ネットワークの場所またはアプリに基づいてアクセスを制御する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

特定のドメインに属していないデバイス上の OneDrive コンテンツおよび SharePoint コンテンツへのユーザー アクセス、およびデバイスの状態を確認しないアプリのファイルへのユーザー アクセスをブロックするには、OneDrive 管理センターのデバイス アクセス ページを使用します。

OneDrive 管理センターのデバイス アクセス] タブ

ネットワークの場所に基づいてアクセスを制御する

OneDrive ファイルにユーザーがアクセスする場合にアクセスを許可する特定の IP アドレスまたは IP アドレス範囲を選択することができます。たとえば、ユーザーが OneDrive ファイルにアクセスする場合に、組織が所有しているネットワーク アドレスしか使用できないようにしたい場合があります。

定義されたネットワーク上の場所からのみアクセスを許可するには
  1. [ネットワークの場所に基づいてアクセスを制御する] の [特定の IP アドレス特定からのみアクセスを許可する] チェック ボックスをオンにします。

  2. [編集] をクリックします。

  3. CIDR 表記を使用して、許可する IP アドレスの範囲を入力します。たとえば、「172.16.0.0, 192.168.1.0/27, 2001:4898:80e8::0/48」と入力します。1 行に 1 つの IP アドレス範囲を入力し、重複する IP アドレスがないことを確認します。

  4. デバイス アクセス ページの [保存] をクリックします。

先進認証を使用しないアプリからのアクセスを制御する

一部のサード パーティ製アプリや、Office 2013 より前のバージョンの Office では、先進認証を使用しないため、デバイス ベースの制限を適用することができません。すなわち、それらのアプリでは、Azure で構成された条件付きアクセス ポリシーをユーザーがバイパスできるということです。

先進認証を使用しないアプリからのアクセスをブロックするには
  1. [デバイスベースの制限を適用できないアプリからのアクセスを制御する] の [先進認証を使用しないアプリからのアクセスを許可する] チェック ボックスをオフにします。

  2. [保存] をクリックします。

関連項目

OneDrive for Business のモバイル アクセスを管理します。

新しい OneDrive 管理センターの使用

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×