ナビゲーション ウィンドウの個人用フォルダの名前を変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Outlook で複数の個人用フォルダー ファイル (.pst) を同時に開くと、どのフォルダ セットがどの .pst ファイルに属しているかを識別することが困難になる可能性があります。これは、既定では、すべての .pst ファイルが "個人用フォルダ" という名前でナビゲーション ウィンドウに表示されるためです。

.pst ファイルを識別しやすくするために、個人用フォルダの既定の名前を一意のわかりやすい名前に変更できます。この操作は、新しい .pst ファイルを作成するとき、または .pst ファイルを開いて Outlook ナビゲーション ウィンドウに表示しているときに実行できます。

この記事の内容

複数の .pst ファイルの操作の概要

新しい .pst データ ファイルを作成するときに、個人用フォルダーのフォルダー名を変更します。

ナビゲーション ウィンドウで既存の個人用フォルダーのフォルダーの名前を変更します。

複数の .pst ファイルの操作の概要

Office Outlook アイテムをコンピュータに保存するときには、個人用フォルダー ファイル (.pst) というファイルが使用されます。1 つ以上の .pst ファイルのアイテムを同時に開いて表示できます。

多くのユーザーは 1 つの .pst ファイルしか使用しないため、ナビゲーション ウィンドウに表示される最上位のフォルダ名が、既定の "個人用フォルダ" のままでも操作に支障はありません。ただし、複数の .pst ファイルを作成する場合は、既定の名前を変更しないと、開いた .pst ファイルのそれぞれに対して、最上位フォルダに同じ "個人用フォルダ" という名前が表示されます。このため、どのフォルダ セットがどのデータ ファイルに属するかを識別するのが困難になる可能性があります。

なぜ 2 つの .pst ファイルが必要になるのでしょうか。これには、古いアイテムのアーカイブ、ファイルのサイズを縮小する目的で 2 つ目の .pst ファイルへのアイテムの移動、別の .pst ファイルへの送信済みアイテムのアーカイブ、大量の電子メール メッセージが生成されるプロジェクトでの作業など、いくつかの理由が考えられます。

注: Outlook の古いアイテムの整理機能を使用すると、古いアイテムを格納する追加の .pst ファイルが作成されますが、最上位フォルダに "個人用フォルダ" という名前は使用されません。この場合は "保存フォルダ" という名前になります。

ページの先頭へ

新しい .pst データ ファイルの作成時にフォルダ名 "個人用フォルダ" を変更する

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[Outlook データ ファイル] をクリックします。

  2. [Office Outlook 個人用フォルダ ファイル (.pst)] をクリックし、[OK] をクリックします。

  3. [Outlook データ ファイルを開くまたは作成する] ダイアログ ボックスの [ファイル名] ボックスに、作成するファイルの名前を入力し、[OK] をクリックします。

  4. [Microsoft 個人用フォルダの作成] ダイアログ ボックスの [名前] ボックスで、"個人用フォルダ" というテキストを消去し、.pst フォルダの表示名を入力します。

    この名前が、最上位フォルダ名として Outlook のナビゲーション ウィンドウに表示されます。表示名を指定すると、複数の .pst ファイルを操作するときに、異なる Outlook データ ファイルを簡単に識別できます。一意でわかりやすい名前を入力することをお勧めします。

  5. データ ファイルをパスワードで保護する場合は、[パスワード] の下の [パスワード] ボックスと [パスワードの確認] ボックスにパスワードを入力します。

    注: セキュリティの強化のために、入力時にはアスタリスクしか表示されません。

    [Microsoft 個人用フォルダの作成] ダイアログ ボックス

    1. わかりやすい名前を入力します。

    2. 必要に応じて、このデータ ファイルのパスワードを入力します。

    3. このデータ ファイルを開くたびにパスワードの入力を求めるメッセージが表示されるのを避ける場合は、[パスワードをパスワード一覧に保存する] チェック ボックスをオンにします。

    パスワード情報

    パスワードに使用できる文字数は、15 文字までです。

    パスワードには、大文字、小文字、数字、記号を組み合わせた複雑なものを使用してください。これらの文字を混在させたものになっていないパスワードは強力とは言えません。たとえば、House27 は Y6dh!et5 に比べ、推測されやすいパスワードと言えます。長さは 8 文字以上にする必要があり、理想は 14 文字以上のパス フレーズです。

    パスワードは忘れないようにしてください。パスワードを忘れた場合、マイクロソフトでパスワードを回復することはできません。紙に記録したパスワードを、保護する必要がある情報から離れた安全な場所に保管してください。

    [パスワードをパスワード一覧に保存する] チェック ボックスをオンにする場合は、別のコンピュータで .pst ファイルを開く作業が必要になったときのために、そのパスワードを覚えておいてください。このチェック ボックスは、Microsoft Windows のユーザー アカウントがパスワードで保護され、自分のコンピュータ アカウントにアクセスできるユーザーが他にいない場合にのみオンにしてください。チェック ボックスをオンにしないでパスワードを指定する場合は、Outlook を開いてこのデータ ファイルを読み込むたびに、パスワードの入力を求めるメッセージが表示されます。

    重要: [パスワード] にアクセスできる Microsoft、インターネット サービス プロバイダー (ISP)、または電子メール管理者についてもを支援することで、パスワードを忘れた場合は、.pst ファイルの内容を回復します。

ページの先頭へ

ナビゲーション ウィンドウで既存の "個人用フォルダ" の名前を変更する

  1. ナビゲーション ウィンドウで、[個人用フォルダ] をマウスの右ボタンでクリックし、ショートカット メニューの ["個人用フォルダ" のプロパティ] をクリックします。

    注: ナビゲーション ウィンドウの [メール] には、このフォルダが必ず最上位に表示されます。

  2. [詳細] をクリックします。

  3. [名前] ボックスに、「冬美の Outlook データ」のようなわかりやすい名前を入力します。

    この名前が、最上位フォルダ名として Outlook のナビゲーション ウィンドウに表示されます。表示名を指定すると、複数の .pst ファイルを操作するときに、Outlook データ ファイルを簡単に識別できます。一意でわかりやすい名前を入力することをお勧めします。

  4. [OK] を 2 回クリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×