ノートブックを手動で同期します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

共有ノートブックでは、既定で自動同期が有効になります。共有ノートブックの編集が完了するまで変更内容を他のユーザーに表示したくない場合 (まだ事実関係を確認中である場合など) は、自動同期を一時的に無効にし、後で再び有効にすることができます。

ノートブックの自動同期を無効にする

  1. を手動で同期するファイル] をクリックして >同期の状態を表示します。

  2. 共有ノートブックの同期] ダイアログ ボックスで、手動で同期] をクリックします。

    重要: このオプションを選択すると、オフラインでノートブックに加えた変更内容は同期されなくなり、OneNote 終了し、再起動しても、この設定は維持されます。ノートブックの自動同期機能を有効にするまで、オフラインでノートブックに加えた変更内容は、他のユーザーに対して表示されなくなります。

ノートブックの自動同期機能を有効にする

  1. 自動同期を復元するには、[ファイル] をクリックして >同期の状態を表示します。

  2. 共有ノートブックの同期] ダイアログ ボックスでが変更されたときに自動的に同期する] をクリックし、[すべて同期] をクリックします。

  3. 同期が完了したら、[閉じる] をクリックします。

ノートブックの自動同期を無効にする

  1. オフラインで作業するには、ファイルをクリックして >同期の状態を表示します。

  2. 共有ノートブックの同期] ダイアログ ボックスで、[オフライン] をクリックします。

    重要: このオプションを選択すると、オフラインでノートブックに加えた変更内容は同期されなくなり、OneNote 終了し、再起動しても、この設定は維持されます。ノートブックの自動同期機能を有効にするまで、オフラインでノートブックに加えた変更内容は、他のユーザーに対して表示されなくなります。

ノートブックの自動同期機能を有効にする

  1. 自動同期を復元するには、[ファイル] をクリックして >同期の状態を表示します。

  2. 共有ノートブックの同期] ダイアログ ボックスでが変更されたときに自動的に同期する] をクリックし、[すべて同期] をクリックします。

  3. 同期が完了したら、[閉じる] をクリックします。

ノートブックの自動同期を無効にする

  1. 使用しているコンピュータ上のノートブックの自動同期を無効にする対象の共有ノートブックを開きます。

  2. [ファイル] メニューの [同期] をポイントし、[オフライン作業] をクリックします。

    重要: このオプションを選択すると、オフラインでノートブックに加えた変更内容は同期されなくなり、OneNote 終了し、再起動しても、この設定は維持されます。ノートブックの自動同期機能を有効にするまで、オフラインでノートブックに加えた変更内容は、他のユーザーに対して表示されなくなります。

ノートブックの自動同期機能を有効にする

  1. 使用しているコンピュータ上のノートブックの自動同期を有効にする対象の共有ノートブックを開きます。

  2. [ファイル] メニューの [同期] をポイントし、[ノートブックの同期状態] をクリックします。

  3. [共有ノートブックの同期] ダイアログ ボックスで、[変更があったときに自動的に同期する] をクリックし、[今すぐ同期] をクリックします。

  4. ノートブックの同期が完了したら、[閉じる] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×