ビジネス インテリジェンスの機能の概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office SharePoint Server 2007 に組み込まれた複数の新機能により、ビジネス情報を共有し、制御し、再利用することができます。この記事では、これらの新機能、および各機能がどのように関連しているかを説明し、また詳細情報を得るためのリソースも示します。

この記事の内容

ビジネス インテリジェンス機能の概要

レポート センター

Excel Services

外部データ ソースへの接続

主要業績評価指標 (Kpi)

フィルター Web パーツ

ダッシュ ボード

ビジネス インテリジェンス機能の概要

従来、大量の非構造化データにアクセスして分析を行うためのツールは、データウェアハウスやデータ マイニングでの経験が豊富な人々だけが利用できるものでした。さまざまなソースのデータを使用して Web への発行を実行できるのは、これまでは開発者やコンサルタントに限られていました。Office SharePoint Server 2007 が提供する新しい機能により、インフォメーション ワーカーは、さまざまなソースからデータを収集し、そのデータを Web 上で公開できます。

Office SharePoint Server 2007 は、SAP、Siebel、Microsoft SQL Server 2005 などのビジネス アプリケーションにリンクできるため、レポート、リスト、および主要業績評価指標 (KPI) を簡単に公開できます。

これらのいずれかのシステム内のデータからレポートを公開すると、戦略的ですぐに活用できるデータを上級管理職に提示できます。レポートの例として、Microsoft Office Excel のブック、SQL Server Reporting Services のレポート、Microsoft Office Access のレポートなどがあります。経営陣や部門長は、さまざまな情報を考慮した上で意思決定するために、タイムリーで正確なレポートを必要としています。

新しい Office SharePoint Server 2007 ビジネス インテリジェンス機能の中心となるのは、"レポート センター" です。レポート センターは、グループ (単一チームなどの小さいグループから組織全体のような大きなグループまで) に共通のレポートを 1 か所に格納するためのサイトです。

ページの先頭へ

レポート センター

"レポート センター" サイトは、ビジネス インテリジェンス関連の情報の集中管理場所を提供します。そこには、レポート、リスト、および外部データ ソースへの接続を格納するための特別なドキュメント ライブラリがあります。また、ページ テンプレートや Web パーツも提供され、ビジネス情報を含むページやリストの作成に役立てることができます。レポート センター内で、ユーザーはカテゴリを使用してアイテムを検索したり、レポートの今後の発行予定を表示したり、関連するレポートを購読したりできます。

既定では、1 つのレポート センター サイトが最上位のポータル サイトの下に作成されます。また、適切な権限があれば、チーム、部門、または組織のサイト内にレポート センター サイトを作成できます。

この記事で説明しているすべての機能が、レポート センター サイトで利用できます。また、それぞれの機能は、Office SharePoint Server 2007 内のあらゆるサイトやページでアクセスし、利用することができます。これにより、使用している Office SharePoint Server 2007 環境でビジネス インテリジェンス機能をどのように利用するかを決定できます。

ページの先頭へ

Excel Services

Excel Services により、Excel ブックをサーバー上に格納し、そのブックのいずれの部分でも Web ページに公開することができます。ユーザーにとって必要となるのは、このライブ データの表示や操作を行うためのブラウザだけです。ブックは、Excel Web Access (EWA) Web パーツを使用して Web ページ上に公開されます。

ブックを Web パーツに発行する利点の 1 つは、すべての計算がサーバー上で行われることです。その結果、ブックのビジネス ロジックを公開せずに済みます。もう 1 つの利点は、存在するブックのコピーが 1 つのみとなり、セキュリティで保護された集中管理場所に格納されることです。

Web ページから、ユーザーに "参照のみ" の権限を与えて、ブックへのアクセスを制限できます。たとえば、ユーザーが Excel を使用してブックを開けないようにしたり、ユーザーが何を参照できるかを制御したりできます。

ブックをインタラクティブ モードで公開するのではなく、ブックのスナップショットを作成することもできます。

ページの先頭へ

外部データ ソースへの接続

外部データ ソースを Excel ブックで使用できることに加えて、SAP、Siebel などの他のビジネス アプリケーションのデータや、SharePoint のリスト、ページ、および Web パーツのデータを使用できます。

一般に、管理者がシステム接続を作成し、それらの接続をレポート センターの "データ接続ライブラリ" に格納します。これにより、権限を持つユーザーが接続の中央管理場所に簡単にアクセスし、再利用できます。ただし、データ接続は Office SharePoint Server 2007 システムのどの場所にも作成して格納できます。

外部データ ソースへの接続を使用することで、SharePoint ページから離れることなく外部ソースのデータにアクセスできる Web ページや SharePoint リストを作成できます。

ページの先頭へ

主要業績評価指標 (KPI)

主要業績評価指標 (KPI) は、目標の達成度を視覚的に伝えるものです。KPI は、測定可能な目標に対する進捗状況をチーム、マネージャ、および企業がすばやく評価するために非常に有用です。SharePoint KPI を使用することで、次の質問への回答を簡単に視覚化できます。

  • どの目標を達成していてどの目標を達成していないのか

  • どの程度進んでいるか、または遅れているか。

  • 最低限完了したことは何か。

ビジネスの各分野では、達成しようとしている目標により、異なる種類の KPI を把握するように選択することがあります。たとえば、コール センターでは顧客の満足度を向上させるために、特定の内容の電話に関してより短時間に答えを伝えるという目標を設定し、営業部は KPI を使って 1 か月あたりの新規注文の電話件数などの業績目標を設定することが考えられます。

KPI は KPI リストを使用して作成され、特別な KPI Web パーツを使用して表示されます。KPI リストをレポート センターや Office SharePoint Server 2007 の他のサイトに格納することができ、アクセス権限を持つユーザーであればだれでも再利用できます。

ページの先頭へ

フィルタ Web パーツ

フィルタにより、表示したい一部のデータだけを表示することができます。たとえば、データ セットに国内または地域全体のさまざまな製品の 5 年間の記録が含まれているとします。フィルタを使用することで、ある販売地域だけ、1 つの製品だけ、または当年度だけを表示することができます。

Office SharePoint Server 2007 は、10 種類のフィルタ Web パーツを備えており、これにより、1 つまたは複数の値を入力するか選択して、ページ上の 1 つ以上の Web パーツのコンテンツを変更し、必要な情報だけを表示できます。

たとえば、"現在のユーザーによるフィルタ" Web パーツは、コンピュータにログオンしているユーザーを基に情報を自動的にフィルタします。これは、現在そのユーザーに割り当てられている顧客アカウントやタスクなどの情報だけを表示したい場合に有用です。

フィルタのもう 1 つの使用方法は、Excel Web Access Web パーツのブックを表示し、そのブックをフィルタにリンクすることで、情報を表示する製品をユーザーが選択できるようにすることです。さらに、このフィルタ Web パーツを、ページ上の複数の Web パーツにリンクすることもできます。その結果、フィルタ Web パーツで異なる製品が選択された場合に、そのページ上の他のすべての Web パーツが現在選択されている製品を反映するように更新されます。

ページの先頭へ

ダッシュボード

ダッシュボードは、ステータスを伝え、アクションを起こすために使用されるツールです。Office SharePoint Server 2007 ダッシュボードは Web ページ テンプレートであり、これにより、レポート、グラフ、メトリックス、および主要業績評価指標などの多様なソースの情報をまとめて表示できます。

さまざまな Web パーツを使用して独自のダッシュボード ページを作成したり、自分のサイトに既に存在するページに Web パーツを追加したりできます。ただし、新しいページ上にダッシュボードを作成する場合は、テンプレートを使用して開始する方が迅速に作成できます。これは開始点に過ぎません。作成した後に、アイテムの追加や削除を行い、ページの外観を変更できます。

次の Web パーツが、ダッシュボード ページ テンプレートに含まれています。

Web パーツ

提供される機能

Excel Web Access

Excel のブック、ワークシート、またはワークシート範囲を追加します。

KPI リスト

KPI リストを表示します (オプション)。

フィルタの適用 (ボタン)

[フィルタの適用] ボタンを表示します。

関連情報

他のページ アイテムへのリンクがあります。

まとめ

計画およびステータスに関する情報を示します。

連絡先の詳細

ページについて問い合わせる人物の名前を一覧表示します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×