パートナー: 代理管理を提供する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: この機能は、代理管理を提供することが認められている Microsoft Cloud パートナーだけが利用できます。

顧客の代わりに組織のアカウントを管理するということは、代理管理を提供することです。代理管理者は、ユーザーの追加、パスワードの再設定、ドメインの追加などのタスクを実行できます。

顧客のアカウントの管理を始めるには、顧客がパートナーを代理管理者として認める必要があります。顧客の承認を得るには、代理管理の提供を送る必要があります。代理管理の提供は、試用版への招待または購入プランに含めることができます。また、後で顧客に代理管理を提供することもできます。

試用版への招待の作成について詳しくは、「試用版への招待を作成する」をご覧ください。購入プランの作成について詳しくは、「購入プランを作成する」をご覧ください。

後で代理管理を提供する場合は、次の手順を使います。

代理管理を提供する

  1. 管理する顧客の数が 100 以上の場合は、パートナーの概要に移動 >送信代理管理を提供します。

  2. 管理する顧客の数が 100 より少ない場合は、[ビジネスを築く]、[代理管理を提供する] の順に移動します。

  3. 代理管理の情報と URL をコピーし、カスタマイズしたメール、ドキュメント、または Web ページに貼り付けます。

  4. 顧客に提供を送ります。

この提供は、特定の顧客用ではなく、複数の顧客に再利用できます。

クライアントでは、提供を受信すると、メッセージには、管理者権限を委任を付与するためのリンクが含まれています。クライアントが提供を受け入れる場合は、対応することによって、メールを受信します。代理管理者として、承認しているときに、顧客のアカウントにアクセスし、自分の代わりに、サービスを管理します。

注: Office 365 のモバイル デバイス管理を委任されたアクセスはサポートされていません。

代理管理の権限を割り当てる

パートナーは Office 365 に個別に会社のアカウントを持っており、それに会社のユーザー アカウントが含まれます。 顧客に代わる代理管理者としての権限を自分の組織内のユーザーに割り当てることができますが、顧客から代理管理の権限が与えられるまで、顧客の組織にはアクセスできません。 詳しくは、「代理管理者を追加または削除する」をご覧ください。

  1. ダッシュ ボードに移動 >ユーザー >アクティブなユーザー

  2. ユーザーを選び、[編集] 編集 をクリックして、[設定] をクリックします。

  3. [設定] タブの [サポートする会社の管理用アクセスを割り当てる] で、[はい] をクリックして、ユーザーが [パートナーの概要] ページで試用版への招待や購入プランを作れるようにします。

  4. 該当するロールを選び、[保存] をクリックします。

    • [完全管理]: この役割は、サポート対象の会社に対してグローバル管理者の役割と同じ権限を持ちます。

    • [制限付き管理]: この役割は、サポート対象の会社に対してパスワード管理者の役割と同じ権限を持ちます。

管理者の役割と権限の詳細については、「管理者ロールを割り当てる」を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×