ナビゲーション ウィンドウでデータベース オブジェクトを管理します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ヒント: F11 キーを押してナビゲーション ウィンドウの表示/非表示を切り替えます。

Access デスクトップ データベース内のすべてのオブジェクトは、ナビゲーション ウィンドウで、 Access 2007で初めて導入された機能に表示されます。以前のバージョンの Access のデータベース ウィンドウでは使用できません。

ナビゲーション ウィンドウでは、オブジェクトのカテゴリとグループをカスタマイズできます。さらに、オブジェクト、グループ、またはナビゲーション ウィンドウ全体を非表示にすることもできます。Access には、すぐに使用できるいくつかのカテゴリが用意されており、ユーザー設定のカテゴリとグループを作成することもできます。

注: ブラウザーで Access web アプリまたは web データベースを使用する場合は、ナビゲーション ウィンドウを使用できません。Access で開いた Access web アプリでは、ナビゲーション ウィンドウを使用できますが、制限付き機能がある: 表示、並べ替え、およびデータベース オブジェクトを検索します。

この記事の内容

概要

カテゴリを選択する

オブジェクトを表示して並べ替える

データベース内のオブジェクトを検索する

ユーザー設定のカテゴリおよびグループを作成する、または変更する

ユーザー設定のグループにオブジェクトを追加する

ユーザー設定のグループ内のショートカットを削除する、または復元する

オブジェクトとグループを非表示にする

オブジェクトとグループを再表示する

概要

ナビゲーション ウィンドウはすべてのデータベース オブジェクトを表示し、それらにアクセスするための主な方法です。Access でデータベースを開くと、既定でナビゲーション ウィンドウが表示され、ワークスペースの左側に表示されます。

ナビゲーション ウィンドウの調整

ナビゲーション ウィンドウの外観を調整するには、次の操作を実行します。

目的

操作

ナビゲーション ウィンドウの幅を変更する

ナビゲーション ウィンドウの右端にポインターを置き、ポインターが双方向矢印に変わったら、端をドラッグして幅を増減します。

ナビゲーション ウィンドウを開く、または閉じる

[シャッター バーを開く/閉じるボタン] Access のナビゲーション ウィンドウのシャッター バーを開く/閉じるボタン をクリックするか、F11 キーを押して、ウィンドウの開閉を切り替えます。

ナビゲーション ウィンドウ (閉じている状態と開いている状態)

ナビゲーション ウィンドウでデータベース オブジェクトを使用する

ナビゲーション ウィンドウでは任意のオブジェクトをダブルクリックして使用できます。オブジェクトを右クリックすると、ショートカット メニューが表示され、デザイン ビューでオブジェクトを開くなど、さまざまな操作を実行できます。

ナビゲーション ウィンドウのカテゴリとグループ

データベース内のオブジェクトは、グループおよびカテゴリに整理できます。グループを使用すると、ナビゲーション ウィンドウの中でオブジェクトの配置および関連付けが可能になり、カテゴリはグループの配置および関連付けを可能にします。

ナビゲーション ウィンドウ

たとえば、前の図では、[タスク管理ナビゲーション] がカテゴリで、[タスク]、[連絡先]、および [サポート オブジェクト] がグループです。

カテゴリを選択すると、そのカテゴリに含まれるグループ別にアイテムが整理されます。たとえば、[テーブルと関連ビュー] カテゴリを選択すると、アイテムがテーブルごとに 1 つのグループに整理され、各グループにはテーブルを使用するすべてのオブジェクト  (クエリ、フォーム、レポートなど) に対するショートカットが含まれます。オブジェクトが複数のテーブルを使用する場合、関連するすべてのグループにオブジェクトが表示されます。

ページの先頭へ

カテゴリを選択する

新しくデータベースを作成すると、既定で表示されるカテゴリは、[テーブルと関連ビュー] で、グループは [すべてのテーブル] です。すべてのデータベースには [カスタム] という名前のカテゴリがあり、オブジェクトのユーザー設定ビューを作成するのに使用できます。さらに、Access では、2 つの定義済みのカテゴリが用意されおり、オブジェクトの表示方法に基づいて選択できます。

カテゴリ

説明

オブジェクトの種類

データベース内のすべてのオブジェクトを種類ごとに並べ替えて表示します。

作成日

更新日

特定の日付または日付範囲内に作成または更新されたオブジェクトを検索します。[今日] または [すべての日付] でフィルター処理できます。これらのカテゴリは、オブジェクトをその作成日時または最終更新日時から降順で表示します。

グループ内のテーブルと、各テーブルに関連するオブジェクトを表示しているナビゲーション ウィンドウ

定義済みカテゴリには、データベース内のすべてのオブジェクトで構成されるグローバル グループが含まれています。グローバル グループは、グループ名の最初に付いている "All" という語を探すことで、簡単に見つけられます。たとえば、[テーブルと関連ビュー] カテゴリを選択すると、グローバルグループは [すべてのテーブル] という名前になります。

ページの先頭へ

オブジェクトを表示して並べ替える

ナビゲーション ウィンドウでデータベース内のオブジェクトが表示される方法を選択できます。たとえば、作成日または変更日を含めることができ、オブジェクトをアイコンまたはリストとして表示することもできます。既定では、ナビゲーション ウィンドウ内のオブジェクトはオブジェクトの種類ごとにアルファベットの昇順で並べられますが、必要に応じて並べ替え方法を変更することもできます。オブジェクトの表示および並べ替えの方法を指定するには、次の操作を行います。

  • ナビゲーション ウィンドウを右クリックしてショートカット メニューを表示し、次のうちいずれかの操作を行います。

    • オブジェクトの表示方法を変更するには、[表示形式] をポイントし、[詳細]、[アイコン]、または [リスト] のいずれかをクリックします。

    • データベース内のすべてのグループを表示するには、[すべてのグループを表示] をクリックします。

    • オブジェクトの並べ替え順序変更するには、[並べ替え] をポイントし、並べ替えオプションを選択します。

    • 手動で並べ替え、表示順をカスタマイズするには、[並べ替え] をクリックし、[自動並べ替えの解除] をクリックします。

ページの先頭へ

データベース内のオブジェクトを検索する

[検索] ボックスにテキストを入力すると、検索用語と一致するオブジェクトやオブジェクトのショートカットを含むグループがカテゴリ内で検索されます。一致するものを含まないグループは折りたたまれます。

注: オブジェクトの検索は、ナビゲーション ウィンドウに現在表示されているカテゴリおよびグループでのみ行われます。

ヒント: 特定のオブジェクトについて、データベース全体を検索するには、ナビゲーション ウィンドウで、[テーブルと関連ビュー] または [オブジェクトの種類] などの定義済みカテゴリのうち、いずれか 1 つを選びます。これにより、すべてのグループがナビゲーション ウィンドウに確実に表示されます。

[検索] ボックスを使用してデータベース オブジェクトまたはショートカットを検索する

  1. [検索] ボックスがまだナビゲーション ウィンドウの上部に表示されていない場合は、ナビゲーション ウィンドウ上部のメニュー バーを右クリックし、[検索バー] をクリックします。

  2. [検索バー] ボックスに、オブジェクトまたはショートカットの名前の一部または全体を入力します。

    ナビゲーション ウィンドウの検索バー

    文字の入力に合わせて、その文字と一致する部分が検索され、一致する文字を含まないグループの見出しは除外されます。

  3. 別の検索を実行するには、[検索文字列のクリア] [検索文字列のクリア] ボタン をクリックするか、BackSpace キーを押して文字を削除してから、検索する新しいテキストを入力します。

    注: [検索バー] ボックスの内容を削除すると、ナビゲーション ウィンドウに検索対象のすべてのオブジェクトがもう一度表示されます。

ページの先頭へ

ユーザー設定のカテゴリおよびグループを作成する、または変更する

注: ここでは、Access web アプリで適用されません。

テンプレートを使用せずに新しいデータベースを作成すると、既定ではデータベースに [カスタム] カテゴリが含まれます。これは、データベースで定義されているすべてのオブジェクトを含む 1 つのグループを表示します。ユーザー設定のカテゴリの名前を変更したり、その中にさらにユーザー設定のグループを作成したり、それらのグループにオブジェクトを割り当てたりできます。グループの既定の並べ替えオプションは [すべてのテーブル] です。

ユーザー設定のカテゴリとグループをナビゲーション ウィンドウに表示すると、常にオブジェクトへのショートカットが表示されます。ショートカットには、それを識別するために、オブジェクト アイコンの左下隅の横に小さな矢印が付いています。

ユーザー設定カテゴリ ビューのショートカット

ショートカットを開くと、そのショートカットがポイントしているオブジェクトが開かれます。ただし、ショートカットを削除した場合、ショートカットがポイントしている Access データベース内のオブジェクトは削除されません。また、ショートカットがデータベース内でポイントしているデータを変更することなく、ショートカットを非表示にしたり、名前を変更したりすることもできます。

データベース内のオブジェクトをカスタマイズする方法の 1 つとして、ユーザー設定のカテゴリを作成する方法があります。たとえば、データベースのナビゲーションに使用できる特定の種類のボタンやリンクを含むフォームを作成するには、ユーザー設定のカテゴリを作成できます。ユーザー設定のカテゴリを作成すると、それはカレント データベースにのみ適用されます。ユーザー設定のカテゴリとユーザー設定のグループを他のデータベースに転送することはできません。ユーザー設定のカテゴリを作成するには、Access が提供する既定の [カスタム] カテゴリの名前を変更するか、新しいユーザー設定のカテゴリを作成します。ユーザー設定のカテゴリとグループの数を制限することで、データベース内のデータを簡単に見つけることができます。

注: ユーザー設定のカテゴリまたはグループからオブジェクトを削除することはできますが、定義済みのカテゴリまたはグループからオブジェクトを削除することはできません。

ユーザー設定のカテゴリとユーザー設定のグループを作成し管理するには、[ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックスを使用します。ダイアログ ボックスには、データベース内に定義されているすべてのカテゴリのリストが表示され、選択したカテゴリのグループも表示されます。

ユーザー設定のカテゴリを作成する

新しいユーザー設定のカテゴリを作成すると、そのカテゴリに対して [割り当てられていないオブジェクト] および [ユーザー設定のグループ 1] という名前のグループが作成されます。既定では、[割り当てられていないオブジェクト] グループにはオブジェクトが配置されません。代わりに、カテゴリ内のグループに属していないすべてのオブジェクトがナビゲーション ウィンドウの [割り当てられていないオブジェクト] グループに表示されます。

  1. 新しいカテゴリを作成するには、ナビゲーション ウィンドウの上部にあるメニューを右クリックし、[ナビゲーション オプション] をクリックします。

  2. [カテゴリ] の [項目の追加] をクリックします。

    [ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックスの [カテゴリ] に新しいカテゴリが表示されます。

  3. 新しいカテゴリ名を入力し、Enter キーを押します。

新しいユーザー設定のカテゴリの名前を変更する

使用していないユーザー設定のカテゴリがある場合は、新しいユーザー設定のカテゴリを作成する代わりに、使用していないカテゴリの名前を変更して使用できます。

  1. ユーザー設定のカテゴリの名前を変更するには、ナビゲーション ウィンドウの上部にあるメニューを右クリックし、[ナビゲーション オプション] をクリックします。

  2. [カテゴリ] の [ユーザー設定] をクリックし、[項目名の変更] をクリックします。

  3. 新しいカテゴリ名を入力し、Enter キーを押します。

ユーザー設定のカテゴリを作成するか、カテゴリ名を変更した場合は、各カテゴリにユーザー設定のグループを作成する必要があります。

Access では、新しいカテゴリの下に、[ユーザー設定のグループ 1] および [割り当てられていないオブジェクト] グループが自動的に作成されます。グループに割り当てられていないオブジェクトは、自動的に [割り当てられていないオブジェクト] グループに追加されます。新しいユーザー設定のグループを作成するか、[ユーザー設定のグループ 1] グループを任意の名前に変更できます。

ユーザー設定のグループを作成する

  1. 新しいユーザー設定のグループを作成するには、ナビゲーション ウィンドウの上部にあるメニューを右クリックし、[ナビゲーション オプション] をクリックします。

  2. [カテゴリ名のグループ] の [グループの追加] をクリックします。

  3. 新しいグループ名を入力し、Enter キーを押します。

ユーザー設定のグループの名前を変更する

  1. ユーザー設定のグループの名前を変更するには、ナビゲーション ウィンドウの上部にあるメニューを右クリックし、[ナビゲーション オプション] をポイントします。

  2. [カテゴリ名のグループ] でユーザー設定のグループをクリックし、[グループ名の変更] をクリックします。

  3. 新しいグループ名を入力し、Enter キーを押します。

ユーザー設定のカテゴリ内にユーザー設定のグループを作成したら、テーブルなどのオブジェクトをユーザー設定のグループに追加または移動します。

ページの先頭へ

ユーザー設定のグループにオブジェクトを追加する

注: ここでは、Access web アプリで適用されません。

オブジェクトをドラッグしてショートカットを作成する、コピー アンド ペーストを行う、外部ソースからオブジェクトをインポートするなど、いくつかの方法で、ユーザー設定のグループにオブジェクトを追加することができます。ただし、グループからオブジェクトを切り取る場合は、問題が発生する可能性があることに注意してください。データベースは連携して機能する一連のコンポーネントであり、その一連のコンポーネントからオブジェクトが削除されると、データベースの一部またはすべての機能が壊れてしまう可能性があるので、オブジェクトを切り取ることはお勧めしません。

  • データベース内のオブジェクトをユーザー設定のグループに追加または移動するには、ナビゲーション ウィンドウの上部にある矢印をクリックし、作成したユーザー設定のグループをクリックします。

  • [割り当てられていないオブジェクト] で、追加または移動するオブジェクトを右クリックします。

  • ショートカット メニューの [グループに追加] をクリックし、オブジェクトの追加先となるユーザー設定のグループをクリックします。

オブジェクトをコピーして貼り付ける

  • ナビゲーション ウィンドウで、コピーするオブジェクトを右クリックし、[コピー] をクリックします。

  • ナビゲーション ウィンドウでオブジェクトの貼り付け先となるグループをマウスの右ボタンでクリックし、[貼り付け] をクリックします。開いている別の Access データベースのナビゲーション ウィンドウにオブジェクトを貼り付けることもできます。

データベースにオブジェクトを追加するには、別のデータベース テーブルをインポートしたり、別のプログラム (テキスト ファイルや Microsoft Office Excel のブックなど) からデータをインポートしたりする方法があります。外部データをインポートする方法の詳細については、この記事の「参照」セクションのリンクを参照してください。

ページの先頭へ

ユーザー設定のグループ内のショートカットを削除する、または復元する

注: ここでは、Access web アプリで適用されません。

ナビゲーション ウィンドウでユーザー設定のオブジェクトを表示すると、実際にはそのオブジェクトへのショートカットが表示されます。オブジェクト アイコンの左下隅の横に小さな矢印がある場合、それは実際のオブジェクトへのショートカット (ポインター) です。

ユーザー設定カテゴリ ビューのショートカット

ナビゲーション ウィンドウからショートカットを削除しても、対象となるオブジェクトへのポインターが削除されるだけで、データベースからそのオブジェクトが削除されるわけではありません。ナビゲーション ウィンドウでオブジェクトのショートカットがユーザー設定のグループから削除された場合、オブジェクトへの参照がユーザー設定のグループから削除され、オブジェクトがナビゲーション ウィンドウの [割り当てられていないオブジェクト] グループに表示されます。

  • ショートカットを削除するには、ナビゲーション ウィンドウでオブジェクトを右クリックし、[削除] をクリックします。

  • オブジェクトのショートカットを元に戻すには、ナビゲーション ウィンドウの [割り当てられていないオブジェクト] グループからユーザー設定のグループに目的のオブジェクトをドラッグします。

重要: 定義済みのグループやユーザー設定のグループを削除する (完全に削除し復元できなくする) ことができます。ただし、データベースに問題が発生してしまうおそれがあるため、お勧めできません。データベースは連携して機能する一連のコンポーネントであり、その一連のコンポーネントからオブジェクトが削除されると、データベースの一部またはすべての機能が壊れてしまう可能性があります。

ページの先頭へ

オブジェクトとグループを非表示にする

注: ここでは、Access web アプリで適用されません。

オブジェクトまたはグループを使用しない場合、またはそれらへのアクセスを制限したい場合、オブジェクトまたはグループを削除するよりも非表示にすることをお勧めします。オブジェクトを非表示にしてもデータベースは変更されないのに対し、オブジェクトまたはグループを削除すると (それが重複しているように見える場合でも) データベースの一部またはすべての機能が壊れてしまう可能性があります。

ナビゲーション ウィンドウでオブジェクトまたはグループを非表示にするには、次のうちいずれかの操作を実行します。

  • オブジェクトを非表示にするには、そのオブジェクトを右クリックし、[このグループに表示しない] をクリックします。

  • グループ全体を非表示にするには、そのグループを右クリックし、[表示しない] をクリックします。

ナビゲーション ウィンドウで淡色表示されているオブジェクトまたはグループを非表示にするには、次のうちいずれかの操作を実行します。

  1. ナビゲーション ウィンドウの上部にあるメニュー バーを右クリックし、[ナビゲーション オプション] をクリックします。

  2. [ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックスで、[隠しオブジェクトの表示] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

オブジェクトとグループを再表示する

注: ここでは、Access web アプリで適用されません。

非表示にしたオブジェクトまたはグループを、アクセスを制限したまま表示するには、次のうちいずれかの操作を実行します。

  • ナビゲーション ウィンドウの上部にあるメニュー バーを右クリックし、[ナビゲーション オプション] をクリックします。

  • [ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックスで、[隠しオブジェクトの表示] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

非表示にしたオブジェクトおよびグループがナビゲーション ウィンドウで淡色表示されている場合、それらは有効ではありません。これらの淡色表示されたオブジェクトまたはグループをナビゲーション ウィンドウから使用できるようにするには、次のいずれかの操作を行います。

  • オブジェクトを有効にするには、そのオブジェクトを右クリックし、[このグループに表示] をクリックします。

  • グループを再表示するには、そのグループを右クリックし、[再表示] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×