パートナー: 購入プランを作る

注: この機能は、認定されたサブスクリプション アドバイザーである Microsoft Cloud パートナーだけが利用できます。他のパートナー コンテンツを探している場合は、「パートナーのヘルプ」を確認してください。

Office 365 の試用版への招待を顧客に送った後は、顧客のニーズに合わせてカスタマイズした購入プランを作成および送付してフォローできます。代理管理の提供を認められている場合は、顧客に代わってアカウントを管理できるオプションを購入プランに追加できます。

購入プランを作ると、購入プランの作成ウィザードによって自動的にカスタム URL が作られます。この URL には、パートナーがサブスクリプション アドバイザーであることを示すコードが埋め込まれています。この URL を複数の顧客に使うこともできます。メールで顧客に URL を送ります。または、Web サイトに URL を掲示することもできます。顧客がプランを受け入れると、パートナーは顧客の購入と関連付けられます。

顧客が異なるライセンス数を望む場合は、新しいプランを送信するか、サブスクリプションの購入時にライセンスの数を変更できます。

購入プランを作るには

  1. 管理する顧客の数が 100 より少ない場合は、[ビジネスを築く]、[購入プラン] の順に移動します。

  2. [オプションの選択] ページで、必要な購入プランのオプションを選びます。

    • [パートナーの事業所]: パートナーの会社に複数の事業所がある場合、その購入プランと関連付ける事業所を選びます。

      パートナーの事業所の場所は、Microsoft Partner Network Web サイトで追加できます。新しい事業所の場所が [パートナーの事業所] の一覧に表示されるまで、作ってから最大 24 時間かかる場合があります。

    • [利用場所]: 顧客がサービスを利用する場所を選びます。

    • [サブスクリプション]: 選択できるサブスクリプションの一覧は、顧客の国または地域の利用場所によって決まります。顧客に提供するサブスクリプションのチェック ボックスをオンにします。

    • [ライセンス数]: サブスクリプションを選ぶときに、購入プランに含めるライセンスの数を入力します。

    • [代理管理]: このオプションは、代理管理の提供を認められているパートナーだけが利用できます。代理管理を顧客に提供する場合、このオプションを選びます。選んだ場合、顧客は代理管理を受け入れるかどうかに関係なく、試用版への招待を受け入れることができます。

  3. [次へ] をクリックします。

  4. [送信] ページで、購入プランの情報と URL をコピーし、電子メール、ドキュメント、または Web ページ貼り付けてカスタマイズした購入プランを作ります。

注: [購入プランの概要 (ID)] を控えておきます。プランの追跡に使用します。

  1. 会社のロゴ、紹介、結びの言葉、他の情報を追加して、個性的なメッセージにできます。

  2. 顧客に購入プランを送ります。

メッセージをカスタマイズするときは、次の情報を含めることを考えてください。

  • 自分が認定された Microsoft Cloud パートナーであることを示します。

  • Microsoft によって直接請求されることを顧客に伝えます。

  • サービスまたはプランに関する質問の連絡方法を顧客に伝えます。

  • 購入するユーザー ライセンスの数は顧客が管理でき、プランを受け入れるときにライセンスの数を変更できることを顧客に伝えます。

  • 代理管理を提供する場合は、その意味と、パートナーの責任を説明します。代理管理の詳細については、「代理管理を提供する」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×