パブリック フォルダで情報を共有する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この機能では、Microsoft Exchange Server 2000、Exchange Server 2003、または Exchange Server 2007 のアカウントを使用する必要があります。ほとんどの自宅用や個人用のアカウントでは、Microsoft Exchange は使用しません。 Microsoft Exchange アカウントと、アカウントを接続する Exchange のバージョンを決定する方法については、[参照] リンクを参照してください。

パブリック フォルダーは、収集、整理、および組織内の他のユーザーと情報を共有する方法を提供する Microsoft Exchange の機能です。通常、パブリック フォルダーは興味のある一般的な領域を情報を共有するプロジェクト チームまたはユーザー グループを使用します。Exchange サーバーに接続している、 ナビゲーション ウィンドウでMicrosoft Outlookフォルダー一覧に「パブリック フォルダー」のラベルが付いたフォルダーが表示されます。Outlook からこれらのフォルダーを管理することができます。パブリック フォルダーには、どの種類のメッセージ、予定、連絡先、タスク、履歴項目、メモ、フォーム、ファイル、および投稿などの Outlook フォルダーの項目を含めることができます。パブリック フォルダー] の下の[お気に入り]フォルダーに、パブリック フォルダーにショートカットを追加することもできます。  

パブリック フォルダを使用すると次の操作を行うことができます。

電子掲示板に情報を投稿する

  • 掲示板を使用すると、オンライン ディスカッションに参加できます。掲示板独自のアクセス許可を使用して、独自のフォルダに各トピックを格納できます。

  • 掲示板のモデレート化を解除すると、すべてのユーザーが情報の閲覧と投稿を行うためのアクセス許可を持つ、インターネット ニュースグループと同じように使用できます。

  • また、他のユーザーのアイテムを受信するユーザーと、投稿する情報を決定するユーザーを割り当てると、掲示板をモデレート化することもできます。

  • 投稿された情報は、次の方法で処理できます。

    • オンライン ディスカッションが開始されると、グループで閲覧するために返信をパブリック フォルダに投稿できます。

    • グループ全体での返信の閲覧ができないようにする場合は、情報を投稿したユーザーに直接返信したり、投稿された情報を指定した受信者にのみ転送したりできます。

    • パブリック フォルダを掲示板として使用するには、電子メール メッセージをフォルダに格納できるようにする必要があります。

予定表、連絡先リスト、または仕事リストの Outlook アイテムを共有する

  • 予定表を共有し、グループに関係する、会議、イベント、祝日、休暇、およびプロジェクトの期限を管理します。

  • 連絡先リストを共有し、名前、役職、住所、および電話番号をグループで利用します。

  • 仕事リストを共有し、グループで作業しているプロジェクトの各メンバーの進捗を管理します。

ファイルを共有する

  • パブリック フォルダ内のファイルを開き、ファイルを閲覧または更新したり、一連のファイルをすばやく参照したりします。

  • Windows エクスプローラを使用して、別のプログラムの既存のファイルを、そのファイルのプログラムを開かずにパブリック フォルダにコピーします。

  • ファイルの作成に使用したプログラムを終了しないで、ファイルをパブリック フォルダに投稿します。たとえば、最新の情報がグループにすぐに表示されるように、Microsoft Office Excel ブックで更新した四半期売上報告書をすばやく投稿できます。

他のユーザーが頻繁に閲覧または更新するファイルを共有する場合は、ファイルを保存したプログラムをコンピュータにセットアップする必要があります。パブリック フォルダに、Windows エクスプローラからファイルをコピーするか、または開いている別の Microsoft Office プログラムからファイルを投稿すると、元のファイルは格納されていた場所に残ります。パブリック フォルダにコピーまたは投稿したファイルを変更しても、元のファイルは変更されません。

アクセス許可を使用してフォルダへのアクセスを決定する

  • 通常、パブリック フォルダに対するアクセス許可は、特定のプロジェクトまたは情報カテゴリのフォルダを所有する組織内の管理者または担当者が決定します。

  • アクセス許可を持っているフォルダに対しては、通常、そのフォルダのアイテムの閲覧およびフォルダへのアイテムの追加を行うことはできますが、自分が追加したものを除き、アイテムを削除することはできません。

  • アクセス許可を持っている場合、独自のパブリック フォルダをセットアップし、そのフォルダを使用するためのアクセス許可を他のユーザーに与えることができます。

  • パブリック フォルダを所有している場合、そのパブリック フォルダに独自のユーザー設定ビュー、フォーム、ユーザー定義フィールド、およびルールを適用できます。他のユーザーがフォルダを初めて開くときに表示する、特定のビューを指定できます。

  • フォルダに対して変更を行うアクセス許可を持っていない場合でも、必要に応じてパブリック フォルダの個人用のビューを保存することができます。パブリック フォルダの個人用のビューを保存すると、そのビューを常に利用できます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×