ノートをバックアップする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

を使用するが、常に、コンピューターのファイルとデータの残りの部分と同じように、ノートブックをバックアップする必要があるときに、OneNote はノートを自動的に保存します。ユーザー、場所をハード ドライブのクラッシュが発生することし、する場合、ノートがられます廃止ずっと。ノートブックをバックアップしてできますにノートを復元する必要がある場合。

注: 自動バックアップは、Windows デスクトップ版の OneNote でのみ使用することができます。現在、OneNote Online または OneNote を別のプラットフォームで使用している場合は、www.onenote.com にアクセスして、OneNote の Windows 版 OneNote 2016 を無料でダウンロードすることができます。

ファイルを保存する場所を選んで、自動バックアップを設定します。 コンピューターのハード ドライブ以外の場所を選ぶようにしてください。

  1. [ファイル]、[オプション] の順に選びます。

  2. [OneNote オプション] ダイアログ ボックスで、[保存とバックアップ] を選びます。

  3. 右側の [保存] で、[バックアップ フォルダー]、[変更] の順に選びます。

    OneNote 2016 の [OneNote のオプション] ダイアログ ボックスのスクリーンショット。

  4. [フォルダーの選択] ダイアログ ボックスで、バックアップ フォルダーに移動します。たとえば、ネットワーク上の個人用フォルダーや、USB ドライブを使うことができます。

  5. [選択] を選んで新しい場所を決定して、[OK] をクリックします。

OneNote でノートブック ファイルが毎週自動的にバックアップされます。重要なノートをこまめに取る場合は、[OneNote オプション] ダイアログ ボックスで他の [保存とバックアップ] の設定を調整して、バックアップの回数を増やすことができます。

ヒント: 後でバックアップの場所を変更するには、前の手順を繰り返します。

ページの先頭へ

ノートブックを手動でバックアップする

ノートブックでなくすと困る情報をたくさん追加または変更した場合は、いつでも手動バックアップを実行できます。

  1. [ファイル]、[オプション] の順に選びます。

  2. [OneNote オプション] ダイアログ ボックスで、[保存とバックアップ] を選びます。

  3. 右側の [保存] で、[すべてのノートブックを今すぐバックアップ] を選びます。

    OneNote 2016 の [OneNote のオプション] ダイアログ ボックスのスクリーンショット。

  4. バックアップが完了したことを知らせるメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。

ほとんどの場合、最も新しいノートのセットが最も重要と思われます。ただし、時間の経過に伴ってバックアップ機能を使って重要なノートをアーカイブする場合は、新しいバックアップで以前のバックアップ セットを上書きしないようにしてください。これらのオプションは、[OneNote のオプション] ダイアログ ボックスの [保存とバックアップ] 設定で [保持するバックアップの数] を調整して設定できます。

ページの先頭へ

Microsoft Office OneNote 2007 によってノートのバックアップ コピーが自動的に作成されます。前回のバックアップの後に変更されたセクションのみがもう一度バックアップされます。維持するバックアップ コピーの数、バックアップ コピーを作成する頻度、バックアップ コピーを保存する場所は、変更することができます。ノートはまた、いつでも手動でバックアップすることができます。このバックアップ ファイルを使用してノートを復元することができます。

注: OneNote のバックアップ ファイルの既定の保存場所は、元のノートブック ファイルの場合と同じコンピューター上のハード ディスク ドライブとなります。重要な情報または機密情報を定期的に処理する場合は、バックアップ ファイルの場所を、別のハード ディスク ドライブか、またはネットワーク上の個人専用フォルダーに変更することをお勧めします。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ノートブックの自動バックアップを有効または無効にする

保存するバックアップの数を変更する

バックアップ ファイルの既定の保存場所を変更する

変更したすべてのファイルを手動でバックアップする

すべてのノートブックを手動でバックアップする

ノートブックの自動バックアップを有効または無効にする

既定では、OneNote は、ノートを一定の間隔で自動的にバックアップします。バックアップ ファイルが自動的に作成される頻度は変更することができます。また、自動バックアップ機能はいつでもオンまたはオフにすることができます。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [オプション] ダイアログ ボックスの [カテゴリ] ボックスの一覧で [バックアップ] をクリックします。

  3. [バックアップ] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 自動バックアップをオンにするには、[次の間隔でノートブックのバックアップを作成する] チェック ボックスをオンにし、OneNote がノートをバックアップする頻度を選択します。

    • 自動バックアップをオフにするには、[次の間隔でノートブックのバックアップを作成する] チェック ボックスをオフにします。

注: バックアップ ファイルの名前には、バックアップ ファイルが作成された日付が含められます。たとえば、2007 年 12 月 1 日に作成した "Meetings" と呼ばれるノートブック セクションのバックアップ ファイルは、"Meetings.one (On 12-1-2007).one" という名前で自動的に作成されます。

ページの先頭へ

保存するバックアップの数を変更する

既定では、OneNote はノートのバックアップ コピーを 2 つ保存します。最新のコピーと最後から 2 番目のコピーです。保存するバックアップ コピーの数は、増やすことも減らすこともできます。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [オプション] ダイアログ ボックスの [カテゴリ] ボックスの一覧で [バックアップ] をクリックします。

  3. [バックアップ] の [保持するバックアップの数] ボックスに、OneNote が保存するノートのコピー数を入力します。

ページの先頭へ

バックアップ ファイルの既定の保存場所を変更する

元のノートブック ファイルの場合と同じのハード ディスク ドライブにノートブックのバックアップを保存すると、作業中にノートを誤って変更したり、破損したり、削除したりするのを防ぐことができます。また、ノートの復元を迅速かつ簡単に行うことができます。ただし、重要なノートをより効果的に保護するには、OneNote のバックアップ フォルダーの既定の場所を変更してください。適切なバックアップの場所としては、別個のハード ディスク ドライブ、リムーバブル ハード ディスク ドライブ、ネットワーク上の個人専用のフォルダーなどが挙げられます。

コンピューターのオペレーティング システムによっては、ノートブック ファイルのバックアップは次の既定の場所のいずれか 1 つに保存されます。

  • Microsoft Windows XP の場合、ノートブックのバックアップ フォルダーは、C:\Documents and Settings\user name\Local Settings\Application Data\Microsoft\OneNote\Backup にあります。

  • Microsoft Windows Vista の場合、ノートブックのバックアップ フォルダーは、C:\Users\user name\AppData\Microsoft\OneNote\12.0\Backup にあります。

バックアップ ファイルの既定の保存場所を変更するには、次の操作を行います。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [オプション] ダイアログ ボックスの [カテゴリ] ボックスの一覧で [保存] をクリックします。

  3. [保存] の [パス] ボックスの一覧で、[バックアップ フォルダー] をクリックし、[変更] をクリックします。

  4. [フォルダーの選択] ダイアログ ボックスで、OneNote がバックアップ ファイルを保存するフォルダーの場所に移動し、[選択] をクリックします。

ページの先頭へ

変更したすべてのファイルを手動でバックアップする

注: OneNote がバックアップ ファイルを保存する場所を表示または変更するには、「バックアップ ファイルを保存する既定の場所を変更する」の手順に従います。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [オプション] ダイアログ ボックスの [カテゴリ] ボックスの一覧で [バックアップ] をクリックします。

  3. [バックアップ] で、[変更されたファイルを今すぐバックアップ] をクリックします。

ページの先頭へ

すべてのノートブックを手動でバックアップする

注: OneNote がバックアップ ファイルを保存する場所を表示または変更するには、「バックアップ ファイルを保存する既定の場所を変更する」の手順に従います。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [オプション] ダイアログ ボックスの [カテゴリ] ボックスの一覧で [バックアップ] をクリックします。

  3. [バックアップ] で、[すべてのノートブックを今すぐバックアップ] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×