ハングアウト Meet から Skype for Business に切り替える

ハングアウト Meet から Skype for Business に

ハングアウト Meet から Skype for Business に切り替える

ハングアウト Meet から Skype for Business に切り替え、共同作業を始めるには、このページを参照してください。Skype for Business でオンライン会議の作成、実行、参加を行う手順について簡単に説明しています。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Skype for Business:

  • インスタント メッセージの会話や音声またはビデオの通話を開始する。

  • 会議をスケジュールして参加する。

  • 会議中に自分や他の参加者の画面を表示する。

注: 本ガイドで説明する機能と情報は、Office 365 で利用できる Skype for Business Online に該当します。

相違点*

機能

Skype for Business

ハングアウト Meet

画面の共有

  • デスクトップを共有する

  • プログラムを共有する

  • 画面を表示する

  • ウィンドウを表示する

ビデオ通話コントロール

  • ミュート/ミュート解除

  • 通話から削除

  • ギャラリー、スピーカー、コンテンツ、およびコンパクト ビュー

  • ミュート/ミュート解除

  • 通話から削除

会議のメモ

  • OneNote との相互運用で会議のメモを取る

    • 会議出席依頼に共有のメモを追加します。参加者は、OneNote の会議のメモを表示または編集できます。

    • [自分でメモを取る] を使用して、他人には表示されない個人用のメモを会議に追加できます。

  • ハングアウト Meet には、ネイティブで使用できる会議のメモを取る機能がありません。メモを取るには、別のアプリケーションが必要です。

ホワイトボード

  • 注釈ツール

    • ノートを入力する

    • 描画

    • 消去

    • ポイント

    • 共有ホワイトボードに画像をインポートする

  • ホワイトボードのアクセス許可をダウンロードする

    • 所有者

    • 発表者

    • すべてのユーザー

  • ネイティブのホワイトボード機能はありません。ホワイトボード機能を使用するには、別のアプリケーションが必要です。

投票

  • 投票は Skype for Business に統合されています。

    • 発表者は、投票を使用して参加者から匿名の回答を集めることができます。

    • 発表者は結果を確認し、結果を非表示にするか、すべての参加者に表示することができます。

  • ハングアウト Meet にはネイティブの投票機能がありません。投票機能を使用するには、別のアプリケーションが必要です。

質疑応答マネージャー

会議中の質問に回答するための構造化された環境が用意されています。ある発表者が会議のコンテンツを発表しているときに、別の発表者が質問に回答することができます。

ハングアウト Meet にはネイティブの質疑応答機能がありません。投票機能を使用するには、別のアプリケーションが必要です。

会議の参加者

最大 250 名の参加者。

G Suite Enterprise を利用している場合は、最大 30 名の参加者でハングアウト Meet ビデオ会議を開催できます。

G Suite Basic および Business を利用している場合は、最大 25 名の参加者でハングアウト Meet ビデオ会議を開催できます。

ダイヤルイン会議

Skype for Business 会議へのダイヤルイン アクセスは 90 か国以上で使用できます。

ハングアウト Meet 会議へのダイヤルイン アクセスは米国で使用できます。

* 相違点は、2017 年 5 月の G-Suite Enterprise Edition のハングアウト Meet と Office 365 E5 プランの Skype for Business に基づいています。


Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×