パスワードまたはユーザー アカウントを消去する

使用している アプリケーション

Communicator

関連項目

Communicator

セキュリティを向上させるために、サインイン ウィンドウからパスワードとユーザー アカウントを消去できます。複数の人が同じコンピューターを使用する場合には特に、パスワードとユーザー アカウントを消去することが重要です。

必要に応じて、次の操作を行います。

サインイン ウィンドウからパスワードを消去する

重要: 複数のアカウントをセットアップしている場合は、それぞれのパスワードを個別に消去する必要があります。

  1. 会話ウインドウを閉じます。

  2. Communicator に既にサインインしている場合は、ネットワーク メニューの サインアウト をクリックします。

  3. アカウント ウインドウで、別のアカウントでサインインしたり、サインイン時の状態を変更するにはここをクリックしてください。 をクリックします。

  4. 電子メール アドレス ポップアップ メニューで、パスワードを消去するアカウントをクリックします。

  5. パスワードを保存する チェック ボックスをオフにします。

  6. パスワード ボックスで、パスワードを入力してから、サインイン をクリックします。

    注: パスワードを保存する チェック ボックスをオフにして キャンセル をクリックした場合には、パスワードは保存されていて、次にサインインしたときに表示されます。また、Messenger または Communicator でパスワードを消去しても、コンピューターのキーチェーンからは削除されません。キーチェーンの詳細については、Mac ヘルプを参照してください。

すべてのユーザー アカウントを消去する

不特定多数の人が使用するコンピューターからサインインした場合は、ユーザー アカウントを消去することをお勧めします。他の人がコンピュータ上でそれぞれのアカウントにサインインすることを許可した場合にも、ユーザー アカウントを消去することをお勧めします。

ユーザー アカウントを消去すると、アカウント ID、パスワード、表示アイコン、および表示名が削除されます。メンバー リストのメンバーは削除されません。

  1. 会話ウインドウを閉じます。

  2. Communicator に既にサインインしている場合は、ネットワーク メニューの サインアウト をクリックします。

  3. アカウント ウインドウで、別のアカウントでサインインしたり、サインイン時の状態を変更するにはここをクリックしてください。 をクリックします。

  4. アカウント履歴の消去 をクリックし、履歴のクリア をクリックします。

    重要: ユーザー アカウントを消去しても、保存されている会話は会話の履歴から削除されません。会話の履歴から会話を削除するには、アカウントにサインインしてから、表示 メニューの 会話の履歴 をクリックし、削除する会話を選択して、削除 ( [会話の削除] ボタン ) をクリックします。

関連項目

セキュリティに関するヒント

Communicator へのサインインとサインアウト

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×