パスワードを設定して Outlook の情報を保護する

Outlook データ ファイル (.pst) にパスワードを設定することにより、コンピューターを共用する他のユーザーがうっかりファイルを開いたりできないようにすることができます。パスワードを使うと、Outlook の起動時、または Outlook セッション内でファイルが初めて開かれるときに、パスワードの入力を求めるメッセージが表示されます。

セキュリティに関するお知らせ : Outlook データ ファイル (.pst) のパスワードは、情報に対する、意図的で悪意のあるアクセスの試みに対するセキュリティを意図していません。データへのアクセスを制限するさらに効果的な方法は、コンピューターを使うすべてのユーザーに対してパスワードで保護された Windows ユーザー アカウントを作成することです。詳細については、Windows のヘルプとサポートを参照してください。

.pst ファイルのパスワードを設定または変更する

Outlook データ ファイル (.pst) にパスワードを設定した後は、パスワードを定期的に変更することをお勧めします。

  1. Outlook を開き、[ファイル] タブで、[アカウント設定]、[アカウント設定] の順に選択します。

    Outlook でアカウント設定を選択すると、オプションが利用可能になる

  2. [データ ファイル] タブで、パスワードを作成または変更する Outlook データ ファイル (.pst) を選択し、[設定] を選択します。

  3. [パスワードの変更] を選択します。

    注: Exchange アカウントを使用している場合は、[パスワードの変更] ボタンは表示されません。Exchange アカウントおよび情報へのアクセスには、ネットワーク パスワードが使用されます。

  4. [パスワードの変更] ダイアログ ボックスの [新しいパスワード] ボックスと [パスワードの確認] ボックスに、15 文字以下のパスワードを入力します。

    [パスワードの変更] ダイアログ ボックス

    注: パスワードが推測されにくいように、8 文字以上の長さにして、大文字と小文字の英字、数字、記号を使うようにします (例: Y6dh!et5)。長く複雑なほど、パスワード保護が向上します。

  5. [OK] をクリックしてパスワードを設定します。

パスワードのベスト プラクティスとヒント

  • パスワードを忘れないことが非常に重要です。忘れた場合、Microsoft では取得できません。保護対象の情報から離れた安全な場所に、パスワードを書き留めておいてください。

  • Outlook データ ファイル (.pst) を開くたびにパスワードを入力しなくても済むように、コンピューターにパスワードを記憶させることができます。Microsoft Windows のユーザー アカウントがパスワードで保護されていて、他のユーザーがその Windows ユーザー アカウントにアクセスしない場合、新しいパスワードを確認した後で、[パスワードをパスワード一覧に保存する] チェック ボックスをオンにしてもかまいません。

  • Outlook データ ファイル (.pst) のパスワードは、ファイル全体に対して設定されます。Outlook データ ファイル (.pst) 内のフォルダーごとにパスワードを設定することはできません。

.pst ファイルのパスワードを設定または変更する

Outlook で作成および受信するアイテムは、コンピューターのハード ディスク上の個人用フォルダー (.pst) ファイルに保存されます。既定の場所は、\Users\your username\AppData\Local\Microsoft\Outlook です。同じコンピューターを使用するユーザーごとに、メールを個別の個人用フォルダーに配信することができます。それぞれのフォルダーにパスワードを設定できます。

  1. [ファイル] メニューで [データ ファイルの管理] をクリックして、[アカウント設定] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [データ ファイル] タブで、パスワードを作成する個人用フォルダー ファイル (.pst) をクリックし、[設定] をクリックして [個人用フォルダー] ダイアログ ボックスを開きます。

  3. [パスワードの変更] ボタンをクリックします。

    注: メール アカウントを Microsoft Exchange で実行する場合、このボタンは表示されません。Outlook フォルダーは、Exchange パスワードによって既に保護されています。

  4. [新しいパスワード] ボックスに、新しいパスワードを入力します。パスワードは 15 文字までで、大文字と小文字が区別されます。

    パスワードには、大文字、小文字、数字、記号を組み合わせた複雑なものを使用してください。これらの文字を混在させたものになっていないパスワードは強力とは言えません。たとえば、House27 は Y6dh!et5 に比べ、推測されやすいパスワードと言えます。長さは 8 文字以上にする必要があり、理想は 14 文字以上のパス フレーズです。

    パスワードは忘れないようにしてください。パスワードを忘れた場合、Microsoft でパスワードを回復することはできません。紙に記録したパスワードを、保護する必要がある情報から離れた安全な場所に保管してください。

  5. [パスワードの確認] ボックスに、もう一度新しいパスワードを入力します。

  6. コンピューターを他のユーザーと共有する場合は、[パスワードをパスワード一覧に保存する] チェックボックスを選択しないでください。コンピューターへのアクセス権を持つすべてのユーザーが、お客様の .pst ファイルを開く可能性があります。Windows ユーザー アカウントがパスワードで保護されていて、他のユーザーがそのコンピューターへのアクセス権を持たない場合、お客様が .pst ファイルを使用するたびに、パスワードを入力する必要がないように、[パスワードをパスワード一覧に保存する] チェックボックスを選択することができます。

  7. [OK] を 2 回クリックし、[閉じる] をクリックします。

パスワードのベスト プラクティスとヒント

  • Outlook プログラム自体のログオン パスワードはなくなりました。ここでの手順を使って設定したパスワードは、Outlook で使用される個人用データを保護しますが、他のユーザーが Outlook を使用することを防いだり、ハッカーからデータをセキュリティで保護できたりするわけではありません。Windows にログオンするために使用する Microsoft アカウントとパスワードは、他のユーザーがお客様のファイルにアクセスできないようにするのに役立ちます。これは、Outlook だけではなく、Windows で実行しているプログラムに作成および保存したすべてのファイルに適用されます。

  • Microsoft Exchange (ビジネス環境では一般的で、個人または自宅の電子メールでは珍しい) を使って Outlook を実行している場合、Outlook データにパスワードを設定する必要はありません。Outlook データの保護は、Microsoft Exchange によって既に管理されています。

  • .pst のパスワードを設定すると、.pst ファイル全体に対して設定されます。.pst 内のフォルダーごとにパスワードを設定することはできません。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×