ナビゲーション バーに表示される内容を変更する

不要なビューをそのまま表示しておく必要はありません。したがって、タスク ビューなど、使わない Outlook ビューがある場合は、ナビゲーション バーからそれを削除することができます。また、どのビューでも削除できます。ナビゲーション バーに表示される Outlook ビューの順序を変更することもできます。

Outlook のナビゲーション バー

  1. ナビゲーション バーでは、[ ナビゲーション バーの [ナビゲーション オプション] ボタン を] をクリックします。

  2. [ナビゲーション オプション] をクリックします。

    • 表示されるビューの数を変更するには、[表示アイテムの最大数] の数値を変更します。

    • ビューの順序を変更するには、ビューをクリックし、[上へ移動] または [下へ移動] をクリックします。

      [ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックス

表示できるビュー名をナビゲーション バーにドラッグして、順序を並び替えることもできます。

注: Outlook 2013およびOutlook 2016の場合は、ctrl キーを押しながら 8 キーを押して履歴を表示できます。ナビゲーション バーで表示されません。

コンパクト ビュー

Outlookウィンドウの高さを最大化するには、コンパクト ナビゲーションを使用することができます。これにより、 ナビゲーション バーを削除し、 フォルダー ウィンドウの下部にあるビューが一覧表示します。

  1. ナビゲーション バーでは、[ ナビゲーション バーの [ナビゲーション オプション] ボタン を] をクリックします。

  2. [ナビゲーション オプション] をクリックします。

  3. [コンパクト ナビゲーション] ボックスをオンにします。

[ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックスの [コンパクト ナビゲーション]

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×