発表者のノートを作成する

ノートの印刷方法または発表者ツールの使用方法

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

発表中に自分用のノートを参照するには、それらをノート形式で印刷するか、またはノート PC で発表者ツールを使って、[ノート] 領域にノートを表示させることができます。

スライドのサムネイルと共にノートを印刷する

印刷ページあたり 1 つだけのノート ページを印刷することに注意してください。

  1. [ファイル] をクリックして >印刷します。

  2. [プリンター] で、目的のプリンターを選びます。

  3. [設定] の [フル ページ サイズのスライド] の隣にある下向き矢印をクリックし、[印刷レイアウト] の下で [ノート] をクリックします。

  4. [印刷] をクリックします。

スライドのサムネイルなしのノートを印刷する

印刷ページあたり 1 つだけのノート ページを印刷することに注意してください。

  1. [表示] をクリックして >ノート ページにノート表示の各スライドを表示します。

  2. スライドのサムネイルを各ノートのページから削除します。各のノート ページにスライドのサムネイルをクリックし、Delete キーを押します。これは、; プレゼンテーションからスライドを削除しません。ノート ページからのスライドのサムネイルだけ削除します。

  3. [ファイル] をクリックして >印刷します。

  4. [プリンター] で、目的のプリンターを選びます。

  5. [設定] で、フル ページ サイズのスライド] の横にある下向き矢印をクリックし、[印刷レイアウト] で [ノート] をクリックします。[印刷] をクリックします。

さらに情報が必要ですか?

発表者のノートを作成し、印刷する

発表者ビューを使う

スライド ショーの実行時に発表者のノートを表示する

スライド、ノート、配布資料を印刷する

発表中にノートを参照するには、ノート ページとして印刷するか、ラップトップ コンピューター、ノート領域は、ここにノートを表示する [発表者ビューを使用します。

ノートを印刷するには、クリックするか、自分、または、[対象ユーザーの配布資料としてファイル印刷する、印刷ビューを開きますします。

印刷オプション] で印刷するレイアウトの種類を選択する [ページ レイアウト] ボタンを探します。横の矢印をクリックします。

印刷レイアウト] で [ノート] をクリックします。

プレビューでノートのページを参照してください。

ノート ページ] の順にクリックして、印刷用に期待どおりの表示になっていることを確認して、次のページの矢印をクリックします。

、スクロール バーをドラッグすると、最初のページに戻るにはされます。

] 画面の下部にある、印刷イメージの色のオプションを選択するには、この矢印をクリックします。

カラー プリンターに接続して、[なりますオプション。

カラーで印刷する必要がない場合は、グレースケールなど、ブラックとホワイトのオプションのいずれかを選択します。

また、ヘッダーとフッターのノート ページのプレビューに注意してください。

されます拡大、これらはさらに表示されるようにします。

日付のヘッダーとページ番号フッターがあります。

これらを編集する場合は、一番下、編集のヘッダーとフッター] をクリックします。

ダイアログ ボックスでオプションを変更し、[すべてに適用] をクリックします。

ここではキャンセルがクリックされます。

印刷の準備ができたら、[印刷] をクリックします。

Word では、ノートを印刷する方法など、印刷オプションの詳しい内容は、コースのまとめこのコースの最後を参照してください。

これで場合も、発表者ビューを使用する発表、参加者には、スライドのみを表示するときに、ビュー内でノートを参照することができます。

発表者ビューの場合は、ここでは、現在表示されているスライドと、発表者のノートが表示されます。

次が表示されたら、スライド 2 を示します。

次のスライドに進めるには、右矢印をクリックします。

[今すぐここでノートを参照する、スライド 2 に説明します。

ノートの文字数に制限はありません。

行うには、ノート領域より大きい側に [端をポイントし、または双方向矢印カーソルをドラッグします。

テキストを大きくには、大きな 'A'] ボタンをクリックします。小さくするために、小さい 'A'] ボタンをクリックします.

発表者ビューを使用するには、[スライド ショー ] タブをクリックし、[発表者ツールを使用してがオンになっていることを確認します。

ラップトップ コンピューターに複数のモニターの機能がある場合は、だけプロジェクターに接続し、[スライド ショー ] をクリックします。

ラップトップ コンピューターのプロジェクター スライド ショー ビューが表示されますが、発表者ビューが表示されます。

プロジェクターまたは 2 つ目のモニターの演習 run-through の発表者ビューを開くには、スライド ショー] をクリックし、右クリックし、[発表者ビューを表示] をクリックします。

リハーサル中に、ノートを変更する場合、標準のビューを編集するようにに戻るには必要があります。

発表者ビューを閉じて、変更を行うには Esc キーを押します。

次に、引き続き発表者ビューを再度開きます。

発表中に発表者のノートを使用するための基本的なツールがあるようになりました。

詳細については、コースのまとめを参照してくださいし、PowerPoint と詳細な実験します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×