パートナー: ビジネスを構築して Office 365 パートナー サブスクリプションを管理する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Office 365は、認定された Microsoft Cloud パートナーとして、クライアントベースを拡張し、顧客との永続的な関係を作成する機会を提供します。Office 365を使用すると、クラウドベースのサービスを使うことができます。データバックアップ、サーバーハードウェア、サーバー更新プログラムを管理する必要はありません。これらのサービスによって提供されることを念頭に置いて、毎月または年会費を支払うことになります。パートナー管理センターの機能を使用して、クライアントに試用版の招待状や購入プランを送信したり、提供する権限が付与されているサービスに応じて代理管理サービスを提供したりできます。プロダクトキーを使用して、クライアントのOffice 365サブスクリプションを設定することもできます。

Office 365にサインインするときに、[パートナー ] をクリックして、パートナー管理センターに移動します。[クライアントの管理] または [パートナーの概要] ページには、提供する権限が付与されているサービスの種類に応じて、さまざまなリンクが表示されます。

会社情報を確認する

初めてクライアントと通信する前に、会社の情報が正しいことを確認します。お客様は、 Office 365のさまざまな場所で、電話番号やメールアドレスなどの会社情報を確認できます。

[顧客管理] または [パートナーの概要] ページの右上隅に、会社名がリンクとして表示されます。会社情報を表示するには、このリンクをクリックします。グローバル管理者の場合は、この情報を編集できます。詳細については、「組織の住所やその他のプロファイル情報を変更する」を参照してください。

会社のサブスクリプションを管理する

パートナーとして、ユーザーアカウントを含む独自のOffice 365 company サブスクリプションを所有しています。会社のユーザーと管理者の設定を管理するには、[ダッシュボード]、[ユーザー ]、[アクティブなユーザー] の順に移動します。

ユーザーの管理の詳細については、「ユーザーを作成または編集する」を参照してください。

新しいユーザーを作成するとき、または既存のユーザーを編集するときに、ユーザーの管理権限を設定します。

注: [顧客管理] リスト ビューで顧客が選択されていないことを確認します。

  1. [ダッシュボード]、[ユーザー]、[アクティブなユーザー] の順に選びます。

  2. [アクティブ ユーザー] ページで [追加追加 をクリックします。または、編集するユーザーの名前をクリックし、[編集編集 をクリックします。

  3. [設定] タブでは、パートナーについて次の追加オプションを指定できます。

  4. [会社の管理用アクセスを割り当てる]: ユーザーが [管理者] ページにアクセスできるようにする場合は、[はい] をクリックします。一覧から役割を選択し、ユーザーに会社の管理権限を付与します。

  5. [サポートする会社の管理用アクセスを割り当てる]: ユーザーが [パートナーの概要] ページで試用版への招待や購入プランを作れるようにする場合は、[はい] をクリックします。一覧から適切なアクセスを選びます。

    • [完全管理]: この役割は、サポート対象の会社に対してグローバル管理者の役割と同じ権限を持ちます。

    • [制限付き管理]: この役割は、サポート対象の会社に対してパスワード管理者の役割と同じ権限を持ちます。

管理者の役割と権限の詳細については、「管理者ロールを割り当てる」を参照してください。

また、ドメインを管理し、サービス設定を構成する必要がある場合もあります。Office 365サブスクリプションのセットアップと管理の詳細については、「一般法人向け Office 365をセットアップする」を参照してください。

会社のサブスクリプションを管理する

パートナーとして、ユーザーアカウントを含む独自のOffice 365 company サブスクリプションを所有しています。会社のユーザーと管理者の設定を管理するには、[ダッシュボード]、[ユーザー ]、[アクティブなユーザー] の順に移動します。

ユーザーの管理の詳細については、「ユーザーを作成または編集する」を参照してください。

新しいユーザーを作成するとき、または既存のユーザーを編集するときに、ユーザーの管理権限を設定します。

注: [顧客管理] リスト ビューで顧客が選択されていないことを確認します。

  1. [ダッシュボード]、[ユーザー]、[アクティブなユーザー] の順に選びます。

  2. [アクティブ ユーザー] ページで [追加追加 をクリックします。または、編集するユーザーの名前をクリックし、[編集編集 をクリックします。

  3. [設定] タブでは、パートナーについて次の追加オプションを指定できます。

  4. [会社の管理用アクセスを割り当てる]: ユーザーが [管理者] ページにアクセスできるようにする場合は、[はい] をクリックします。一覧から役割を選択し、ユーザーに会社の管理権限を付与します。

  5. [サポートする会社の管理用アクセスを割り当てる]: ユーザーが [パートナーの概要] ページで試用版への招待や購入プランを作れるようにする場合は、[はい] をクリックします。一覧から適切なアクセスを選びます。

    • [完全管理]: この役割は、サポート対象の会社に対してグローバル管理者の役割と同じ権限を持ちます。

    • [制限付き管理]: この役割は、サポート対象の会社に対してパスワード管理者の役割と同じ権限を持ちます。

管理者の役割と権限の詳細については、「管理者ロールを割り当てる」を参照してください。

また、ドメインを管理し、サービス設定を構成する必要がある場合もあります。Office 365サブスクリプションのセットアップと管理の詳細については、「一般法人向け Office 365をセットアップする」を参照してください。

会社のサブスクリプションを管理する

パートナーとして、ユーザーアカウントを含む 21Vianet company サブスクリプションによって運営されている独自の Office 365 を持っています。会社のユーザーと管理者の設定を管理するには、[ユーザー ]、[アクティブなユーザー] の順に移動します。

ユーザーの管理方法の詳細については、「ユーザーアカウントを追加、編集、削除、または復元する」を参照してください。

新しいユーザーを作成するとき、または既存のユーザーを編集するときに、ユーザーの管理権限を設定します。

注: クライアント管理のリストビューでクライアントが選択されていないことを確認します。

  1. [ユーザー]、[アクティブなユーザー] の順に選びます。

  2. [アクティブ ユーザー] ページで [追加追加 をクリックします。または、編集するユーザーの名前をクリックし、[編集編集 をクリックします。

  3. [設定] タブでは、パートナーについて次の追加オプションを指定できます。

  4. [会社の管理用アクセスを割り当てる]: ユーザーが [管理者] ページにアクセスできるようにする場合は、[はい] をクリックします。一覧から役割を選択し、ユーザーに会社の管理権限を付与します。

  5. [サポートする会社の管理用アクセスを割り当てる]: ユーザーが [パートナーの概要] ページで試用版への招待や購入プランを作れるようにする場合は、[はい] をクリックします。一覧から適切なアクセスを選びます。

    • [完全管理]: この役割は、サポート対象の会社に対してグローバル管理者の役割と同じ権限を持ちます。

    • [制限付き管理]: この役割は、サポート対象の会社に対してパスワード管理者の役割と同じ権限を持ちます。

顧客を管理する

    この機能は、代理管理を提供する権限を与えられているパートナーと、認定されたサービスプロバイダーに対してのみ使用できます。

    この機能は、代理管理を提供する権限を与えられているパートナーと、認定されたサービスプロバイダーに対してのみ使用できます。

    この機能は、代理管理を提供する権限を付与されている21Vianet パートナーが運営している Office 365 に対してのみ使用できます。

サブスクリプションの管理、サービス リクエストの作成と提出、パスワードのリセットなどについて、顧客を支援できます。管理する顧客の数が 100 より少ない場合は、新しい顧客管理機能を使用できます。詳細については、「顧客を管理する」を参照してください。

管理する顧客の数が 100 以上の場合は、「顧客を探して支援する」を参照してください。

試用版への招待を作って送る

    この機能は、認定されたサブスクリプションアドバイザーであるパートナーのみが使用できます。

    この機能は、認定されたサブスクリプションアドバイザーであるパートナーのみが使用できます。

    この機能は、認定サブスクリプションアドバイザーである21Vianet パートナーが運営する Office 365 でのみ使用できます。

Office 365を試すことができるように、招待状を作成して送信し、顧客に送信することができます。招待状には、単一の試用版サブスクリプションを含めることができます。

代理管理を提供するように認定されている場合は、試用版の招待状にオプションを追加して、顧客の代理としてサブスクリプションを管理できます。これにより、お客様はOffice 365を簡単に試すことができます。

試用版への招待を作ると、パートナー用にカスタム URL が作られます。この URL には、パートナーがサブスクリプション アドバイザーであることを示すコードが埋め込まれています。この URL を複数の顧客に使うこともできます。この URL は、電子メールで顧客に送ることも、Web サイトに掲示することもできます。

試用版への招待の詳細については、「試用版への招待を作成する」を参照してください。

購入プランを作って送る

    この機能は、認定されたサブスクリプションアドバイザーである Microsoft Cloud パートナーのみが使用できます。

    この機能は、認定されたサブスクリプションアドバイザーである Microsoft Cloud パートナーのみが使用できます。

    この機能は、認定サブスクリプションアドバイザーである21Vianet パートナーが運営する Office 365 でのみ使用できます。

試用版への招待を顧客に送った後は、購入プランでフォローします。プランをカスタマイズし、顧客が必要とする特定のサービスと、適切な数のユーザー ライセンスを含めることができます。代理管理の提供を認められている場合は、顧客に代わってサブスクリプションを管理できるオプションを購入プランに追加できます。

購入プランを作ると、パートナー用にカスタム URL が作られます。この URL には、パートナーがサブスクリプション アドバイザーであることを示すコードが埋め込まれています。この URL を複数の顧客に使うこともできます。この URL を、電子メールで顧客に送るか、Web サイトに掲示します。

顧客が異なるライセンス数を望む場合は、新しいプランを送信するか、サブスクリプションの購入時にライセンスの数を変更できます。

購入プランの詳細については、「購入プランを作る」を参照してください。

代理管理を提供する

    この機能は、代理管理を提供するために認定されている Microsoft Cloud パートナーのみが使用できます。

    この機能は、代理管理を提供するために認定されている Microsoft Cloud パートナーのみが使用できます。

    この機能は、代理管理を提供するために認定されている21Vianet パートナーが運営する Office 365 に対してのみ使用できます。

Office 365を既にサブスクライブしているクライアントがある場合は、代理管理を提供することで、より高度なサポートを提供できます。代理管理者として、クライアントのサブスクリプションのほとんどの管理タスクを実行します。

試用版への招待または購入プランを送るときに、代理管理を顧客に提供できます。 また、顧客がサブスクリプションを購入した後で、代理管理の提供を送ることもできます。

顧客に代わってサービスを管理するには、顧客が提供を受け入れることによってパートナーを代理管理者として認める必要があります。詳細については、「代理管理を提供する」を参照してください。

プロダクト キーを使用して顧客のサブスクリプションをセットアップする

注: この機能は、認定されたサブスクリプション アドバイザーである Microsoft Cloud パートナーだけが利用できます。

Office 365プロダクトキーを購入し、クライアントのOffice 365サブスクリプションをセットアップすることで、クライアントにOffice 365サブスクリプションを提供できます。同時に、クライアントに代理管理を提供することもできます。クライアントのレコード (POR) のパートナーとして表示されている場合は、クライアントのサブスクリプションの変更について通知を受け取るなど、追加の特典を受けることができます。クライアントの POR として表示するには、サブスクリプションアドバイザーパートナーである必要があります。

プロダクト キーを使用して顧客のサブスクリプションをセットアップする方法の詳細については、「プロダクト キーを使用して顧客のサブスクリプションをセットアップする」を参照してください。

プロダクト キーを使用して顧客のサブスクリプションをセットアップする

注: この機能は、認定されたサブスクリプション アドバイザーである Microsoft Cloud パートナーだけが利用できます。

Office 365プロダクトキーを購入し、クライアントのOffice 365サブスクリプションをセットアップすることで、クライアントにOffice 365サブスクリプションを提供できます。同時に、クライアントに代理管理を提供することもできます。クライアントのレコード (POR) のパートナーとして表示されている場合は、クライアントのサブスクリプションの変更について通知を受け取るなど、追加の特典を受けることができます。クライアントの POR として表示するには、サブスクリプションアドバイザーパートナーである必要があります。

プロダクト キーを使用して顧客のサブスクリプションをセットアップする方法の詳細については、「プロダクト キーを使用して顧客のサブスクリプションをセットアップする」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×