ノートブックの同期状態を表示します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

オンラインのノートブックを共有したときに OneNote では、それらが自動的に同期され、最新の状態。変更を手動で同期する場合、共有ノートブックに多くの変更を加えたし、がシャット ダウンお使いのコンピューターの前にOneDriveまたは SharePoint にアップロードされたしたかどうかを確認する: ここでは方法。

  1. 共有ノートブックで、[ファイル]、[情報]、[同期状態の表示] の順に選びます。

  2. [共有ノートブックの同期] ダイアログ ボックスで、接続している共有ノートブックについて調べます。

  3. ノートブックが同期されていない可能性がある場合は、[今すぐ同期] または [すべて同期] を選びます。

注: 同期すると、許可された他のユーザーが前回の更新以降に加えた変更内容もすべてダウンロードされます。

ノートブックの同期に問題が生じた場合は、同期の問題をトラブルシューティングすることができます。

この記事の内容

ノートブックの同期について

ノートブックの同期状態を確認します。

同期エラーをトラブルシューティングします。

移動または正しく配置されなかったセクションを削除します。

ノートブックの同期について

Microsoft OneNote 2010 では、コンピューターに保存されているノートブックを使用しているときに変更内容が一定の間隔で自動的に保存されます。ただし、他のコンピューターまたは他のユーザーと共有するために Web または組織のネットワークに共有ノートブックを設定した場合、変更内容の保存と管理の方法が異なります。

共有ノートブックにアクセスするそれぞれのコンピューター上で、ローカルにキャッシュされた共有ノートブックのコピーが保持され、共有の場所に保存されているノートブック ファイルとの間で変更内容の同期が定期的に実行されます。このプロセスを制御する設定は変更できます。また、全員の変更が共有ノートブックに正確に反映されるようにするために、発生する可能性のある特定の競合を解決することもできます。

ページの先頭へ

ノートブックの同期状態を確認する

OneNote では、通常、共有ノートブックが一定の間隔で自動的に同期されます。ナビゲーション バーの共有ノートブック アイコンの上に、現在の同期の状態を示す同期の状態アイコンが表示されます。

変更内容を同期中です    丸の中に 2 つの緑色の矢印を含むこのアイコンは、自分が加えた変更を共有の場所にあるノートブック ファイルと同期しようとするたびに表示されます。

変更内容の同期が完了しました    丸の中に 2 つの緑色の矢印を含み、緑色のチェック マークが付いたこのアイコンは、自分が加えた変更が共有場所にあるノートブック ファイルと正常に同期されたときに表示されます。同期が正常に完了すると、他のユーザーがノートの最新バージョンを表示できるようになります。

変更内容を同期できません    黄色の三角形の警告マークが付いたこのアイコンは、直前の同期試行で同期エラーが発生した場合に表示されます。エラーの原因を表示するには、ナビゲーション バーの共有ノートブック アイコンを右クリックし、[ノートブックの同期状態] をクリックします。詳細については、この記事の「同期エラーのトラブルシューティングを行う」を参照してください。ノートブックでエラーが発生していないセクションについては、同期が続行されます。また、いずれのセクションに対しても変更を加えることができ、これらの変更はエラーが解決された後に同期されます。

変更内容を同期できません    赤い丸に斜め線の付いたこのアイコンは、共有ノートブックが保存されている場所に接続していないときに表示されます。ネットワーク接続がないか、または共有の場所にあるサーバーからの応答がないことが考えられます。共有の場所に接続されていない場合でも、共有ノートブックのローカル コピーを自分のコンピューター上で編集できます。オフラインで加えた変更は、共有場所への次回の接続時に自動的に同期されます。

注: 共有ノートブックを同期するには、OneNote が実行されている必要があります。コンピューターがネットワーク上の共有場所に接続されていても、OneNote が閉じていると、コンピューター上の共有ノートブックは、OneNote を次回起動するまで同期されません。

ノートブックの自動同期を有効または無効にする

共有ノートブックの場所が一時的に使用できなくなった場合や、現在作業しているノートブックに他のユーザーの変更が表示されないようにする場合は、次の手順を実行することで、ノートブックの自動同期を無効にできます。

  1. [ファイル] メニューの [情報] をクリックします。

  2. 右側で、[同期の状態の表示] をクリックします。

  3. 表示される [共有ノートブックの同期] ダイアログ ボックスで、[オフライン作業] をクリックします。これにより、変更の同期が無効になり、他のユーザーによってノートブックに加えられた変更が表示されなくなります。この設定は、手動でノートブックを同期するか、または自動同期を再び有効にするまで維持されます。

ページの先頭へ

同期エラーのトラブルシューティングを行う

共有ノートブックの特定のセクションが正常に同期できない場合は、[共有ノートブックの同期] ダイアログ ボックスにエラー メッセージが表示されます。

  1. ナビゲーション バーで、チェックする共有ノートブックのアイコンを右クリックし、[ノートブックの同期状態] をクリックします。

  2. 表示される [共有ノートブックの同期] ダイアログ ボックスで、[エラー] タブをクリックします。

注: 特定のセクションでエラーが発生している場合でも、同じノートブック内の他のセクションは正常に同期されます。

ページの先頭へ

正しく配置されなかったセクションを移動または削除する

OneNote 2010 において、セクション ファイルが見つからないノートブック セクションへの変更を同期しようとすると、正しく配置されなかったセクションが発生することがあります。このような場合は、ナビゲーション バーの下部付近に、[正しく配置されなかったセクション] アイコンが表示されます。

ボタン イメージ

次のような場合も、正しく配置されなかったセクションとして処理されることがあります。

  • 別のユーザーによって共有場所から削除されたセクションに変更を加えた場合。

  • 別のユーザーによって別の場所へ移動されたセクションに変更を加えた場合。使用しているコンピュータで現在開いているセクションが別の共有ノートブックへ移動された場合、OneNote によってセクション ファイルが再検出され、移動先でその変更内容の同期が再開されます。このように、変更内容の同期が再び行われるようになると、[正しく配置されなかったセクション] アイコンは表示されなくなります。

正しく配置されなかったセクションは、セクションの新しい場所が検出されるか、セクションがユーザーによって移動または削除されるまでの間、共有ノートブックに残ります。

正しく配置されなかったセクションを別のノートブックへ移動する

共有ノートブック内の同期されなくなったセクションに含まれる情報を保存しておくには、そのセクションを別のノートブックへ移動します。これにより、そのセクションは共有ノートブックから削除されますが、その内容は保持されます。

  1. 移動するセクションのタブをマウスの右ボタンでクリックし、ショートカット メニューの [移動] をクリックします。

  2. [セクションの移動先] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 現在のセクションを別のセクションの前へ移動するには、リストでそのセクションのタブをクリックし、[前に移動] をクリックします。

    • 現在のセクションを別のセクションの後へ移動するには、リストでそのセクションのタブをクリックし、[後に移動] をクリックします。

    • 現在のセクションをセクション グループに移動するか、または既存のセクションが含まれていないノートブックへ移動するには、移動先のセクション グループまたはノートブックを一覧でクリックし、[フォルダに移動] をクリックします。

      ヒント: 新しいセクション グループを作成する場合は、現在のセクションを移動する前に、セクション グループを作成する場所を一覧で選択し、[新しいセクション グループの作成] をクリックします。

正しく配置されなかったセクションをノートブックから削除する

共有ノートブック内のセクションが意図的に削除され、変更内容の同期または保存を行う必要がなくなった場合は、次の操作を行います。

  1. ナビゲーション バーの下部にある、 ボタン イメージ正しく配置されなかったセクション] をクリックします。

  2. 正しく配置されなかったセクションのリストで、削除するセクションの名前をマウスの右ボタンでクリックし、[削除] をクリックします。

    重要: 正しく配置されなかったセクションを削除すると、それに含まれる情報は完全に破棄されます。正しく配置されなかったセクションを完全に破棄しても問題がないかどうか確信がない場合は、正しく表示されなかったセクションを削除する代わりにノートブックの別の場所に移動することができます。

ページの先頭へ

目的に合ったトピックをクリックしてください

同期の状態を表示します。

同期設定を変更します。

同期の競合を解決します。

任意の正しく配置されなかったセクションを確認します。

同期の状況を表示する

通常の状態では、共有ノートブックの同期は自動的および定期的に行われます。[ノートブック] ナビゲーション バーに、各共有ノートブックの現在の同期の状況を示すアイコンが表示されます。

[変更の同期] アイコン  OneNote が変更を同期させる   OneNote の共有ノートブックを同時に編集している他のユーザーと加えた変更を同期しようとしたときに、このアイコンが表示されます。同期中に、ネットワーク接続を切断またはお使いのコンピューターをシャット ダウンをお勧めします。

最新の状態に同期アイコン  OneNote には、変更の同期が完了したら   共有ノートブックに加えた変更は、共有の場所にあるノートブック ファイルと同期されたときに、このアイコンが表示されます。同期が正常に終了すると、他のユーザーは、ノートの最新バージョンを確認できます。

[オフライン作業中] アイコン  変更の同期が完全に OneNote   共有ノートブックが保存されている場所に接続していない場合、または最新の同期中にエラーが発生した場合は、このアイコンが表示されます。失敗の原因を表示するには、ノートブックのナビゲーション バーで、[ノートブックの名前の上にポインターを置くし、ヒントが表示されるを待ちます。共有の場所に接続していない場合、コンピューターにまだ選択されているノートブックのローカル コピーを編集できます。オフラインで加えた変更は自動的に同期されます次回、共有の場所に接続します。

注: 共有ノートブックを同期するには、OneNote が実行されている必要があります。使用しているコンピュータがネットワーク上の共有場所に接続されていても、OneNote を実行していなければ、共有ノートブックは同期されません。

同期エラーを確認する

  1. [ファイル] メニューの [同期] をポイントし、[ノートブックの同期状態] をクリックします。

  2. [共有ノートブックの同期] ダイアログ ボックスの [エラー] タブをクリックします。

注: 共有ノートブックの一部のセクションが正常に同期されなくても、そのノートブックの他のセクションは同期されます。

ページの先頭へ

同期の設定を変更する

一般的に、ノートブックの同期は自動的に行うのが理想的ですが、必要に応じて、共有場所でノートブックに加えた変更内容を同期させるタイミングを調整することもできます。これは、すぐに同期する必要がある場合に便利です (コンピュータをシャット ダウンする直前など)。また、変更内容や追加内容が、公開できる状態になるまで他のユーザーに対して表示されないようにする必要がある場合は、自動同期を中止することもできます。

共有ノートブックを手動で同期する

  • [ファイル] メニューの [同期] をポイントし、次のいずれかの操作を行います。

    • [すべてのノートブックを今すぐ同期] をクリックして、[ノートブック] ナビゲーション バーに表示されているすべての共有ノートブックを同期します。

    • [現在のノートブックを同期] をクリックして、現在編集しているノートブックのみを同期します。

ノートブックの自動同期を無効にする

既定では、共有ノートブックの自動同期は有効になっています。共有ノートブックの編集が終了するまで変更内容を他のユーザーに公開したくない場合は (まだ事実関係を確認中である場合など)、自動同期を無効にすることができます。

  1. 使用しているコンピュータ上のノートブックの自動同期を無効にする対象の共有ノートブックを開きます。

  2. [ファイル] メニューの [同期] をポイントし、[オフライン作業] をクリックします。

    重要: このオプションを選択すると、オフラインでノートブックに加えた変更内容は同期されなくなり、OneNote 終了し、再起動しても、この設定は維持されます。ノートブックの自動同期機能を有効にするまで、オフラインでノートブックに加えた変更内容は、他のユーザーに対して表示されなくなります。

ノートブックの自動同期機能を有効にする

  1. 使用しているコンピュータ上のノートブックの自動同期を有効にする対象の共有ノートブックを開きます。

  2. [ファイル] メニューの [同期] をポイントし、[ノートブックの同期状態] をクリックします。

  3. [共有ノートブックの同期] ダイアログ ボックスの [自動的に同期する] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

ページの先頭へ

同期の競合を解決する

共有場所にあるノートブックへの接続が切断された場合や、ネットワーク障害が発生した場合は、ノートブックの所有者またはその他のユーザーが手動で同期の競合を解決する必要があります。

通常、別のユーザーと同時にノート内の同じ段落を変更しようとしたり、別のユーザーの変更内容が同期されているときに変更を試みたりすると、競合が発生することを警告するメッセージが表示されます。また、別のユーザーもオフラインで同じ段落を変更していた場合は、エラー メッセージが表示されることがあります。

このような場合、エラー メッセージは、黄色の情報バーに表示されます。また、競合が発生しているページにアイコンが表示されます。

OneNote で共有ノートブックの競合を解決するには、次の操作を行います。

  1. ページの上部にある黄色の情報バーをクリックして競合ページを開き、競合している変更内容 (赤色で強調表示) を確認します。

  2. 必要に応じて、変更内容をメイン ページに取り込みます。

  3. 変更内容の取り込みが終了したら、競合ページのタブをマウスの右ボタンでクリックし、ショートカット メニューの [削除] をクリックして競合ページを削除します。

注: 競合は、すぐに解決する必要はありません。競合が発生しているページは、競合が発生した後も、その共有ノートブックに変更が加えられるたびに同期されます。競合ページは、競合を解決するまでノートブック セクションに残されたままとなります。また、競合ページは、その共有ノートブックを使用するすべてのユーザーのコンピュータに表示されるため、任意のユーザーが競合を解決することができます。

ページの先頭へ

正しく配置されなかったセクションを処理する

セクション ファイルが存在しないノートブック セクションへの変更内容の同期が試みられると、正しく配置されなかったセクションとして処理されることがあります。このような場合、[ノートブック] ナビゲーション バーの下部にある [すべてのノートブック] アイコンの上に [正しく配置されなかったセクション] が表示されます。

次のような場合も、正しく配置されなかったセクションとして処理されることがあります。

  • 別のユーザーによって共有場所から削除されたセクションに変更を加えた場合。

  • 別のユーザーによって別の場所へ移動されたセクションに変更を加えた場合。使用しているコンピュータで現在開いているセクションが別の共有ノートブックへ移動された場合、OneNote によってセクション ファイルが再検出され、移動先でその変更内容の同期が再開されます。このように、変更内容の同期が再び行われるようになると、[正しく配置されなかったセクション] アイコンは表示されなくなります。

移動したセクションが移動先で再検出されるまで、または正しく配置されなかったセクションが任意のユーザーによって削除または移動されるまで、正しく配置されなかったセクションは共有ノートブックに残されたままとなります。

正しく配置されなかったセクションを削除する

共有ノートブック内のセクションが意図的に削除され、変更内容の同期または保存を行う必要がなくなった場合は、次の操作を行います。

  1. [ノートブック] ナビゲーション バーの下部にある [正しく配置されなかったセクション] をクリックします。

  2. 正しく配置されなかったセクションのリストで、削除するセクションの名前をマウスの右ボタンでクリックし、[削除] をクリックします。

    重要: 正しく配置されなかったセクションを削除すると、それに含まれる情報は完全に破棄されます。正しく配置されなかったセクションを完全に破棄しても問題がないかどうか確信がない場合は、正しく表示されなかったセクションを削除する代わりにノートブックの別の場所に移動することができます。

正しく配置されなかったセクションを別のノートブックへ移動する

共有ノートブック内の同期されなくなったセクションに含まれる情報を保存しておくには、そのセクションを別のノートブックへ移動します。これにより、そのセクションは共有ノートブックから削除されますが、その内容は保持されます。

  1. 移動するセクションのタブをマウスの右ボタンでクリックし、ショートカット メニューの [移動] をクリックします。

  2. [セクションの移動先] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 現在のセクションを別のセクションの前へ移動するには、リストでそのセクションのタブをクリックし、[前に移動] をクリックします。

    • 現在のセクションを別のセクションの後へ移動するには、リストでそのセクションのタブをクリックし、[後に移動] をクリックします。

    • 現在のセクションをセクション グループに移動するか、または既存のセクションが含まれていないノートブックへ移動するには、移動先のセクション グループまたはノートブックを一覧でクリックし、[フォルダに移動] をクリックします。

      ヒント: 新しいセクション グループを作成する場合は、現在のセクションを移動する前に、セクション グループを作成する場所を一覧で選択し、[新しいセクション グループの作成] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×