ハイブリッド プロファイルの計画

SharePoint Server と Office 365 の両方がある場合、既定で、ユーザーはそれぞれの場所に別のプロファイルがあります。これにより、ユーザーがプロファイルの操作で混乱する可能性があります。Office 365 のハイブリッド プロファイルでは、ユーザーは 1 つのプロファイルですべてのプロファイル情報を管理できます。

Office Delve が Office 365 テナントに含まれる場合、ユーザー プロファイルは Delve と統合されます。ユーザーは情報と文書を検索したり、チームメイトの取り組みを確認したりできます。クラウド ハイブリッド検索を展開した場合、Delve 経由でオンプレミスの文書を検索することもできます。

SharePoint のハイブリッド展開におけるプロファイルのリダイレクト

ハイブリッド プロファイルは、ハイブリッド ユーザーを Office 365 の各自のプロファイルにリダイレクトします。これにより、ハイブリッド ユーザーは、プロファイル情報用の 1 つの場所が得られます。ハイブリッド プロファイルは、SharePoint Server 2013 と SharePoint Server 2016 の両方で使用できます。

プロファイルのリダイレクトは次のように動作します。

  • ハイブリッド ユーザーのプロファイルは Office 365 にあります。SharePoint Server でハイブリッド ユーザーのプロファイルをクリックすると、Office 365 の各ユーザーのプロファイルにリダイレクトされます (自分がハイブリッド ユーザー自身でない場合でも)。

  • ハイブリッド サイト機能を構成するときに、SharePoint 対象ユーザーを使用するように選択した場合、ハイブリッドでないユーザー (対象ユーザーに含まれないユーザー) は、各自の SharePoint Server プロファイルを維持し、Office 365 のライセンスが付与されているユーザーであれば、Office 365 にもプロファイルを保持します。

Office 365 にカスタム プロファイルのプロパティを移動する

ユーザー設定の属性を SharePoint Online ユーザー プロファイル サービスに複製することについては、多くの企業がビジネス要件を用意しています。一部のユーザー属性は Active Directory ドメイン サービスから Azure Active Directory に同期されます。Active Directory ディレクトリ サービスから Azure Active Directory に複製する属性を選択できます。ただし、Office 365 の SharePoint Online ユーザー プロファイル ストアに標準セットの属性が Azure Active Directory から複製されます。この属性のセットは、SharePointServer の場合のようなカスタマイズはできません。

SharePointServer では、Business Connectivity Services や Microsoft Identity Manager を利用し、Active Directory ディレクトリ サービスにないユーザー設定プロファイル プロパティをインポートすることがありますが、SharePoint Online ではそのようなソリューションはサポートされていません。SharePoint Online のユーザー設定プロパティについては、ユーザー プロファイルの一括更新 API を利用できます。

一括更新プロセスは次のように動作します。

  1. SharePointServer、基幹業務システム、その他の外部システムから必要なプロファイル データを集め、JSON で書式設定されたファイルを作成します。

  2. ツールにより、JSON ファイルが Office 365 にアップロードされ、インポート プロセスが待ち行列に入ります。

  3. SharePoint Online で実行されているタイマー ジョブが待ち行列に入ったインポート要求を確認し、API 呼び出しと与えられたファイルに入っている情報に基づいてインポート操作を実行します。

一括更新 API の詳細については、「Introducing Bulk UPA Custom Profile Properties Update API for SharePoint Online」 (SharePoint Online の一括 UPA カスタム プロファイル プロパティ更新 API の概要) を参照してください。

SharePoint のハイブリッド展開における Delve の利用

Delve が Office 365 テナントに含まれる場合、ユーザー プロファイルは Delve に統合され、含まれない場合は、標準の Office 365 プロファイルになります。以前に Delve を使用したことがない場合は、その詳細その管理方法を理解しておく必要があります。Delve ユーザー プロファイルには、SharePoint Online プロファイルと同じプロパティが含まれ、上のOffice 365 へのプロファイル データの移動で説明するように、同じ方法でインポートできます。

ハイブリッド プロファイルの設定

ハイブリッド プロファイルは SharePoint Server のいくつかのハイブリッド機能バンドルに含まれます。詳細については、「Hybrid sites features and OneDrive for Business (ハイブリッド サイトの機能と OneDrive for Business)」を参照してください。

関連項目

SharePoint 管理センターから SharePoint Online ユーザー プロファイルを管理する

Office Delve (Office 365 管理者向け)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×