バックアップ データを復元する

受信トレイおよび連絡先をバックアップする (4) バックアップ ファイルを復元する

インポート機能を使用すると、以前に作成したバックアップ データをコンピューターに復元できます。

この記事の内容は、次のとおりです。

1. 1. バックアップ データを復元する

2. 2. CD または DVD からバックアップ データを復元する

バックアップ データを復元する

前の「バックアップ ファイルを作成する」で作成したバックアップ データを復元してみましょう。

バックアップ データを復元するには、2 とおりの方法があります。1 つは、数ステップで完了する単純な復元方法です。もう 1 つの方法では、重複するファイルの復元方法をカスタマイズしたり、復元する項目を選択したりできます。

演習: Outlook を起動する

Doctor

Outlook を起動する方法については、「アウトルックを起動してみよう、終了してみよう」を参照してください。

単純な復元

  1. [ファイル] タブをクリックし、[開く] をポイントします。次に、[Outlook データ ファイルを開く] をクリックします。

[ファイル] をクリックし、[開く] をポイントして、[outlook データ ファイルを開く] をクリックします。

[Outlook データ ファイルを開く] ダイアログ ボックスが表示されます。

  1. 復元するバックアップ データを指定します。

復元するバックアップ データを指定します。

保存先の選択ボックスを使用して、バックアップ データが保存されている場所を指定できます。この例では、[デスクトップ] を指定します。

保存先の選択ボックスで保存場所を指定します。

ファイルの一覧からバックアップ データを選択し、[OK] をクリックします。

バックアップ データが復元されます。

ヒント: パスワードを聞かれた場合はどうしますか。

Doctor

バックアップ データを作成したときにパスワードを構成した場合は、[Outlook データ ファイルのパスワード] ダイアログ ボックスが表示されます。

[outlook データ ファイルのパスワード] ダイアログ ボックス

パスワードを [パスワード] ボックスに入力し、[OK] をクリックします

復元するデータをカスタマイズする

  1. [ファイル] タブ、[開く] の順にクリックし、[インポート] をクリックします。

[ファイル]、[オプション] の順にクリックし、outlook のオプションを開きます。

[インポート/エクスポート ウィザード] ダイアログ ボックスが表示されます。

  1. [他のプログラムまたはファイルからのインポート]を選択し、[次へ] をクリックします。

    [他のプログラムまたはファイルからのインポート] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  2. 復元するバックアップ データの種類を選択します。

復元するバックアップ データの種類を選択し、[次へ] をクリックします。

この例では、[Outlook データ ファイル (.pst)]を選択し、[次へ] をクリックします。

  1. 復元するバックアップ データを指定します。

[参照] をクリックして、[outlook データ ファイルを開く] ダイアログ ボックスを表示します。

[参照] をクリックして、[Outlook データ ファイルを開く] ダイアログ ボックスを表示します。

[outlook データ ファイルを開く] ダイアログ ボックスで場所を指定します。

保存先の選択ボックスを使用して、バックアップ データが保存されている場所を指定できます。この例では、[デスクトップ] を指定します。

バックアップ データを選択し、[開く] をクリックします。

ファイルの一覧からバックアップ データを選択し、[開く]をクリックします。

[インポートするファイル] ボックスに保存場所とファイル名がさ示れます。

指定したバックアップ データの保存場所とファイル名が [インポートするファイル]ボックスに表示されます。

  1. 電子メールや連絡先などのデータが重複している場合に実行する操作を選択し、[次へ] をクリックします。

データが重複している場合は、オプションを選択して、[次へ] をクリックします。

ヒント: パスワードを聞かれた場合はどうしますか。

Doctor

バックアップ データを作成したときにパスワードを構成した場合は、[Outlook データ ファイルのパスワード] ダイアログ ボックスが表示されます。

[outlook データ ファイルのパスワード] ダイアログ ボックス

パスワードを [パスワード] ボックスに入力し、[OK]クリックします。

  1. 復元する項目を選択します。

復元する項目を選択します。

バックアップ データのすべてを復元するには、[Outlook データ ファイル]を選択します。

特定のフォルダー("受信トレイ" など) または特定の機能 ([予定表]、[連絡先] など) のデータを復元するには、復元するフォルダーまたは機能を選択します。

ヒント: [ サブフォルダーを含む ] とは何かを考えてください。

Doctor

[サブフォルダーを含む] チェック ボックスがオンの場合、データは、"受信トレイ" や "送信済みアイテム"などのフォルダー内に作成したサブフォルダーも含めて復元されます。

  1. [完了] をクリックします。

[完了] をクリックすると、バックアップ データが復元されます。

バックアップ データが復元されます。

CD または DVD からバックアップ データを復元する

CD-ROM や DVD-ROM などの外部メディアに保存されているバックアップ データを復元するには、最初にデータをコンピューターのハード ディスクにコピーする必要があります。CD-ROM や DVD-ROM などの外部メディアから直接復元することはできません。

「CD または DVD にバックアップ ファイルをコピーする」で作成したバックアップ データをコンピューターのハード ディスクにコピーしてみましょう。

この操作を行った後、「バックアップ ファイルを読み取る」と同じ手順を使用してバックアップ データを復元できます。

<< 前へ | 1 2 3 4

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×