バーンダウン レポートを作成する

バーンダウン レポートを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

バーンダウン レポートでは、予定されている作業、完了した作業、残りの作業を 1 つのグラフで比較できます。このグラフは、プロジェクト データが変更されると自動的に更新されます。自分も関係者もプロジェクトの状態をひと目で把握できるこのレポートは、簡単な手順で作成できます。

プロジェクト管理のヒント   バーンダウン レポートは、 アジャイル プロジェクト管理、特にスクラムの主要部分です。プロジェクト管理の任意のスタイルに便利なツールです。

バーンダウン レポートを作成するには、[レポート]、[ダッシュボード]、[バーンダウン] を順にクリックします。

[レポート] タブの [ダッシュボード] メニュー

バーンダウン レポートに表示する情報を取り込むためのフィールドをプロジェクトに追加することもできます。バーンダウン レポートを最大限に活用できるようにプロジェクトをセットアップするためのヒントを次に紹介します。

バーンダウン レポートをセットアップする

作業バーンダウン グラフとタスク バーンダウン グラフ

作業バーンダウン グラフをセットアップする

作業情報を取り込む

トラッキングする作業フィールドを追加する

作業バーンダウンのフィールド

作業時間

実績作業時間

累積作業時間

タスク バーンダウン グラフをセットアップする

タスク情報を取り込む

トラッキングするタスク フィールドを追加する

タスク バーンダウンのフィールド

バーンダウン レポートの書式を設定する

作業バーンダウン グラフとタスク バーンダウン グラフ

既定のバーンダウン レポートには、作業バーンダウンとタスク バーンダウンの 2 つのグラフがあります。

作業バーンダウン グラフは、これまでにどれだけの作業が完了し、プロジェクト終了日までにどれだけの作業が予定されているかを表し、プロジェクトの作業が現時点でどの程度完了しているかの基準見積もりを示します。

作業バーンダウン レポート

タスク バーンダウン グラフは、完了したタスクの数と、残りのタスクの数を示し、プロジェクトのタスクが現時点でどの程度完了しているかの基準見積もりを示します。

タスク バーンダウン レポート

ページの先頭へ

作業バーンダウン グラフをセットアップする

作業バーンダウン グラフは、どれだけの作業が完了し、どれだけの作業が残っているかを表します。残存累積作業時間の線の傾きがグラフ上で最も急である場合は、そのプロジェクトは予定よりも遅れている可能性があります。

作業時間はそのタスクを完了するために予定されている時間、実績作業時間はそのタスクに対して完了した作業の量、残存作業時間はこの 2 つの差を表します。作業時間のトラッキングの単位は、人時間または日数です。

作業情報を取り込む

作業バーンダウン グラフは作業時間の予定、完了、残存を比較するものなので、レポートを作成する前に、自分のプロジェクトでこれらの情報が取り込まれていることを確認してください。

  • リソースをタスクに割り当てます (特に、完了した作業の情報を取り込みたい場合)。これは、基準計画を設定する前に行ってください。

  • 基準計画を設定します。これは、プロジェクトのスナップショットを残すためです。バーンダウン レポート上の基準計画は、タスクや作業がいつ完了することになっているかを表します。

トラッキングする作業フィールドを追加する

  1. [表示]、[リソース配分状況] の順にクリックします。

  2. [リソース配分状況ツール] の [書式]、[詳細項目の追加] の順にクリックします。

    リソース配分状況ツールの [書式] タブの [詳細項目の追加] ボタン

  3. [利用可能なフィールド名] 領域でフィールドを 1 つ選んで [表示する] をクリックします。

    [詳細のスタイル] ダイアログ ボックスの [利用可能なフィールド] 領域

  4. 必要なフィールドをすべて選んだら、[OK] をクリックします。

作業バーンダウンのフィールド

作業時間

フィールド

説明

[作業時間] フィールド

次の時間を表します。

  • あるタスクのために予定されている、すべてのリソースの時間の合計。

  • あるリソースの、すべてのタスクのために予定されている時間の合計。

  • あるリソースの、あるタスクのために予定されている時間の合計。

[残存作業時間] フィールド

あるタスクを完了するのに、あとどれだけ時間が必要かを表します。

[基準作業時間] フィールド

あるタスク、リソース、または割り当てに対して、計画時に予定されていた作業時間を、時間の経過に沿って合計したものです。

実績作業時間

フィールド

説明

[実績作業時間] フィールド

タスクに割り当てられたリソースの 1 つによって、それまでに完了した作業の時間です。

累積実績作業時間

タスクに割り当てられたすべてのリソースによって、それまでに実際に行われた作業の時間です。

残存累積実績作業時間

このプロジェクトのタスクを完了するのにあとどれだけの作業時間が必要か (実績作業時間の累積を差し引いた後の値) を表します。

累積作業時間

フィールド

説明

[累積作業時間] フィールド

タスクに割り当てられたすべてのリソースに対して予定されている作業時間を、時間の経過に沿って累積したものです。

基準計画 0 ~ 10 累積作業時間

タスクに割り当てられたすべてのリソースに対して、基準計画で予定されている作業時間を、時間の経過に沿って累積したものです (基準計画設定時の値)。

残存累積作業時間

このプロジェクトのタスクを完了するのに、あとどれだけの作業時間が必要か (予定されている作業時間の累積を差し引いた後の値) を表します。

基準計画 0 ~ 10 残存累積作業時間

このプロジェクトのタスクを完了するのに、プロジェクトの基準計画ではあとどれだけの作業時間が必要か (基準計画で予定されている作業時間の累積を差し引いた後の値) を表します。

ページの先頭へ

タスク バーンダウン グラフをセットアップする

タスク バーンダウン グラフは、完了したタスクとまだ残っているタスクの数を表します。まだ残っているタスクの線の傾きがグラフ上で最も急である場合は、そのプロジェクトは予定よりも遅れている可能性があります。

タスク情報を取り込む

タスク バーンダウン グラフはタスク数の予定、完了、残存を比較するものなので、レポートを作成する前に、自分のプロジェクトでこれらの情報が取り込まれていることを確認してください。

  • 基準計画を設定します。これは、プロジェクトのスナップショットを残すためです。バーンダウン レポート上の基準計画は、タスクや作業がいつ完了することになっているかを表します。

  • タスクに完了のマークを付けます。そのタスクをクリックしてから、リボンの [タスク] をクリックします。達成率の値を選びます。ただし、Project のタスク バーンダウン グラフでは、達成率 100% のタスクだけが "完了" と見なされることに注意してください。

トラッキングするタスク フィールドを追加する

  1. [表示]、[タスク配分状況] の順にクリックします。

  2. [タスク配分状況ツール] の [書式]、[詳細項目の追加] の順にクリックします。

    タスク配分状況ツールの [書式] タブの [詳細項目の追加] ボタン

  3. [利用可能なフィールド名] 領域でフィールドを 1 つ選んで [表示する] をクリックします。

    [詳細のスタイル] ダイアログ ボックスの [利用可能なフィールド] 領域

  4. 必要なフィールドをすべて選んだら、[OK] をクリックします。

タスク バーンダウンのフィールド

フィールド

説明

[達成率] フィールド

タスクの現時点での進捗状況を、そのタスクの期間のパーセンテージとして表します。

[累積達成率] (タイムスケール領域のタスク フィールド)

設定された期間にわたって実行されるタスクの累積達成率です。

基準計画 0 ~ 10 残存タスク

予定されているタスクのうち、ある日付の時点で未完了のものの数 (基準計画が設定されたときの値) です。

残存実績タスク

実際のタスクのうち、ある日付の時点で未完了のものの総数です。

残存タスク

予定されているタスクのうち、ある日付の時点で未完了のものの総数です。

ページの先頭へ

バーンダウン レポートの書式を設定する

他のプロジェクト レポートと同様に、バーンダウン レポートでも、表示するデータ、色、形状を変更することができます。さらに、グラフ、表、画像を追加することもできます。

方法については、「プロジェクト レポートを作成する」を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×