バックアップ ファイルの既定の保存場所を変更する

OneNote では、ノートのバックアップが、元のノートブック ファイルと同じハード ディスク ドライブに自動的に保存されます。これにより、作業時にノートが誤って変更、破損、または削除されるのを防ぐことができます。最新のノートをすばやく簡単に復元することもできます。

ただし、ハード ディスク障害などの重大な問題から重要なノートを保護するために、OneNote バックアップ フォルダーの既定の場所を変更することを検討してください。重要なノートに適したバックアップ場所としては、セカンダリまたは外部ハード ディスク ドライブのフォルダー、USB ドライブなどのリムーバブル記憶装置、ネットワーク上の個人用フォルダーなどがあります。

コンピューターのオペレーティング システムによっては、ノートブック ファイルのバックアップは次の既定の場所のいずれか 1 つに保存されます。

  • Windows 10 の場合、ノートブックのバックアップ フォルダーは、C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\OneNote\バージョン\Backup にあります。

  • Windows Vista の場合、ノートブックのバックアップ フォルダーは、C:\Users\ユーザー名\AppData\Microsoft\OneNote\12.0\Backup にあります。

  • Microsoft Windows XP の場合、ノートブックのバックアップ フォルダーは、C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Microsoft\OneNote\Backup にあります。

バックアップ ファイルの既定の場所を変更する

  1. [ファイル]、[オプション]、[保存とバックアップ] の順にクリックします

    (OneNote 2007 を使用している場合は、[ツール]、[オプション]、[保存] の順に選びます)。

  2. [保存] の [パス] ボックスの一覧で、[バックアップ フォルダー] をクリックし、[変更] をクリックします。

  3. [フォルダーの選択] ダイアログ ボックスで、OneNote がバックアップ ファイルを保存するフォルダーの場所に移動し、[選択] をクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×