ヒストグラムを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ヒストグラムまたはパレート図 (並べ替えられたヒストグラム) は頻度のデータを表示する縦棒グラフです。典型的な例を紹介します。

サンプルのヒストグラム

Excel でヒストグラムを作成するには、2 種類のデータを指定します。1 つは分析するデータで、もう 1 つは頻度を測定する間隔を表すビン番号です。

ヒストグラムを作成する

  1. データを選択します。

    (ここに表示されるのは、上記のヒストグラムの例の作成に使用したデータです)。

    上のサンプルのヒストグラムを作成するために使用されたデータ
  2. [挿入]、[統計グラフの挿入]、[ヒストグラム] の順にクリックします。

    [統計グラフの挿入] ボタンからアクセスしたヒストグラム コマンド

    [おすすめグラフ] の [すべてのグラフ] タブを使用して、ヒストグラムを作成することもできます。

ヒント: 

  • グラフの外観をカスタマイズするには、[デザイン] タブと [書式] タブを使用します。

  • これらのタブが表示されない場合は、ヒストグラムの好きな場所をクリックして、[グラフ ツール] をリボンに追加します。

[グラフ ツール] の [デザイン] タブと [書式設定] タブ

ヒストグラムのビンを構成する

  1. グラフの水平軸を右クリックして、[軸の書式設定]、[軸のオプション] の順にクリックします。

    ショートカット メニューの [軸の書式設定] コマンド
  2. 以下の表の情報を使って、[軸の書式設定] 作業ウィンドウで設定するオプションを選びます。

    オプション

    説明

    カテゴリ別

    カテゴリ (横軸) がテキストベースで、数値でない場合に、このオプションを選びます。 ヒストグラムによって同じカテゴリがグループ化され、数値軸の値が合計されます。

    ヒント: テキスト文字列の数を数えるには、列を追加して、「1」の値を入力し、ヒストグラムをプロットして、ビンを [項目別] に設定します。

    自動

    これは、ヒストグラムの既定の設定です。 ビンの幅は、スコットの正規化基準ルールを使用して計算されます。

    ビンの幅

    各範囲のデータ ポイントの数に正の 10 進数を入力します。

    ビンの数

    ヒストグラムのビンの数を入力します (ビンのオーバーフローとアンダーフローを含む)。

    ビンのオーバーフロー

    右側のボックスの値を上回るすべての値にビンを作成する場合にオンにします。 値を変更するには、別の 10 進数をボックスに入力します。

    ビンのアンダーフロー

    右側のボックスの値以下のすべての値にビンを作成する場合にオンにします。 値を変更するには、別の 10 進数をボックスに入力します。

    [軸の書式設定] 作業ウィンドウ

ヒント: ヒストグラム図と、統計データの視覚化の方法については、Excel チームによるヒストグラム図、パレート図、箱ひげ図に関するブログ投稿を参照してください。また、このブログ投稿で説明されているその他の新しいグラフの種類も参照してください。

Excel 2016 でヒストグラムの作成に使う数式

[自動] オプション (スコットの正規化基準ルール)   

自動化の数式オプション

スコットの正規化基準ルール (Scott’s normal reference rule) では、データ セットと比較した場合のヒストグラムの分散の偏りを最小化します。通常は分散データを想定しています。

[ビンのオーバーフロー] オプション   

オーバーフロー ビンの数式オプション

[ビンのアンダーフロー] オプション   

アンダーフロー ビンの数式オプション

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

共有 Facebook Facebook Twitter Twitter メール メール

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×