ノートブックの自動バックアップを有効または無効にする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

既定では、Microsoft Office OneNote 2007 はノートの自動バックアップを定期的に実行します。バックアップ ファイルを自動作成する頻度を変更でき、いつでも自動バックアップ機能を有効または無効にできます。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [オプション] ダイアログ ボックスで、[分類] ボックスの一覧の [バックアップ] をクリックします。

  3. [バックアップ] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 自動バックアップを有効にするには、[次の間隔でノートブックのバックアップを作成する] チェック ボックスをオンにして、OneNote でメモをバックアップする頻度を選択します。

    • 自動バックアップを無効にするには、[次の間隔でノートブックのバックアップを作成する] チェック ボックスをオフにします。

注: バックアップ ファイルの名前には、ファイルを作成した日付が含まれます。たとえば、2007 年 12 月 1 日に作成される "会議" というノートブック セクションのバックアップ ファイルには、"会議.one (2007-12-01).one" という名前が自動的に付けられます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×