ネームサーバーを変更して Amazon Web Services (AWS) で Office 365 をセットアップする

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

探している内容が見つからない場合は、ドメインに関する FAQ を確認してください。

Office 365 での Office 365 の DNS レコードを管理する場合は、次の手順に従います。(場合、できますAWS にある、すべての Office 365 の DNS レコードを管理する。)

次を行う必要があります。

確認のための TXT レコードを追加する

Office 365 でドメインを使うには、ドメインを所有していることを確認する必要があります。ドメイン レジストラーで自分のドメインで自分のアカウントにログインし、DNS レコードを作成することができれば、Office 365 に対してドメインを所有していることを確認することができます。

注: このレコードは、ドメインを所有していることを確認するためだけに使用されます。その他には影響しません。必要に応じて、後で削除することができます。

  1. まず、このリンクを使って AWS でドメイン ページにアクセスします。 最初にログインするように求められます。

  2. [Resources] ページで、[Hosted Zones] を選びます。

  3. [Hosted Zones] ページの [Domain Name] 列で、編集するドメイン名を選びます。

  4. [Create Record Set] を選びます。

  5. [Create Record Set] 領域にある新規レコードのボックスに、次の表の値を入力するか、コピーして貼り付けます。

    [Type] と [Routing Policy] の値をドロップダウン リストから選びます。

    ヒント: 画面の手順で必要な疑問符は、自動的に挿入されます。 手動で入力する必要はありません。

    Name

    Type

    Alias

    TTL (秒)

    Value

    ルーティング ポリシー

    (このフィールドは空にしてください)

    TXT - テキスト

    No

    300

    MS=msXXXXXXXX

    注: これは、例を示します。特定の宛先またはポイント先のアドレスから値をここでは、Office 365 でテーブルを使用します。 この検索どうですか?

    Simple/標準

  6. [Create] を選びます。

  7. 数分待つと、続行できます。この間、作成したレコードがインターネット全体で更新されます。

これで、ドメイン レジストラーのサイトでレコードが追加されました。Office 365 に戻り、Office 365 にレコードの検索をリクエストします。

Office 365 で正しい TXT レコードが見つかった場合、ドメインは確認済みとなります。

  1. Office 365 管理センターで、[セットアップ] を選びます >ドメイン

  2. [ドメイン] ページで、確認するドメインを選びます。

  3. [セットアップ] ページで、[セットアップの開始] を選びます。

  4. [ドメインの確認] ページで、[確認] を選びます。

注: 通常は約 15 分 DNS 変更を反映するがかかります。ただし、場合によっては長い時間がかかるのインターネットの DNS システム全体で更新に対して行った変更します。DNS レコードを追加した後、メール フローやその他の問題に問題が発生した場合は、検索して自分のドメインまたは Office 365 で DNS レコードを追加した後の問題を修正するを参照してください。

ドメインのネーム サーバー (NS) レコードを変更する

Office 365 でドメインをセットアップするには、Office 365 のプライマリ ネーム サーバーとセカンダリ ネーム サーバーを参照するよう、ドメインの NS レコードをドメイン レジストラーで変更します。これで、ドメインの DNS レコードを更新するように Office 365 で設定されます。メール、Skype for Business Online、一般向け Web サイトをドメインで利用できるようにすべてのレコードを追加し、すべての設定を完了します。

注意: Office 365 のネーム サーバーを指すように、ドメインの NS レコードを変更すると、自分のドメインが関連付けられているすべてのサービスが影響を受けます。たとえば、(@ドメイン.com できません) と同様に、自分のドメインに送信されたすべてのメールでは、この変更を加えた後で Office 365 に登場開始されます。

重要: 

  • 次の手順では、一覧から、他の不要なネーム サーバーを削除する方法および表示されていない場合、正しいネーム サーバーを追加する方法を表示します。

  • このセクションの手順を完了すると、この 4 つは、ネーム サーバーのみが登録されている必要があります。

  • ns1.bdm.microsoftonline.com

  • ns2.bdm.microsoftonline.com

  • ns3.bdm.microsoftonline.com

  • ns4.bdm.microsoftonline.com

  1. まず、このリンクを使って AWS でドメイン ページにアクセスします。 最初にログインするように求められます。

  2. [Resources] ページで、[Hosted Zones] を選びます。

  3. [Hosted Zones] ページの [Domain Name] 列で、編集するドメイン名を選びます。

  4. [Nameserver] レコード セットを選びます。

    レコード セットを選択します。

  5. [Value] ボックスの [NS - Name server] レコード セットで、すべてのネームサーバーを選んでキーボードの Delete キーを押して削除します。

    注意: 4 つの正しいネーム サーバー以外の既存のネーム サーバーがある場合にのみ、次の手順に従います。(つまりは現在、ネーム サーバーのみを削除ns1.bdm.microsoftonline.comns2.bdm.microsoftonline.comns3.bdm.microsoftonline.com、またはns4.bdm.microsoftonline.comに名前を持っていません)。

    選択し、すべての値] ボックスに、ネーム サーバーを削除します。

  6. [TTL (秒):] 領域で、[1h] (1 時間) を選択します。

    1h 1 時間] をクリックします。

  7. [Value] ボックスの [NS - Name server] レコード セットで、次の表の第 1 行の値を入力するかコピーして貼り付けてからキーボードの Enter キーを押し、次のの値を入力するかコピーして貼り付けます。

    重要: 次の図のように、[Value]ボックスでは、各ネームサーバーの値を別々の行に入力する必要があります。

    第 1 行

    ns1.bdm.microsoftonline.com

    この値は、末尾がピリオド (.) でなければなりません

    第 2 行

    ns2.bdm.microsoftonline.com

    この値は、末尾がピリオド (.) でなければなりません

    第 3 行

    ns3.bdm.microsoftonline.com

    この値は、末尾がピリオド (.) でなければなりません

    第 4 行

    ns4.bdm.microsoftonline.com

    この値は、末尾がピリオド (.) でなければなりません

    Ttype] または [値] ボックスの最初の行の値の貼り付け

  8. [Save Record Set] を選びます。

    レコード セットを保存] をクリックします。

注: ネーム サーバー レコードの更新がインターネットの DNS システム全体に反映されるまでに、最大で数時間かかる場合があります。Office 365 のメールと他のサービスの準備が完了し、ドメインで利用できるようになります。

さらにサポートが必要な場合

Office 365 コミュニティ フォーラムで情報を入手 管理者向け: サインインとサービス リクエストの作成 管理者向け: 電話サポート
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×