バックアップと復元によってデータを保護する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データベースのバックアップ コピーは、システム障害が発生した場合にデータベース全体を復元したり、[元に戻す] コマンドだけでは操作ミスを取り消せない場合にオブジェクトを復元したりするときに必要となります。

データベースのバックアップ コピーは、データやデザインの損失を防いで時間を節約する手段であり、記憶域を無駄に使用するわけではありません。データベースを更新するユーザーが複数いる場合、バックアップを定期的に作成することは重要です。バックアップ コピーがないと、破損または不足しているオブジェクトや、データベース デザインの変更を復元できません。

この記事の内容

定期的なバックアップを計画します。

データベースのバックアップ

分割データベースをバックアップします。

データベースを復元します。

データベース内のオブジェクトを復元します。

定期的なバックアップを計画する

いくつかの変更や誤りを元に戻すことはできません、ために、データベースのバックアップ コピーが作成した必要があることに気づく前に発生するデータが失われるを待ちますしたくないです。たとえば、使用すると、 アクション クエリレコードを削除する、またはデータを変更するのには、クエリによって更新された任意の値を元に戻すを使用して復元できません。

ヒント: 特に、アクション クエリで大量のデータを変更または削除する場合は、その前にバックアップを作成することをお勧めします。

データベースを複数のユーザーが共有しているときは、バックアップを実行する前にすべてのユーザーがデータベースを閉じていることを確認して、データのすべての変更が保存されるようにします。

データベースのバックアップ コピーを作成する頻度は、通常、データベースに大きな変更を加える頻度によって異なります。頻度を決定する目安は次のとおりです。

  • データベースがアーカイブや参照用で、ほとんど変更しない場合は、デザインやデータを変更するときにバックアップを作成するだけで十分です。

  • アクティブなデータベースで、データを頻繁に変更する場合は、スケジュールを作成してデータベースを定期的にバックアップします。

  • データベースを複数のユーザーが共有している場合は、デザインを変更するたびにデータベースのバックアップ コピーを作成します。

    注: データがリンク テーブルのリンク テーブルを含むプログラムで、使用可能なバックアップ機能を使用して、バックアップを作成します。リンク テーブルを含むデータベースが Access データベースである場合は、分割データベースのバックアップ] セクションでは、手順を使用します。

ページの先頭へ

データベースをバックアップする

Access でデータベースをバックアップする場合は、デザイン ビューで開いているオブジェクトが保存されて閉じられ、データベース ファイルのコピーが指定の名前と場所で保存されます。

注: オブジェクトが再度開かれるときには、オブジェクトの "既定のビュー" プロパティで指定された値に従います。

  1. バックアップ コピーを作成するデータベースを開きます。

  2. [ファイル] タブをクリックします。

  3. [保存して発行] をクリックします。

  4. [データベースに名前を付けて保存] 領域で、[詳細設定] の [データベースのバックアップ] をクリックします。

  5. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [ファイル名] ボックスで、データベース バックアップの名前を確認します。

    名前は必要に応じて変更できますが、既定の名前には、元のデータベース ファイルの名前とバックアップを作成した日付の両方が含まれています。

    ヒント: 

    バックアップからデータまたはオブジェクトを復元するときには、バックアップ元のデータベースと、バックアップの作成時期を確認する必要があります。したがって、通常は既定のファイル名を使用することをお勧めします。

  6. [ファイルの種類] ボックスの一覧で、データベース バックアップを保存する際のファイルの種類をクリックし、[保存] をクリックします。

ページの先頭へ

分割データベースをバックアップする

通常、分割データベースは、2 つのデータベース ファイルで構成されます。1 つはバックエンド データベースで、テーブル内のデータのみを格納します。もう 1 つはフロントエンド データベースで、バックエンド データベースのテーブルへのリンク、クエリ、フォーム、レポートなどのデータベース オブジェクトを格納します。データはすべてバックエンド データベースに保存され、クエリ、フォーム、レポートなどのユーザー インターフェイス オブジェクトはすべてフロントエンド データベースに保存されます。

分割データベースをバックアップするときには、フロントエンド データベースとバックエンド データベースを別個にバックアップする必要があるので、頻繁にバックアップを行うと時間がかかります。バックエンド データベースにはデータが保存されているため、定期的にバックアップすることが重要です。フロントエンド データベースは、デザインを変更したときにバックアップします。フロントエンド データベースはユーザーごとにそのコピーを保持してデザインを独自に変更できるため、各ユーザーがフロントエンド データベースのバックアップ コピーを作成するよう指導します。

バックエンド データベースをバックアップする

バックアップ プロセスの実行にはデータベース ファイルへの排他的アクセスが必要であり、バックアップ プロセスの実行中はユーザーがバックエンド データベースを使用できなくなる場合があるため、バックアップ プロセスを開始する前にユーザーに通知します。

  1. バックエンド データベースだけを開くには、Access を起動し、データベースは開きません。

  2. [開く] をクリックし、バックアップするバックエンド データベース ファイルを選択します。

  3. [開く] の横の矢印をクリックし、[排他モードで開く] をクリックします。

    特定のデータベースを排他的に開くためのオプション

  4. [ファイル] タブをクリックします。

  5. [保存して発行] をクリックします。

  6. [データベースに名前を付けて保存] 領域で、[詳細設定] の [データベースのバックアップ] をクリックします。

  7. [データベースに名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [ファイル名] ボックスで、データベース バックアップの名前を確認します。

データベース バックアップの既定の名前を確認します。名前は必要に応じて変更できますが、既定の名前は元のデータベース ファイル名とバックアップの作成日で構成されます。

ヒント: 

バックアップからデータまたはオブジェクトを復元するときには、バックアップ元のデータベースと、バックアップの作成時期を確認する必要があります。したがって、通常は既定のファイル名を使用することをお勧めします。

  1. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、バックエンド データベースのバックアップ コピーの保存場所を選択し、[保存] をクリックします。

フロントエンド データベースをバックアップする

デザインを変更した後、フロント エンド データベースをバックアップするにデータベースを開いたまま、デザインを変更した後すぐにします。次のデータベースのバックアップ手順 2 で開始するセクションの手順を実行します。

ページの先頭へ

データベースを復元する

注: データベースを復元できるのは、データベースのバックアップ コピーがある場合のみです。

バックアップとは、データベース ファイルの "問題がないことがわかっているコピー" を指します。これは、データ整合性およびデザインに信用性があるコピーです。バックアップの作成には Access の [データベースのバックアップ] コマンドを使用しますが、データベースの復元には、問題がないことがわかっている任意のコピーを使用できます。たとえば、USB 外付けバックアップ デバイスに保存されているコピーからデータベースを復元できます。

データベース全体を復元すると、破損したり、データに問題があったり、完全に失われたデータベース ファイルがデータベースのバックアップ コピーで置き換えられます。

  1. エクスプローラーを起動し、問題がないことがわかっているデータベース コピーに移動します。

  2. 破損しているデータベースや失われたデータベースを置き換える場所に、問題がないことがわかっているコピーをコピーします。既存のファイルを置き換えるかどうかを確認するメッセージが表示された場合は、既存のファイルを置き換えます。

ページの先頭へ

データベース内のオブジェクトを復元する

データベース内の 1 つまたは複数のオブジェクトだけを復元する必要がある場合は、復元対象のオブジェクトが含まれる (または失われている) データベースに、データベースのバックアップ コピーからオブジェクトをインポートします。

重要: 復元するデータベースに含まれるオブジェクトに他のデータベースまたはプログラムからリンクが設定されている場合、データベースを正しい場所に復元することは非常に重要です。誤った場所に復元すると、データベース オブジェクトへのリンクが機能しなくなり、更新が必要になります。

  1. オブジェクトを復元するデータベースを開きます。

  2. 失われたオブジェクトを復元する場合は、手順 3. にスキップします。データが正しくなくなったり失われているオブジェクトや正常に機能しなくなったオブジェクトを置き換える場合は、次のいずれかの操作を行います。

    1. 復元したオブジェクトと比較するために現在のオブジェクトを復元後も残す場合は、復元する前にオブジェクトの名前を変更します。たとえば、破損したフォームの名前が "Checkout" であれば、これを "Checkout_bad" に変更します。

    2. 置き換えるオブジェクトを削除します。

      注: データベース オブジェクトを削除するときは、データベース内の他のオブジェクトにリンクされている可能性があるため、常に慎重に行う必要があります。

  3. [外部データ] タブの [インポートとリンク] で、[Access] をクリックします。

  4. [外部データの取り込み - Access データベース] ダイアログ ボックスで [参照] をクリックしてバックアップ データベースをクリックし、[開く] をクリックします。

  5. [現在のデータベースにテーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、モジュールをインポートする] をオンにして、[OK] をクリックします。

  6. [オブジェクトのインポート] ダイアログ ボックスで、復元するオブジェクトの種類に対応するタブをクリックします。たとえば、テーブルを復元する場合、[テーブル] タブをクリックします。

  7. オブジェクトをクリックして選択します。

  8. 複数のオブジェクトを復元する場合は、復元するすべてのオブジェクトが選択されるまで手順 6. と手順 7. を繰り返します。

  9. オブジェクトをインポートする前にインポート オプションを確認する場合は、[オブジェクトのインポート] ダイアログ ボックスの [オプション] をクリックします。

  10. オブジェクトとインポート設定オプションを選択したら、[OK] をクリックしてオブジェクトを復元します。

バックアップの作成を自動化するには、ファイル サーバー バックアップ ソフトウェアや USB 外部バックアップ デバイスなど、ファイル システムの自動バックアップを実行する製品の使用をお勧めします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×