ナビゲーション ウィンドウの表示と非表示を切り替える

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データベースを Microsoft Office Access 2007 で開くと、それが前のバージョンの Access で作成されたデータベースであっても、既定でナビゲーション ウィンドウが表示されます。開いているデータベースで、ナビゲーション ウィンドウの表示と非表示をいつでも切り替えることができます。また、開いているデータベースで既定のオプションを変更して、次にデータベースを開いたときにナビゲーション ウィンドウが表示されないようにすることもできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ナビゲーション ウィンドウを非表示を切り替える

ナビゲーション ウィンドウをデータベースを開くときに表示されないようにします。

ナビゲーション ウィンドウの表示と非表示を切り替える

表示されているナビゲーション ウィンドウを閉じると、使用できる作業領域が広くなります。

  • ナビゲーション ウィンドウで [シャッター バーを開く/閉じる] をクリックするか、F11 キーを押します。

ナビゲーション ウィンドウ (閉じている状態と開いている状態)

ページの先頭へ

データベースを開いたときにナビゲーション ウィンドウが表示されないようにする

  1. データベースを開きます。

  2. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Access のオプション] をクリックします。

  3. [カレント データベース] カテゴリをクリックし、[ナビゲーション] の [ナビゲーション ウィンドウを表示する] チェック ボックスをオフにします。

  4. [OK] をクリックします。オプションの効果を有効にするには、データベースをいったん閉じてから再度開く必要があります。

注: データベースでスイッチボード (データベース内を移動するためのボタンやリンクがあるフォーム) などの画面を使用するか、データベース内のオブジェクトを他の方法で開く場合を除き、ナビゲーション ウィンドウを非表示にすることはお勧めできません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×