パレート図を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

パレート図または並べ替えられたヒストグラムには、降順で並べ替えられた縦棒と、累積合計比率を示す折れ線の両方が含まれます。 パレート図は、データ セット内の最大の要素を強調表示するもので、最も一般的な課題や問題を簡単に把握できるため、品質管理の 7 つの基本ツールの 1 つと考えられています。

パレート図の例

パレート図を作成する

  1. データを選択します。 一般的に、テキスト (カテゴリ) が含まれる列といずれかの数値を選びます。 パレート図で同じ項目がグループ化され、対応する数値が合計されます。

    パレート分析グラフ サンプルの作成に使用されるデータ
    上のグラフの例を作成するために使用されたデータ

    数値および対応するテキスト カテゴリの両方の列ではなく、2 つの数値の列を選んだ場合、Excel では、データがヒストグラムと同様にビン内にチャート化されます。その後、これらのビンを調整できます。

  2. [挿入]、[統計グラフの挿入] の順にクリックし、[ヒストグラム] で [パレート図] を選びます。

    [挿入] タブから指定されたパレート図を表す画像

    [おすすめグラフ] の [すべてのグラフ] タブを使用してパレート図を作成することもできます ([挿入]、[おすすめグラフ]、[すべてのグラフ] タブの順にクリックします)。

ヒント: グラフの外観をカスタマイズするには、[デザイン] タブおよび [書式] タブを使用します。 これらのタブが表示されない場合は、パレート図の好きな場所をクリックして、[グラフ ツール] をリボンに追加します。

[グラフ ツール] の [デザイン] タブと [書式設定] タブ

ビンを構成する

  1. グラフの横軸を右クリックして、[軸の書式設定]、[軸のオプション] の順にクリックします。

    ショートカット メニューの [軸の書式設定] コマンド
  2. 以下の情報を使って、[軸の書式設定] 作業ウィンドウで目的のオプションを選びます。

    [軸の書式設定] 作業ウィンドウ

    [項目別   ] データとテキストの両方をプロットする場合の既定の設定です。 テキスト カテゴリは横軸にプロットされ、降順でグラフ表示されます。

    ヒント: テキスト文字列の数を数えるには、列を追加して、「1」の値を入力し、パレート図をプロットして、ビンを [項目別] に設定します。

    [自動   ] 1 列のデータでプロットされるパレート図の既定の設定です。 ビンの幅は、スコットの正規化基準ルールを使用して計算されます。

    [ビンの幅   ] 各範囲のデータ ポイントの数に正の 10 進数を入力します。

    [ビンの数]    パレート図のビンの数を入力します (ビンのオーバーフローとアンダーフローを含む)。 ビンの幅は自動的に調整されます。

    [ビンのオーバーフロー]    対応するボックスの数を上回るすべての値にビンを作成する場合にオンにします。 この値を変更するには、10 進数をボックスに入力します。

    [ビンのアンダーフロー]    対応するボックスの数以下のすべての値にビンを作成する場合にオンにします。 この値を変更するには、10 進数をボックスに入力します。

Excel 2016 でヒストグラムの作成に使う数式

スコットの正規化基準ルール:   

自動化の数式オプション

スコットの正規化基準ルールでは、データ セットと比較した場合のパレート図の分散の偏りを最小化します。通常は分散データを想定しています。

ビンのオーバーフロー   

オーバーフロー ビンの数式オプション

ビンのアンダーフロー   

アンダーフロー ビンの数式オプション

ヒント: パレート図の詳細と統計データをビジュアル化する方法については、Excel チームによるヒストグラム、パレート図、箱ひげ図に関するブログ投稿を参照してください。また、このブログ投稿で説明されているその他の新しいグラフの種類を学習すると役に立つ可能性もあります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×