ナビゲーション ウィンドウとは

ナビゲーション ウィンドウは Outlook ウィンドウの左側に表示され、[メール]、[予定表]、[連絡先]、[タスク]、[メモ] など Outlook の領域間を切り替えることができます。また、ビュー内で作業しているときは、そのビュー内のフォルダーがナビゲーション ウィンドウに表示されます。

Outlook 2010 ナビゲーション ウィンドウ ナビゲーション ウィンドウでフォルダーをクリックすると、そのフォルダーがアクティブなフォルダーになり、フォルダー内のアイテムを操作できるようになります。 たとえば、[メール] で [受信トレイ] フォルダーをクリックすると、新しい電子メール メッセージが表示されます。

ナビゲーション ウィンドウに表示される内容はビューに依存します。たとえば、[メール] のナビゲーション ウィンドウには、メール フォルダー以外に [お気に入り] セクションがあります。

ヒント: [お気に入り] の詳細については、「お気に入りのフォルダーを追加または削除する」を参照してください。

ナビゲーション ウィンドウの下部に各種ビュー ボタンがあり、[メール]、[予定表]、[連絡先]、[タスク]、[メモ]、[フォルダー一覧]、および [ショートカット] 間を切り替えることができます。

表示するボタンまたはフォルダーの数をすばやく変更するには、フォルダーとボタンの間にある水平分割バーをポイントし、ポインターが 双方向の矢印 (両方向矢印) に変わったら水平分割バーを上方向または下方向にドラッグします。水平分割バーをナビゲーション ウィンドウの下部にドラッグすると、すべての大きなボタンが小さなボタンに変わり、ナビゲーション ウィンドウ下部にアイコンの列として表示されます。

ナビゲーション ウィンドウをカスタマイズする

ナビゲーション ウィンドウの外観または内容を変更するには、次のトピックを参照してください。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×