ナビゲーション ウィンドウとウィンドウ内のオブジェクトを閉じて再び開く

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ナビゲーション ウィンドウを理解します。

開く、または、ナビゲーション ウィンドウとそのオブジェクトを閉じる

データベース オブジェクトを開く

ナビゲーション ウィンドウを詳細します。

ナビゲーション ウィンドウについて

Microsoft Office Access 2007 には、ナビゲーション ウィンドウという新機能が備わっています。ナビゲーション ウィンドウは、データベース ウィンドウの代わりとなるもので、メニュー フォーム (レポートを実行したりデータベースを閉じたりなどの一般的な操作の実行に使用する画面) の代わりとなるものでもあります。 

ナビゲーション ウィンドウを使用して、テーブル、レポート、フォームなど、データベース内のオブジェクトを実行および管理できます。たとえば、レポートを実行する必要がある場合には、ナビゲーション ウィンドウから起動します。また、レポートのデザインを変更する必要がある場合にも、対象のレポートをナビゲーション ウィンドウからデザイン ビューで開くことができます。  

ここでは、ナビゲーション ウィンドウの表示と非表示を切り替える方法や、ナビゲーション ウィンドウに表示するデータベース オブジェクトを開く方法など、ナビゲーション ウィンドウの基本的なタスクの実行方法について説明します。

ナビゲーション ウィンドウにし、背景の情報が必要または、ここに記載されていないタスクを実行する方法を理解する必要がある、ナビゲーション ウィンドウの概要」を参照してください。このトピックでは、ナビゲーション ウィンドウとウィンドウで利用できるすべてのタスクを実行する方法の基本について説明します。

ナビゲーション ウィンドウとそのオブジェクトをオープンおよびクローズする

既定では、Office Access 2007 でデータベースを開くとナビゲーション ウィンドウが表示されます (以前のバージョンの Access で作成されたデータベースの場合も含みます)。ナビゲーション ウィンドウが既定で表示されないようにするには、グローバルなプログラム オプションを設定します。以下の一連の手順は、各処理の方法を示します。

ナビゲーション ウィンドウを表示または非表示にする

  • ボタン イメージ のナビゲーション ウィンドウの [シャッター バーを開く/閉じる] ボタンをクリックするか、F11 キーを押します。

ナビゲーション ウィンドウが既定で表示されないようにする

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Access のオプション] をクリックします。

    [Access のオプション] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [カレント データベース] をクリックし、[ナビゲーション] の下にある [ナビゲーション ウィンドウを表示する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。このオプションは既定でオンになっています。

注: ナビゲーション ウィンドウを非表示にするのは、メニュー フォームなどの画面やその他の方法を使用してデータベースのオブジェクトを開くことができる場合に限定することをお勧めします。

データベース オブジェクトを開く

フォームやレポートなど、個々のデータベース オブジェクトを実行するときや、オブジェクトのデザインを変更するときには、ナビゲーション ウィンドウからそのオブジェクトを直接開きます。マクロや Visual Basic for Applications (VBA) のコード ブロックを、他のオブジェクトではなくナビゲーション ウィンドウから実行した場合には、結果が表示されないことや、エラーが発生することがあります。Access では、VBA コードやマクロは、他のオブジェクトから実行するのが一般的です。

使用するデータベース オブジェクトを開く

  • ナビゲーション ウィンドウで、テーブル、クエリ、レポートなど、1 つまたは複数の使用する項目を選択し、ダブルクリックします。

    または

    1 つまたは複数のオブジェクトを Access の作業領域にドラッグします。

データベース オブジェクトをデザイン ビューで開く

  • ナビゲーション ウィンドウで変更して、[デザイン ビュー ボタン イメージ ] をクリックするデータベース オブジェクトを右クリックします。

    または

    1 つまたは複数のオブジェクトにフォーカスを移動し、Ctrl キーを押しながら Enter キーを押します。

ナビゲーション ウィンドウの詳細

詳細については、ナビゲーション ウィンドウを使用して、ナビゲーション ウィンドウの概要」を参照してください。

ナビゲーション ウィンドウを使用して、スイッチ ボードの代わりについて詳しくは、次を参照してください。マイ メニューはどこですか?します。

データベースにおけるテーブル、フォーム、レポート、および他のコンポーネントのデザイン変更は、複雑なタスクになることがあります。データベース オブジェクトの作成やデザイン変更の詳細については、次のトピックを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×