パラメータ クエリをカスタマイズする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Query または Web クエリのパラメータ クエリをカスタマイズする方法には、プロンプトを変更する方法、セルのデータをプロンプトとして使用する方法、および定数を使用する方法があります。

パラメーター クエリの作成の詳細については、Microsoft Query のヘルプまたはWeb ページから外部データを取得するを参照してください。

パラメーター クエリのユーザー設定のメッセージを変更します。

データをセルからパラメーター値として使用します。

クエリの定数のパラメーター値を使用します。

パラメータ クエリの実行時に表示するプロンプト文字を変更する

  1. Excel ワークシートで、パラメーター クエリを使用して作成した外部データ範囲の任意のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] で、[プロパティ] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

  3. プロパティ] ダイアログ ボックスで、 [接続プロパティ ボタン イメージ ] をクリックします。

  4. [接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[定義] タブをクリックし、[パラメータ] をクリックします。

  5. [パラメータ] ダイアログ ボックスの [パラメータ名] ボックスの一覧で、変更するパラメータをクリックします。

  6. [次の文字列を使用して値の入力を促す] ボックスに、プロンプトとして使用するテキストを入力し、[OK] をクリックします。カスタム プロンプトの文字数は最大で 100 文字です。

  7. 新しいカスタム プロンプトを使用してデータを最新の情報に更新するには、[データ] タブの [接続] で [すべて更新] の横にある矢印をクリックします。次に [更新] をクリックします。

  8. [パラメータ値の入力] ダイアログ ボックスに、新しいプロンプトが表示されます。

    注: オプションとして、[この値/参照を今後の更新に使用する] チェック ボックスをオンにすることで、それぞれの更新操作中にプロンプトが再び表示されないようにすることができます。パラメータ値としてセルのデータを使用する場合、[セルの値が変わるときに自動的に更新する] チェック ボックスをオンにします。

注: 上記の手順では、ブックの現在のセッションののみユーザー設定のメッセージを変更します。ユーザー設定のメッセージを完全に変更内容を保存する場合は、ブックを保存またはクエリのプロンプトを変更します。詳細については、クエリの変更、 Query のヘルプを参照してください。

ページの先頭へ

パラメータの値としてセルのデータを使用する

  1. ワークシートにクエリの抽出条件として使用する値を入力します。

  2. パラメータ クエリを使用して作成した外部データ範囲の任意のセルをクリックします。

  3. [データ] タブの [接続] で、[プロパティ] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

  4. プロパティ] ダイアログ ボックスで、 [接続プロパティ ボタン イメージ ] をクリックします。

  5. [接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[定義] タブをクリックし、[パラメータ] をクリックします。

  6. [パラメータ] ダイアログ ボックスの [パラメータ名] ボックスの一覧で、変更するパラメータをクリックします。

  7. [次のセルから値を取得する] をクリックします。

  8. ワークシートで、使用する値が入力されているセルをクリックします。

    セルの値を変更したときに、自動的にデータを更新するように設定するには、[セルの値が変わるときに自動的に更新する] チェック ボックスをオンにします。

  9. [OK] をクリックします。

  10. データを最新の情報に更新するには、[データ] タブの [接続] で、[すべて更新] の横にある矢印をクリックします。次に [更新] をクリックします。

ページの先頭へ

クエリのパラメータの値に定数を使用する

  1. Excel で、パラメーター クエリを使用して作成した外部データ範囲のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] で、[プロパティ] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

  3. プロパティ] ダイアログ ボックスで、 [接続プロパティ ボタン イメージ ] をクリックします。

  4. [接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[定義] タブをクリックし、[パラメータ] をクリックします。

  5. [パラメータ] ダイアログ ボックスの [パラメータ名] ボックスの一覧で、変更するパラメータをクリックします。

  6. [次の値を使用する] をクリックします。

  7. パラメータとして使用する値を入力して [OK] をクリックします。

  8. データを最新の情報に更新するには、[データ] タブの [接続] で、[すべて更新] の横にある矢印をクリックします。次に [更新] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×