ナビゲーション ウィンドウにユーザー設定のカテゴリおよびグループを作成して管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

使用してMicrosoft Access 2010でデータベース オブジェクトを管理する、には、ナビゲーション ウィンドウを使用します。ナビゲーション ウィンドウの以前のバージョンの代わりにデータベース ウィンドウします。作成することもユーザー設定のカテゴリとグループ、ナビゲーション ウィンドウで、使用する方法、データベース オブジェクトを整理できるようにします。、たとえば、提供できますのみを表示するには、ユーザーが必要なオブジェクトへのショートカットに簡単にタスクを維持するようにします。

ここでは、ナビゲーション ウィンドウでユーザー設定のカテゴリおよびグループを作成および管理する方法について説明します。

注:  ナビゲーション ウィンドウは、Web ブラウザーでは使用できません。ナビゲーション ウィンドウを Web ブラウザーで使うには、まず Access を使用してデータベースを開く必要があります。

この記事の内容

概要

ユーザー設定のカテゴリおよびグループを作成します。

グループとカテゴリのオブジェクトを非表示にするし、表示

削除して、ユーザー設定のグループのオブジェクトを復元します。

概要

実行し、目的のオブジェクトを管理するデータベース ウィンドウを使用して Access 2003 以前のバージョンで、テーブル、レポート、フォーム、およびなど、データベースのします。たとえば、レポート ウィザードを開始またはデータ入力フォームのデザインを変更する場合は、あなたが、データベース ウィンドウからします。

データ入力フォームや毎週作成するレポートなど、一連のオブジェクトをわかりやすく配置して簡単に使用できるようにする場合には、メニュー フォームを使用していました。メニュー フォームとは、フォームやレポートを開くなどの目的のボタンやハイパーリンクが表示される、小さな画面です。メニュー フォームを使用するのは、ユーザーに表示しないデータベース オブジェクトや、ユーザーの操作で損傷する可能性のあるデータベース オブジェクトを隠すためです。たとえば、基になるテーブルのデータをユーザーが変更できなくする場合には、メニュー フォームのみを表示するようにデータベースを構成することで、適切なツール以外をユーザーが使用できないようにします。

Access 2007 以降では、データベース ウィンドウの代わりにナビゲーション ウィンドウを使用します。ナビゲーション ウィンドウは、次のような点で、データベースを簡単にすばやく使用できるようになっています。

  • [ウィンドウでは、表示、データベース内のオブジェクトを保持します。    その他の画面の背後にあるナビゲーション ウィンドウを誤って非表示にすることはできません。

  • 他のユーザーの表示およびナビゲーション ウィンドウのカテゴリおよびグループをカスタマイズして使用するオブジェクトを管理します。    たとえば、毎金曜日朝一連の 3 つのレポートを実行します。レポートを検索するデータベース オブジェクトの長い一覧をスクロールする代わりには、ナビゲーション ウィンドウでユーザー設定のカテゴリを作成し、そのカテゴリでこれらのレポートをショートカットに配置できます。

  • ニーズに合わせて、ナビゲーション ウィンドウでデータベース オブジェクトを整理します。    最大 10 個のユーザー設定のカテゴリを作成して変更したり、いつでも、ユーザー設定のカテゴリを削除します。

ページの先頭へ

ユーザー設定のカテゴリおよびグループを作成する

ユーザー設定のカテゴリを作成すると、開いているデータベースに対して作成され、そのデータベースと共に移動します。ユーザー設定のカテゴリとユーザー設定のグループを他のデータベースに転送することはできません。

ユーザー設定のカテゴリとユーザー設定のグループを作成し管理するには、[ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックスを使用します。その手順を以下に説明します。

  • まず、ユーザー設定のカテゴリを作成します。[ユーザー設定のカテゴリ] というカテゴリは自動的に作成されます。そのカテゴリの名前を変更して、必要に合わせてグループを追加または削除できます。または、いつでも新しいカテゴリを作成できます。

  • カテゴリを作成したら、その新しいカテゴリのグループを作成します。

  • [ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックスを閉じ、ナビゲーション ウィンドウで、ユーザー設定のグループに割り当てるデータベース オブジェクトをドラッグするか、コピーして貼り付けます。ドラッグまたはコピーは、[割り当てられていないオブジェクト] と呼ばれる、ユーザー設定のカテゴリを作成すると自動的に作成される特別なグループから行います。

    注: [割り当てられていないオブジェクト] からユーザー設定のグループにデータベース オブジェクトを追加すると、そのオブジェクトへのショートカットが作成されます (オブジェクト自体は移動またはコピーされません)。ユーザー設定のグループ内のショートカットの名前変更や削除を行っても、それらの変更はオブジェクト自体には適用されず、そのオブジェクトのショートカットにだけ適用されます。

  • ユーザー設定のグループを作成し終わったら、表示したくない [割り当てられていないオブジェクト] グループや他のグループを非表示にできます。

ユーザー設定のカテゴリを作成する

  1. ナビゲーション ウィンドウの最上部にあるメニューを右クリックし、[ナビゲーション オプション] をクリックします。

  2. [ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックスの [カテゴリ] ボックスの下にある [項目の追加] をクリックします。新しいカテゴリが一覧に表示されます。次の図は、新しいユーザー設定のカテゴリを示しています。

    ナビゲーション ウィンドウの新しいユーザー設定のカテゴリ

  3. 新しいカテゴリの名前を入力し、Enter キーを押します。

    データベースを使用する人にとってわかりやすい名前を付けます。名前を付けると、右側のリストの標題がその名前に合わせて変更されます。たとえば、新しいカテゴリに "My Switchboard" という名前を付けた場合、標題は ["My Switchboard" のグループ] となります。さらに、リストには、[割り当てられていないオブジェクト] というグループも含まれています。既定で作成されるグループです。このグループには、データベース内のすべてのオブジェクトが含まれており、これらのオブジェクトを使用してユーザー設定のグループを作成します。

    ユーザー設定のカテゴリを作成したら、そのカテゴリのグループを 1 つまたは複数作成します。作成できるグループ数に制限はありません。[ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックスを開いたままにし、次の手順に従ってください。

ユーザー設定のグループを作成する

  1. 「グループ名」のグループ] ボックスの一覧で、[グループの追加] をクリックし、[グループの名前を入力します。このプロセスに必要な回数だけ繰り返してできます。たとえば、個人用のスイッチ ボードが 3 つのグループを含めることができます: データ入力フォーム、レポート、およびクエリ。ユーザー、または独自の環境設定] のニーズには、この段階で追加するグループを制御する必要があります。

  2. [割り当てられていないオブジェクト] の横にあるチェック ボックスをオンのままにし、[OK] をクリックします。[ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックスが閉じ、新しいユーザー設定のグループがナビゲーション ウィンドウに追加されますが、新しいグループは表示されません。

  3. 次の手順に従って、新しいグループを表示し、オブジェクトをグループに追加します。

ユーザー設定のグループにオブジェクトを追加する

  1. ナビゲーション ウィンドウの最上部のメニューをクリックし、メニューの上部にある新しいカテゴリをクリックします。カテゴリに作成したグループが、[割り当てられていないオブジェクト] グループと共にメニューの下部に表示されます。

  2. [割り当てられていないオブジェクト] グループで、ユーザー設定のグループで使用する項目を選択し、そのグループに移動します。選択した項目を移動する方法にはいくつかあります。

    • 項目を個別にドラッグします。

    • Ctrl キーを押しながら複数の項目をクリックします。次に、ユーザー設定のグループに項目をドラッグします。

    • 選択された項目のいずれかを右クリックし、[グループに追加] をポイントしてユーザー設定のグループの名前をクリックします。

完了したら、ナビゲーション ウィンドウの [割り当てられていないオブジェクト] グループを表示したままにしたり、非表示にしたりできます。

[割り当てられていないオブジェクト] グループを非表示にする

  1. ナビゲーション ウィンドウの最上部にあるメニューを右クリックし、[ナビゲーション オプション] をクリックします。

  2. [<カテゴリ> のグループ] ウィンドウで、[割り当てられていないオブジェクト] チェック ボックスをオフにします。

ユーザー設定のカテゴリとユーザー設定のグループを作成し、そのグループにショートカットを追加したら、そのショートカットを使用して別のグループを作成できます。その手順を以下に説明します。

既存のユーザー設定のグループ内のオブジェクトを使用して新しいユーザー設定のグループを作成する

注: 最初に、前のセクションで説明した手順に従って、ユーザー設定のカテゴリとユーザー設定のグループを作成します。

  1. ユーザー設定のカテゴリとユーザー設定のグループをナビゲーション ウィンドウで開き、新しいグループに配置するオブジェクトを右クリックします。

  2. [グループに追加] をポイントし、[新しいグループ] をクリックします。

    ナビゲーション ウィンドウで、新しいグループが表示されます。 ナビゲーション ウィンドウの新しいユーザー設定のグループ 新しいグループの名前を入力し、必要に応じてその他のショートカットを新しいグループにドラッグします。

ページの先頭へ

カテゴリのグループとオブジェクトを表示または非表示にする

ユーザー設定のカテゴリに含まれる一部またはすべてのグループ、およびグループに含まれる一部またはすべてのオブジェクトを非表示にできます。これを行う際は、以下の点に注意してください。

  • オブジェクトを非表示にする方法は 2 つあります。1 つは、ナビゲーション ウィンドウに用意されているコマンドを使用して、親グループおよびカテゴリに対してオブジェクトを非表示にする方法、もう 1 つは、各オブジェクトのプロパティを選択して、開いているデータベースのすべてのグループおよびカテゴリに対して非表示にする方法です。

  • 隠しオブジェクトと隠しグループは、完全に非表示にすることも、使用できない淡色表示のアイコンとしてナビゲーション ウィンドウに表示することもできます。どちらにするかは、[ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックスの [隠しオブジェクトの表示] チェック ボックスのオンとオフで設定します。このチェック ボックスは、グループまたはオブジェクトを再度表示して元に戻す場合にも使用します。

以下のセクションでは、各タスクを実行する手順について説明します。

カテゴリのグループを非表示にする

  • ナビゲーション ウィンドウで、非表示にするグループのタイトル バーを右クリックし、[表示しない] をクリックします。

    注: [ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックスを使用してこのタスクを実行することもできます。ダイアログ ボックスを開きます (がわからない場合は、次のセクションの手順を参照してください方法)、し、 [「カテゴリ」のグループリストで、非表示にする] の横にあるチェック ボックスをオフにします。

カテゴリの隠しグループを表示する

  1. ナビゲーション ウィンドウの最上部にあるメニュー バーを右クリックし、ショートカット メニューの [ナビゲーション オプション] をクリックします。

  2. [カテゴリ] の一覧で、隠しグループが含まれるカテゴリを選択します。

  3. 「カテゴリ」のグループ] ボックスの一覧で、隠しグループの横にあるチェック ボックスを選択します。

  4. [OK] をクリックします。

親グループでオブジェクトを非表示にする

  • ナビゲーション ウィンドウで、オブジェクトを右クリックし、[表示しない] をクリックします。

すべてのカテゴリとグループのオブジェクトを非表示にする

  1. 非表示にするオブジェクトを右クリックし、[オブジェクトのプロパティ] をクリックします。

    [プロパティ] ダイアログ ボックスが表示され、オブジェクトの名前がダイアログ ボックスのタイトルに追加されます。たとえば、注文という名前のフォームを開くと、ダイアログ ボックスのタイトルに [注文のプロパティ] と表示されます。次の図は、このダイアログ ボックスを示しています。

    Access におけるデータベース オブジェクトの [プロパティ] ダイアログ ボックス

  2. [隠しオブジェクト] チェック ボックスをオンにします。

  3. [OK] をクリックします。

隠しオブジェクトを元に戻す (再表示する)

  1. ナビゲーション ウィンドウの最上部にあるメニューを右クリックし、ショートカット メニューの [ナビゲーション オプション] をクリックします。

  2. [表示オプション] の [隠しオブジェクトの表示] チェック ボックスをオンにします。

  3. [OK] をクリックしてナビゲーション ウィンドウに戻ります。すべての隠しオブジェクトのアイコンが淡色表示されます。

  4. 次のいずれかを実行します。

    • 親グループおよびカテゴリに対してのみオブジェクトを非表示にした場合は、オブジェクトを右クリックし、[再表示] をクリックします。

    • "Hidden/非表示" プロパティを設定してすべてのカテゴリとグループに対してオブジェクトを非表示にした場合は、オブジェクトをマウスの右ボタンでクリックし、["ビューの" プロパティ] をクリックして、[隠しオブジェクト] チェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

ユーザー設定のグループのオブジェクトを削除および復元する

ユーザーや業務での需要の変化につれて、ユーザー設定のグループも変わる可能性があります。グループ内のオブジェクトは、いつでも追加したり削除したりできます。その手順を以下に説明します。

ユーザー設定のグループからオブジェクトを削除する

  • ナビゲーション ウィンドウで、削除するオブジェクトを右クリックし、[削除] をクリックします。

ユーザー設定のグループにオブジェクトを復元する

  1. [割り当てられていないオブジェクト] グループが非表示になっている場合は表示します。

    [割り当てられていないオブジェクト] グループを表示するどうすればよいですか。

    1. ナビゲーション ウィンドウの最上部にあるメニューを右クリックし、ショートカット メニューの [ナビゲーション オプション] をクリックします。

    2. 「カテゴリ」のグループウィンドウで、 [割り当てられていないオブジェクト] の横のチェック ボックスを選択します。

  2. 必要に応じて、[割り当てられていないオブジェクト] グループからユーザー設定のグループに対して、目的のオブジェクトをドラッグするか、またはコピーして貼り付けます。

ユーザー設定のグループ内のオブジェクト名を変更する

  1. ナビゲーション ウィンドウで、名前を変更するオブジェクトを右クリックし、[ショートカット名の変更] をクリックします。

  2. 新しいショートカット名を入力し、Enter キーを押します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×