ネットワークの使用率の OneDrive の同期クライアントの計画

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この記事は、IT 管理者が、OneDrive の同期クライアントの展開を計画し、同期に必要なネットワーク帯域幅のユーザーを見積もる学んだりします。IT 管理者でない場合次のファイルを同期するために、ネットワークの帯域幅を制限するには、この記事に示す手順: OneDrive の同期クライアントをアップロードまたはダウンロードの速度を変更します。

組織で必要なネットワーク帯域幅を推定します。

同期クライアントを完全に展開するときに使用される帯域幅を推定する次の手順に従います。

  1. ユーザーと同期クライアントを配置するはユーザーごとのコンピューターの数を評価します。各インストールは、3 つの同期中のコンピューターを持つユーザーが同期中に 1 台のコンピューターを持つユーザーとして帯域幅 3 回表を使うように、帯域幅を乗算します。

  2. 利用可能な帯域幅の評価とネットワークの状態を表示します。

  3. それぞれの同期状態の中にパイロット グループの同期クライアントのネットワークの使用率を測定します。

展開する場合、必要に応じて、同期スループットのコントロールにポリシーを使用します。

使用可能な帯域幅、およびネットワークの条件を評価します。

Microsoft メッセージ アナライザーなどのツールまたは実績をダウンロードして、ユーザー エクスペリエンス スループットのアップロードを理解するには、Wireshark や Fiddler などのサードパーティの速度のテスト ツールを活用することができます。

パケット損失、待機時間、およびその他の要因も OneDrive のアップロードに影響を及ぼすできエクスペリエンスをダウンロードできます。たとえば、大規模なネットワークまたはネットワークには、多くの損失の可能性のある機能性が低下 OneDrive アップロードすると、およびさらに高帯域幅のエクスペリエンスをダウンロードが発生しているネットワークは (1000 Mbps など)。損失と待機時間が、同じネットワークとそれらのユーザーの行動 (ダウンロードまたはアップロード サイズの大きなファイルなど) に記載されているユーザーの数に基づいて可能性が高いは異なります。

帯域幅の同期クライアントを使っては主ファイルのアップロードおよびダウンロード トラフィックおよびファイルのサイズと同期するファイルの数には、通常、密接に関連付けられたします。このため、帯域幅の使用は、SharePoint ドキュメント ライブラリのファイルのサイズによってし、任意のファイルの変更の単価を掛けたを同期する選択して、ユーザーの OneDrive のファイルの数によって異なります。(ファイルの変更を確認して、アプリの更新プログラムのチェック) などの他の同期クライアントのトラフィックが最低限します。

メジャー パイロット グループの同期クライアントのネットワークの使用率

パイロット グループを作成する場合は、ユーザーは、別の地理的な場所と同様に、組織内のユーザーの別のプロファイルの代表者を確認します。グループを確立するには。

  • ファイル、一般的なファイルのサイズ、ファイルの種類、ライブラリごとの合計サイズ、どのくらいの頻度ファイルが変更され、新しいファイルを追加する間隔の数を予測します。

  • 次のようには、各同期状態のときに、ネットワークの使用率を評価します。

  • 全体の組織のニーズを推定して、もう一度、見積もりを検証するテストするパイロット グループから測定値を使用します。各組織は異なります。

最初の展開とチーム サイトの初回の同期

ユーザーは、2 回目の位置をダウンロードするときの帯域幅使用にスパイクします。このスパイクを避けるためには、 OneDrive のファイルのオンデマンドを有効にします。これにより、ユーザーがダウンロードせずにエクスプ ローラーでファイルを参照できます。

以下を参照してくださいし、ファイルのオンデマンド機能が有効にする場合に、従来の同期の場合、ネットワークの使用率のパターンを比較します。

OneDrive の同期クライアント ネットワーク読み込み Patterns_C3_20171013135024

操作の同期

初回の同期が完了したら、ネットワークの使用量が増減し、[平準化します。

注:

  • ネットワークの使用状況は、最も頻繁に同期するファイルの種類によって異なります。変更のみをアップロードまたはダウンロード ユーザーは、Office ファイルを変更するときにしてファイル全体を処理するのではありません。他の種類のファイルには、全体のファイルがアップロードまたはダウンロードします。

  • トラフィックとユーザーは、オンライン作業ファイルの通常の稼働時間中に高いになります。

同期スループットのコントロール

同期クライアントのトラフィックを制御する必要がある場合は、サービス (QoS) ポリシーまたは Windows QoS ポリシー可能な場合は、ネットワークの品質の使用をお勧めします。ネットワーク上の同期クライアントのトラフィックを効率よく管理を提供します。これらのポリシーを使用できない場合は場合、は、同期クライアントから提供されたネットワーク スループットのポリシーを使用またはユーザーがそのスループットの設定を選択できるようにします。ネットワークの設定についての情報をユーザーに使用できるように、 OneDrive の同期クライアントをアップロードまたはダウンロード単価の変更を表示できます。

アップロード比較的低速インターネット接続の帯域幅を保護するために Windows QoS ポリシーを使用できます。

  • 異なるサービス コード ポイント (DSCP) 値を割り当てる、ネットワーク デバイスでのトラフィックの適切な処理を有効にする OneDrive の同期クライアントから発信されたネットワーク パケットします。

  • OneDrive の同期クライアントに到達可能な最大アップロード スループットを制限します。

DSCP を使用して、トラフィックを優先順位付け

ネットワーク トラフィックの優先度を定義するには、特定の差別化サービス コード ポイント (DSCP) 値を持つ QoS ポリシーを設定できます。ネットワーク ルーターでは、DSCP 値を使用して、ネットワーク パケットを分類し、適切なキューを決定します。大きな値では、パケットの優先度の高いを示します。キューとそれらの優先順位付けの動作の数は、組織の QoS 戦略の一部として設計する必要があります。

OneDrive の同期クライアントの Windows QoS ポリシーを作成します。

ネットワークの帯域幅の使用を管理するには、特定の調整単価の送信トラフィックの QoS ポリシーを設定できます。調整するには、QoS ポリシーに指定された速度に発信ネットワーク トラフィックが制限されます。

  1. グループ ポリシーの管理コンソールを開きます。

  2. 新しいポリシーを作成する場所を参照します。たとえば、「クライアント」という名前の OU (組織単位) ですべてのクライアント コンピューターがある場合 OU「クライアント」の新しいポリシーを作成する必要があります。

  3. 場所を右クリックし、[このドメインに GPO を作成する] とリンクする] をクリックします。

  4. 新しい GPO ] ダイアログ ボックスで、(たとえば、「OneDrive の同期クライアント」) の [名前] ボックスに新しいグループ ポリシー オブジェクトの名前を入力し、[ OK] をクリックします。

  5. ポリシーを右クリックし、[編集] をクリックします。

  6. グループ ポリシー管理エディターで、コンピューターの構成、展開ポリシーWindows の設定]を展開、ポリシーに基づく QoS] を右クリックし、新規ポリシーの作成] をクリックします。

  7. ポリシーに基づく QoS] ダイアログ ボックスで、 [名前] ボックス (たとえば、「OneDrive の同期クライアント」) で新しいポリシーの名前を入力します。

  8. DSCP 値の指定を選択し、0 と、組織の QoS 戦略に基づいて 63 の適切な値を設定します。

  9. 調整レートの送信] ボックスに、KBps での単価を入力し、[次へ] をクリックします。

  10. この実行可能ファイル名を持つアプリケーションのみを選択し、入力 OneDrive のみに QoS ポリシーを適用するには、"onedrive.exe"と同期クライアント処理します。[次へ] をクリックします。

  11. 任意の IP アドレスのソース宛先の IP アドレスの両方が選択され、[次へ] をクリックするようにします。これら 2 つの設定は、パケットを管理することを確認するコンピューターに関係なく (IP アドレス)、パケットを送信して、パケットをどのコンピューター (IP アドレス) が表示されます。

  12. この QoS ポリシーを適用するプロトコルを選択] ボックスの一覧で、[ TCP] を選択します。任意のポートから任意の宛先を選択したままにします。[完了] をクリックします。

OneDrive のグループ ポリシー オブジェクトを使用します。

ネットワーク スループットのコントロール OneDrive の同期クライアントに組み込まれているポリシーを使用することもできます。OneDrive のインストール ディレクトリ、%localappdata%\microsoft\onedrive\buildnumber\adm\ にこれらのポリシーを利用できます。(な番号が [バージョン情報] タブで番号の表示の同期クライアントの設定です)。

これらのポリシーについての情報を参照してください。

OneDrive.exe が使用するアップロードの最大スループットを設定する

ダウンロードの最大スループット OneDrive.exe を使用する設定します。

OneDrive.exe のアップロードのスループットの最大のパーセントを設定します。

関連トピック

Office 365 のネットワーク計画とパフォーマンスのチューニング

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×