スキップしてメイン コンテンツへ

ネストした数式を 1 レベルずつ検証する

ネストされた数式では、途中の計算や論理テストが複数あるため、最終的な計算結果がどのように算出されたかを理解することが難しい場合があります。 ただし、[数式の検証] ダイアログ ボックスを使用すると、ネストされた数式の各部分を数式が計算される順序で確認できます。 たとえば、次のような中間結果が表示されている場合、数式 = IF (AVERAGE (F2: F5) >50、SUM (G2: G5)、0) を理解するのは簡単です。

ダイアログ ボックスに表示される各ステップ

説明

=IF(AVERAGE(F2:F5)>50,SUM(G2:G5),0)

ネストされた数式が最初に表示されます。 この例では、AVERAGE 関数と SUM 関数が IF 関数内にネストされています。

=IF(40>50,SUM(G2:G5),0)

F2 ~ F5 のセル範囲には、55、35、45、25 の値があるため、AVERAGE(F2:F5) 関数の結果は 40 になります。

=IF(False,SUM(G2:G5),0)

40は50よりも大きくないため、IF 関数の最初の引数 (論理式引数) の式は false になります。

0

IF 関数が 3 番目の引数 (偽の場合の引数) を返します。 SUM 関数は、IF 関数 (真の場合引数) の2番目の引数であり、式が true の場合にのみ返されるため、評価されません。

  1. 数式を検証するセルを選びます。 一度に 1 つのセルのみが検証できます。

  2. [数式] タブの [ワークシート分析] で [数式の検証] をクリックします。

    [数式] タブの [ワークシート分析]

  3. [検証] をクリックし、下線が表示されている参照の値を確認します。 検証結果は斜体で表示されます。

    数式の下線が表示されている部分が他の数式への参照の場合、[ステップ イン] をクリックすると、その数式が [検証] ボックスに表示されます。 [ステップ アウト] をクリックすると、前のセルと数式に戻ります。

    注: 同じ参照が数式で二度目に表示されるとき、または数式で他のブックのセルが参照されている場合、[ステップ イン] ボタンは使用できません。

  4. 数式の各レベルが検証されるまで、この操作を繰り返します。

  5. 検証結果を再確認するには、[再び開始] をクリックします。

    検証を終了するには、[閉じる] をクリックします。

    注: 

    • IF 関数と CHOOSE 関数を使用する数式の一部は検証されず、#N/A が [検証] ボックスに表示されます。

    • 参照が空白の場合、[検証] ボックスに 0 (ゼロ) 値が表示されます。

    • 循環参照を含む数式が予期したとおりに評価されない場合があります。 循環参照が必要な場合は、反復計算を有効にすることができます。

    • ワークシートが変更されるたびに再計算される関数には 、RAND、OFFSET、CELL、INDIRECT、NOW、TODAY、RANDBETWEEN、INFO、SUMIF (いくつかの関数で) の結果が返されることがあります。シナリオ)。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

関連項目

壊れた数式のエラーを回避する方法

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×