パーツとアセンブリの図面を作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

パーツとアセンブリの図面テンプレートを使用して、次の項目を下書きします。

ハードウェア デバイスの図面と詳細なアセンブリ図面で作業する

溶接の継ぎ目の種類と溶接プロセスを示す 2 つの溶接記号を含む機械装置の輪郭

2 種類のキャップねじ留め具と寸法のレイアウト

アセンブリ図面

溶接図

ファスナーとスプリング

  1. Visio を開きます。

  2. [パーツ] と [アセンブリ] の図面テンプレートから新しい図面を作成します。これは、エンジニアリングカテゴリにあります。

    この描画の種類は、横向きの 幅広ページ で拡大縮小された図面ページを開きます。ページ、ルーラー、グリッドの設定はいつでも変更できます。

  3. [描画ツール] 図形から図面ページに図形をドラッグして、オブジェクトの輪郭を描画します。たとえば、[円の接線] と [円弧の接線] 図形を使用してベルトシステムを描画し、[角丸長方形] 図形を使って戦車または船舶を表します。

    [円の接線] 図形と [円弧接線] シェイプを使用する

    1. [描画ツール] の図形から、[円の接線] または [円弧の接線] 図形を図面ページ上にドラッグします。

      注: 図に示すように、これらの図形を使ってベルトシステムを描画します。

    2. 円のサイズを変更したり、円弧の半径を変えたりするには、コントロールハンドルをドラッグします。

    3. 正接線の長さを変更するには、端点をドラッグします。

    4. ベルトシステムを描画するときは、1つの図形の端点を別の端点に接着します。

      弧の接線図形と円接線図形を使ったベルト システム

      円弧正接図形 (1) と円の接線図形 (2) を使用して、ベルトシステムを描画します。

    角丸四角形の図形を使用する

    1. [描画ツール] 図形から、角丸四角形の図形を図面ページ上にドラッグします。

      注: 図に示すように、丸い四角形の図形を使用して、水槽または容器を表します。

    2. 両端の丸みを変更するには、コントロールハンドルをドラッグします。

    3. 四角形のサイズを変更するには、選択ハンドルをドラッグします。

      角の丸い四角形とその他の描画ツールを使って作成されたタンクとバルブ

      角丸長方形の図形とその他の描画ツールを使用して作成されたバルブ付きのタンクです。

  4. 図形をファスナー 1ファスナー 2、バネ、ベアリングから図面ページにドラッグします。これらの図形のデータを入力することができます。

    図形データを入力する

    1. 図形を右クリックし、[図形]、[図形データ] の順に選びます。

    2. [図形データ] ウィンドウで、各データフィールドをクリックし、値を入力するか選択します。

  5. 図形を寸法-エンジニアリングから図面にドラッグして、図面に寸法を追加します。

  6. データム記号と機能コントロールのフレームを追加します。

    データム記号を追加する

    1. 幾何寸法と公差から、いずれかのデータム図形を図面ページ上にドラッグします。

    2. データム図形のテキストを変更するには、図形をダブルクリックし、置換するテキストを選択して、入力します。

    機能コントロールフレームを作成する

    1. 幾何学的な寸法と公差から、いずれかのデータムフレーム図形を図面ページ上にドラッグします。

    2. [データムフレーム] 図形をダブルクリックして、[グループ] ウィンドウを開きます。

      注: 必要に応じて、ウィンドウを並べて、図形を表示できるようにします。

    3. 幾何学的寸法と公差から、平坦度などの幾何学的特性記号を [グループ] ウィンドウのデータムフレーム図形の左端のボックスにドラッグします。

    4. データムフレーム図形のテキストを変更するには、図形をダブルクリックし、置換するテキストを選択して、入力します。

    5. [グループ] ウィンドウを閉じて、図面ページに戻ります。

  7. 図面に溶接記号を追加します。

    溶接記号を作成する

    1. 溶接記号から、いずれかの矢印図形を図面ページにドラッグします。

      矢印 (引出線) が溶接ジョイントを指すように矢印図形を配置します。

    2. 次のいずれか、または両方の操作を行って、矢印図形を構成します。

      • 矢印図形を右クリックし、[すべての円周を表示] を選択して、ウェルド-オールアラウンド記号を追加します。

      • 参照線に尾を追加するには、矢印図形を右クリックし、[末尾を表示] を選択します。

    3. 矢印図形をダブルクリックして、[矢印図形] グループウィンドウを開きます。

      注: 必要に応じて、ウィンドウを並べて、図形を表示できるようにします。

    4. 溶接記号から、溶接記号をグループウィンドウの矢印図形にドラッグします。吹き出しを使用して注釈を付ける ([挿入] タブの [吹き出し] をクリック)。

      矢印のサイズを変更した場合、記号が適切に配置されるように、溶接記号とアノテーション記号をグループウィンドウのガイドに接着します。

    5. 溶接記号図形またはコメントのテキストを変更するには、図形をダブルクリックし、置換するテキストを選択して、入力します。

    6. 図面ページに戻るには、[グループ] ウィンドウを閉じます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×