パーセンテージを掛ける

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

パーセンテージを久しぶりにお使いになる場合や、 パーセンテージの計算を苦手に思われている場合は、 Excel Online に任せると作業が簡単になります。

合計に対する割合を次のような検索対象を行う必要がある場合は、役にその記事パーセンテージを計算します

数値の列全体にパーセンテージを掛ける

この例では、数個の数値に 15% を掛けています。 列に 100 個や 1000 個のセルが含まれている場合でも、Excel Online では、少しの手順で処理できます。 ここではその方法をご紹介します。

数値にパーセンテージを掛ける

  1. 種類= A2 * $c$ 2セル B2 にします。(に、数式に C の前に、2 の前に $ 記号を含めるようにしてください)。

$ 記号は、C2 への参照が "絶対参照" であることを示します。つまり、この数式を他のセルにコピーしても、参照先は常にセル C2 になります。数式に $ 記号を使用しない場合、数式をセル B3 にドラッグすると、Excel Online で数式は =A3*C3 に変わりますが、セル C3 には値が入力されていないため、この数式は機能しません。

  1. B2 の数式を列 B の他のセルへドラッグします。

ヒント: 一定の割合を算出するのには、列も積を求めることができます。15% を減算するには、パーセンテージ前のマイナス記号を追加してから減算する数式を使用して、1 から割合 = 1 -n%、 nはパーセンテージします。減算するのには 15% = 1 15%として使用数式。

金額を一定の割合で増減させる

毎週の食費を 25% させたい場合を考えます。この金額を計算するには、合計に対して一定の割合の額を増減させます。

この食費の例では、B2 が食費で、C2 が食費から減額する割合である場合、セル D2 には次のような数式を入力します。

  • =B2*(1-C2)

金額を一定の割合で減算する使用例

この数式では、1 は 100% を表します。かっこで囲まれている数値が最初に計算されるので、1 から C2 が減算され 75% となり、その結果が B2 と乗算され、第 1 週の結果は 56.25 となります。

セル D2 の数式を列の下方向にコピーするには、セル D2 の右下隅にある緑の小さな四角いボックスをダブルクリックします。すると、数式を再入力することなく結果が表示されます。

金額を 25% 増額したい場合は、セル D2 に同じ数式を入力し、マイナス記号をプラス記号に変更します。次のような数式になります。

  • =B2*(1+C2)

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×