パブリック フォルダで情報を投稿および返信する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この機能では、Microsoft Exchange Server 2000、Exchange Server 2003、または Exchange Server 2007 のアカウントを使用する必要があります。ほとんどの自宅用や個人用のアカウントでは、Microsoft Exchange は使用しません。 Microsoft Exchange アカウントと、アカウントを接続する Exchange のバージョンを決定する方法については、[参照] リンクを参照してください。

パブリック フォルダでは、情報を収集および整理して、組織内の他のユーザーと共有できます。通常、パブリック フォルダは、ユーザーが共通して関心を持っている領域に関する情報を共有するために、プロジェクト チームまたはユーザー グループで使用されます。パブリック フォルダには、メッセージ、予定、連絡先、仕事、履歴項目、メモ、フォーム、ファイル、投稿など、あらゆる種類の Outlook アイテムを含めることができます。

パブリック フォルダに情報を追加するには、情報を投稿するか、フォルダに既に投稿されている情報に返信します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

パブリック フォルダーに情報を投稿します。

情報の公開フォルダーに投稿に返信します。

コピーまたはパブリック フォルダーにファイルを移動します。

パブリック フォルダに情報を投稿する

  1. フォルダー一覧で、ナビゲーション ウィンドウ] では、パブリック フォルダー] をクリックし、情報を追加するフォルダーをクリックします。

    開こうとするフォルダが別のフォルダ内にある場合は、必要に応じて、使用するフォルダが見つかるまで、フォルダとサブフォルダの横にあるプラス記号 (+) をクリックします。

  2. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[現在のフォルダに投稿] をクリックします。

  3. フォームで、投稿する情報を入力します。

  4. [投稿] をクリックします。

ページの先頭へ

パブリック フォルダに投稿された情報に返信する

次のいずれかを実行します。

  • パブリック フォルダに返信を投稿する

    1. フォルダー一覧で、ナビゲーション ウィンドウ] では、パブリック フォルダー] をクリックし、返信する情報を含むフォルダーをクリックします。

      開こうとするフォルダが別のフォルダ内にある場合は、使用するフォルダが見つかるまで、各サブフォルダの横のプラス記号 (+) をクリックします。

    2. 返信するアイテムまたはファイルを開きます。

    3. [投稿] タブの [アクション] で [その他のアクション] をクリックし、[フォルダに返信を投稿] をクリックします。

    4. フォームで、投稿する情報を入力します。

    5. [投稿] をクリックします。

  • パブリック フォルダの情報に投稿したユーザーに返信する

    1. フォルダー一覧で、ナビゲーション ウィンドウ] では、パブリック フォルダー] をクリックし、返信する情報を含むフォルダーをクリックします。

      開こうとするフォルダが別のフォルダ内にある場合は、必要に応じて、使用するフォルダが見つかるまで、フォルダとサブフォルダの横にあるプラス記号 (+) をクリックします。

    2. 返信するアイテムまたはファイルを選択し、[返信] をクリックします。

    3. 返信を入力し、[送信] をクリックします。

ページの先頭へ

パブリック フォルダにファイルをコピーまたは移動する

  1. フォルダー一覧で、ナビゲーション ウィンドウ] では、パブリック フォルダー] をクリックし、情報を追加するフォルダーをクリックします。

    開こうとするフォルダが別のフォルダ内にある場合は、必要に応じて、使用するフォルダが見つかるまで、フォルダとサブフォルダの横にあるプラス記号 (+) をクリックします。

  2. Windows エクスプローラまたは [マイ コンピュータ] を使用して、コピーまたは移動するファイルを検索します。

  3. ナビゲーション ウィンドウとその他のウィンドウに [フォルダ一覧] を配置して、両方のウィンドウまたはその一部が同時に表示されるようにします。

  4. Windows エクスプローラまたは [マイ コンピュータ] から、ナビゲーション ウィンドウの [フォルダ一覧] で使用するパブリック フォルダにファイルをドラッグします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×