクションが作成されます。このアクションを使用すると、エンティティの詳細を表示できます。アクションはエンティティに関連付けられるため、エンティティが SharePoint サイトに表示されると、常にアクションも表示されます。

  10. ツール ウィンドウで、必要に応じて Web パーツの [外観]、[レイアウト]、および [詳細設定] の各セクションを構成し、[OK] をクリックしてツール ウィンドウを閉じます。

  11. 作成されたビジネス データ アクション Web パーツで、 [Web パーツ] メニュー (Web パーツ メニュー) をクリックし、[接続] をポイントします。次に、[Get Item From] をポイントし、[Product リスト] をクリックします。

注: Product のアクション Web パーツにメッセージが表示されて、Product のアクション Web パーツから "Product リスト" Web パーツへの接続に競合が発生していることが通知される場合は、両方の Web パーツで AdventureWorksDWInstance サンプル データベースが使用されているかどうかを確認してください。

手順 2:Web パーツの接続と構成が正しいことを確認する

  1. "Product リスト" Web パーツにデータが表示されない場合は、 データの取得 (データの取得) をクリックします。

  2. リストからアイテムを選択するには、プロダクト キーの横にあるオプション ボタンをクリックします。

  3. サイトの Product のアクションのセクションで、[Search on MSN] をクリックします。新しいウィンドウが開き、選択したアイテムの検索結果が表示されます。

ページの先頭へ

Web パーツを接続して、関連するビジネス アイテムを表示する

ビジネス データ関連リスト Web パーツをビジネス データ リスト Web パーツと組み合わせて使用すると、ビジネス アプリケーションから 2 つの関連するビジネス アイテムのリストを作成して表示できます。たとえば、2 つの Web パーツを接続して、特定の顧客に関するすべての注文を表示できます。

選んだ顧客の注文は、関連リスト Web パーツに表示される

1. ビジネス データ リスト Web パーツ

2. ビジネス データ関連リスト Web パーツ

重要: 次の手順では、AdventureWorks SQL Server 2000 サンプル データベースの架空のデータを使用します。作業の前に、このデータベースをダウンロードし、BDC に登録する必要があります。AdventureWorks SQL Server 2000 サンプル データベースの詳細については、「参照」セクションのリンク先を参照してください。

手順 1:概要リストを表示する Web パーツを作成する

外部データベースから関連データを表示するための最初の手順は、顧客の概要リストを表示するビジネス データ リスト Web パーツを作成することです。

  1. SharePoint サイトで、データベース内の特定の顧客に関する注文を表示するページに移動します。

  2. ボタンの画像 ([サイトの操作] メニュー) で、[ページの編集] をクリックします。

  3. Web パーツを追加する Web パーツの領域で、[Web パーツの追加] をクリックします。

  4. [Web パーツの追加] ダイアログ ボックスで、[ビジネス データ リスト] チェック ボックスをオンにし、[追加] をクリックします。

  5. 作成されたビジネス データ Web パーツから、 [Web パーツ] メニュー (Web パーツ メニュー) をクリックし、[共有 Web パーツの変更] をクリックしてツール ウィンドウを開きます。

  6. ツール ウィンドウで、[種類] ボックスの横の ボタンの画像 (参照) をクリックします。

  7. [ビジネス データの種類] ダイアログ ボックスで、操作するビジネス アプリケーションのビジネス データの種類を選択し、[OK] をクリックします。

    たとえば、[ビジネス データの種類] で [Customer] を選択します。この例では、[アプリケーション] は [AdventureWorksDWInstance] です。

  8. ツール ウィンドウで、[外観] セクションを展開します。

  9. [タイトル] ボックスで、タイトルを "ビジネス データ リスト" から「AdventureWorks の顧客」に変更し、[OK] をクリックします。

手順 2:関連アイテムを表示する Web パーツを作成して接続する

AdventureWorks SQL Server 2000 サンプル データベースから顧客を表示するビジネス データ リスト Web パーツを作成したら、このリストに接続するビジネス データ関連リスト Web パーツを作成できます。これにより、顧客リストから特定の顧客を選択し、その顧客に関する販売注文のリストをビジネス データ関連リスト Web パーツに表示できます。

  1. ビジネス データ リスト Web パーツを作成したページで [Web パーツの追加] をクリックして、ページに新しい Web パーツを作成します。

  2. [Web パーツの追加] ダイアログ ボックスで、[ビジネス データ関連リスト] チェック ボックスをオンにし、[追加] をクリックします。

  3. 作成されたビジネス データ Web パーツから、 [Web パーツ] メニュー (Web パーツ メニュー) をクリックし、[共有 Web パーツの変更] をクリックしてツール ウィンドウを開きます。

  4. ツール ウィンドウで、[種類] ボックスの横の ボタンの画像 (参照) をクリックします。

  5. [ビジネス データの種類] ダイアログ ボックスで、操作するビジネス アプリケーションのビジネス データの種類を選択し、[OK] をクリックします。

    たとえば、[ビジネス データの種類] で [SalesOrder] を選択します。この例では、[アプリケーション] は [AdventureWorksDWInstance] です。

  6. [リレーションシップ] ドロップダウン リストで、[CustomerToSalesOrder] をクリックします。

  7. ツール ウィンドウで、[外観] セクションを展開します。

  8. [タイトル] ボックスで、タイトルを "ビジネス データ関連リスト" から「顧客からの発注」に変更し、[OK] をクリックします。

  9. 作成された Web パーツで、 [Web パーツ] メニュー (Web パーツ メニュー) をクリックし、[接続] をポイントします。次に、[Get Related Item From] をポイントし、[AdventureWorks の顧客] をクリックします。

手順 3:Web パーツの接続と構成が正しいことを確認する

  1. リスト Web パーツと関連リスト Web パーツを作成したページで、"AdventureWorks の顧客" 関連リスト Web パーツにデータが表示されない場合は、 データの取得 (データの取得) をクリックします。

  2. リストから顧客を選択するには、顧客名の横にあるオプション ボタンをクリックします。選択した顧客に関連するすべての販売注文が "顧客からの発注" Web パーツに表示されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×